エドワード・コルストンの像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『エドワード・コルストン像』
Larger than lifesize bronze statue of man in period clothes, standing with one hand on a staff, the other raised to his chin. It is on a white stone pedestal with inscription Edward Colston Born 1636 Died 1721", and bronze inscribed plaques below. Large bronze dolphins are on each corner of the base. It is in an urban setting with a large tree behind and above it.
2019年
作者 ジョン・キャシディ
完成 1895年
種類 塑像
素材 青銅
主題 エドワード・コルストン
状態 デモ隊によって撤去、破壊されただけでなく、台座enにも落書きされた。
所蔵 イングランドブリストル
座標
指定建築物 – 等級 II
登録名 Statue of Edward Colston
登録日 1979年3月4日
登録コード 1202137

エドワード・コルストンの像英語: Statue of Edward Colston)はイギリスブリストルセンター英語版に建てられた銅像である。この像はブリストル出身の商人エドワード・コルストン1636年-1721年)を記念し、1895年に彫刻家ジョン・キャシディによってポートランド石英語版の台座の上に作られ、1977年に第2級イギリス指定建造物に指定された[1]篤志家として知られるコルストンの経歴の精査が進む中につれ、大西洋奴隷貿易に関与していた事が判明し、像の撤去が求められていた[2]。 そして、2020年6月7日ジョージ・フロイドの死に端を発した抗議活動中にブラック・ライヴズ・マターのデモ隊によって、コルストンの像は引き倒され、汚され、ブリストル港英語版に投げ込まれた[3]。台座も落書きで覆われたが、そのまま残っている。この像は港から回収され、6月11日ブリストル市議会英語版によって安全な保管場所に安置された。

背景[編集]

エドワード・コルストンは、1680年から1692年まで王立アフリカ会社(Royal African Company)の役員を務めていた。コルストンの在任期間中、会社は推定84,000人の奴隷西アフリカからアメリカ大陸に輸送したが、そのうち約19,000人が途中で死亡した[4][要検証]。 コルストンはその富を利用して、イングランド全土、特に彼の故郷であるブリストルのアルムスハウス病院学校ワークハウス教会に財政支援を行った[5]。 19世紀には篤志家として見られていた[5]。 彼の財産の多くが奴隷貿易で作られたという事実は、1990年代までほとんど無視されていた[1]

概要[編集]

イルカ像の詳細

元の状態は、ポートランド石の台座の上に、銅製のプレートとイルカの像で飾られたコルストンの銅像で構成されていた。台座の各面にある4つの銘板のうち、3つの銘板はアール・ヌーヴォー様式のレリーフ彫刻で、2つの銘板にはコルストンの人生の場面が、3つ目の銘板には海のファンタジーが描かれている。南面の銘板には、"Erected by citizens of Bristol as a memorial of the most virtuous and wise son of their city AD 1895 "(彼らの都市の最も高潔で賢明な息子のひとつの記念としてブリストルの市民によって建てられた 紀元1895年 ")と "John Cassidy fecit"(ジョン・キャシディ制作)の文字がある[1]

歴史[編集]

ジョン・キャシディが制作したこの像は、エドワード・コルストンの慈善活動を記念して1895年に現在のセンターとして知られる位置に建てられた[6][7]。建立を提案したのは錨協会英語版の会長であったジェームズ・アローズミスであった。一般市民やコルストン関連の慈善団体に何度か訴えたが、鋳造と建立に必要な1,000ポンドを集められず、アローズミスは不足分を自分で支払うことになった[8][要検証]コルストンズ・スクール英語版の卒業生も募金に参加した。この像は1895年11月13日にブリストル市長英語版ブリストル司教英語版によって除幕されたが、この日は「コルストンの日」として市内では以前から知られていた日であった[8]。除幕後も貿易商人協会英語版からの資金も含めて、さらなる資金調達が行われた[8]

1977年3月4日、像は第2級イギリス指定建造物に指定された。指定の理由は以下の通りである。:

  • 19世紀後半に17世紀後半の人物を記念して建立された魅力的な像で、様式のコントラストが自信を持って表現されている。
  • この像は、ブリストルで最も有名な博愛主義者であるエドワード・コルストンを題材にしており、現在では奴隷貿易に関与したことでも知られている。
  • 他のブリストル記念碑とのグループとしての価値:エドマンド・バークの像英語版ブリストル・セノタフ英語版、1893年の工業・美術展を記念した噴水[1]

論争[編集]

2018年の像

この像は20世紀末には物議を醸し始めていた。コルストンに対する評価はブリストルの市民の間で意見が分かれており、一部では学校や他の事業への寄付を理由に、街に霊感を与える人物とみなされている[9]が、実際には彼と宗教的・政治的見解を同じくする人々だけを支援するために慈善事業を行っていたという。コルストンの奴隷商人としての活動がより広く知られるようになると、ブリストルの多くの人々は彼を否定的な目で見るようになった[要出典]1920年に彼の奴隷貿易活動を明らかにしたH. J. ウィルキンスは、「歴史的背景に照らし合わせない限り、彼を正当にイメージすることはできない」とコメントしている[10]。コルストンが奴隷貿易に関与したのはイギリスの奴隷廃止運動英語版よりも前の事であり、「イギリスでは一般的に奴隷制度が、教会員、知識人、教育を受けた階級の間で、ヨーロッパ全体でも容認されていた[11]」時代であった。

1990年代以降[12]、像を不名誉な物と表現して像の撤去を求めるキャンペーンや嘆願書が相次いだ[2]1992年、この像はブリストル港にある元紅茶倉庫のギャラリー、アルノルフィーニ英語版で開催された「帝国のトロフィー」展の一環として、キャロル・ドレイクによるインスタレーション「記念日」に描かれた。ドレイクのインスタレーションは、1973年にコルストンズ・スクールの女子生徒たちが彼の像を花で覆っている写真と、学校の賛美歌「心の中の清らかな者よ、喜べ」の音声の前で、コルストンの好んだ花である腐った菊の上でブランコを振っている像のレプリカを組み合わせた [13][14]。1994年の「帝国のトロフィー」のカタログでは、ドレイクはこの作品の意図を次の様に述べている[15]

...西洋文化の盲点、そのような「帝国のトロフィー」を築いた富の源を否定する集団的健忘症と、支配的な白人文化とその人々が、海外や国内で他の文化や人々から搾取されて利益を得ている方法を紹介している。

1998年1月、像の台座にペンキで「SLAVE TRADER」と書かれた。ブリストル市議会議員のレイ・セフィアは次のように述べた。「私たちがこの街で奴隷貿易を賛美したいのであれば、この像は残るべきである。もしそうでなければ、像には彼が奴隷商人であったことを示す銘板を付けるか、取り壊すべきである。」[12][16][17]2018年には、ブリストル西英語版労働党議員であるタンガム・デボネール英語版が、像の撤去を求める書簡をブリストル市議会英語版に提出した[2][18]。像の撤去を求める嘆願書は、像が倒されるまでに11,000人以上の署名を集めていた[19]

2018年10月18日、イギリスの反奴隷デー英語版を記念して、コルストンが関わったよう歴史上の奴隷取引と現代の奴隷制度を結びつける非公式のアートインスタレーションが像の前に現れた。それは、「フルーツピッカー」や「ネイルバーワーカー」など、現代の奴隷が一般的に行う仕事をリストアップしたボーダーで囲まれた奴隷船のように配置された約100人の仰臥位の人物を描いたもので、数ヶ月間残っていた[20]。 別のインスタレーションでは、ボールとチェーンが像に取り付けられていたのを目撃された[2][21][22]

2014年に地元紙「ブリストル・ポスト英語版」の世論調査では、1,100人の回答者のうち56%がコルストン像は残すべきだと答えたが、44%はコルストンの像を撤去してほしいと答えた[23]。 他の人たちは、奴隷制度の犠牲者を称える記念銘板をコルストンの像に取り付けることを求めた。公選初代ブリストル市長に選出されたジョージ・ファーガソン英語版は2013年にツイッターで「コルストンのための祝賀会は変態的な物であり、私が参加する物ではない!」と発言した[24]。2018年7月、像の責任者であるブリストル市議会は、彼の慈善活動や奴隷取引への関与を含む「コルストンに関する一般的な知識を追加する」2つ目の銘板を追加する計画申請を行ったが、当初提案された文言には大きな批判が寄せられ、文言の書き換えが行われた[25][26]

2つ目のプレートの当初の文言は、奴隷貿易におけるコルストンの役割、ブリストル選出のトーリー党庶民院議員としての短い任期、彼の慈善活動が宗教的に選択的である事を批判していた。

1680年から1692年まで王立アフリカ会社の役員として、エドワード・コルストンは84,000人以上のアフリカ人(12,000人の子供を含む)の奴隷化に積極的な役割を果たし、そのうち19,000人以上がカリブ海とアメリカに向かう途中で死亡した。また、コルストンはスペインの奴隷貿易と奴隷生産の砂糖にも投資した。ブリストル選出のトーリー党庶民院議員(1710年-1713年)として、彼は奴隷にされたアフリカ人を取引する市の「権利」を擁護した。彼の宗教的・政治的信条に賛同しないブリストルの人々は、彼の慈善事業から利益を得ることは許されなかった[27]

コルストンが会員であった貿易商人協会(Society of Merchant Venturers)はこの文言に異議を唱え、ブリストル保守党の議員はこの文言を「修正主義者」、「歴史的に文盲」と呼んだ[25]

ブリストル大学の歴史学准教授が共同執筆した第2版が2018年に評議会によって提案され、コルストンの慈善活動、奴隷貿易での役割、国会議員としての時間について簡潔に説明する一方で、コルストンが今では物議を醸していると考えられている事にも言及した。またブリストル市立博物館・美術館の元学芸員によって編集され、ブリストル市民協会によってバックアップされた第3の提案が作成された[26]。 しかし、この文言は、第2の提案の背後にいる歴史家であるマッジ・ドレッサー英語版によって、歴史が「無害化された」バージョンとして批判され、この文言がコルストンの役割を最小限に抑え、子供の奴隷の数を省略し、元の奴隷としての西アフリカ人に焦点を当てた物であると主張した。また、第3版は貿易商人協会の会員によって書かれたと報告された[26]。2020年6月、貿易商人協会は2018年に銘板の書き換えに関与した事が「不適切」であったと述べた[28]

最終的には、さらに変更を加えた文言の決定版が合意され[要出典]、次のような文言が記された銅銘板が鋳造された。

エドワード・コルストン(1636年-1721年)、ブリストル選出の庶民院議員(1710年-1713年)は、この街で最も偉大な恩人の一人であった。彼はブリストル、ロンドン、その他の場所で、学校、慈善施設、病院、教会を支援し、寄付を行った。彼の慈善財団の多くは現在も存続している。この像は彼の慈善活動を記念して1895年に建てられた。コルストンの富のかなりの割合は、奴隷貿易、砂糖、その他の奴隷生産品への投資に由来していた。1680年から1692年まで王立アフリカ会社の役員として、約84,000人の奴隷となったアフリカの男性、女性、幼い子供たちの輸送にも関与し、そのうち19,000人が西アフリカからカリブ海やアメリカ大陸への航海で命を落とした。

しかし、銘板の鋳造後、その設置は2019年3月にブリストル市長のマーヴィン・リース英語版によって拒否権を行使された。同市長は文言の作成における貿易商人協会の役割を批判した。市長オフィスからの声明は、最終的な文言を「受け入れられない」とし、リースは相談を受けていないと主張し、2つ目の銘板の制作を継続する事を約束した[29]

倒伏と撤去[編集]

Street map of central Bristol with a red line showing the route from original location south towards the western edge of the harbour
像の元の位置とブリストル湾に投棄された場所

2020年6月7日、アメリカでのジョージ・フロイドの死を受けた世界的な抗議活動の間に[30]、像はデモ隊によって引きずり下ろされ、その上に飛び乗った[19]。 彼らは像に赤と青のペンキを塗り、一人の抗議者が像の首を膝で押さえて、アフリカ系アメリカ人のフロイドが警官の膝の下で死亡したことを想起させた[30][31]。 その後、像はアンカー・ロードを転がされ、ブリストル湾英語版に押し込まれた[19][32][33]

エイボン・アンド・サマセット警察英語版のアンディ・ベネット警司英語版は、行為を止めることでさらなる暴力や暴動につながる可能性があるという懸念を理由に介入しないという「戦術的な決定」を下し、像の倒伏を見逃したと述べた[19][34]。 また、彼らの行為が器物損壊であると述べ、事件の映像を照合中であることを付け加え、関係者を特定するための捜査があることを確認した[35][36]。翌日、警察は事件に関連して17人を特定したと述べたが、まだ逮捕者を出していないと発表した[37]6月22日、警察は事件に関連する人物の画像を公開し、個人の特定に協力を求めた[38]7月1日に24歳の男が像への器物損壊の疑いで逮捕された。 [39]

反応[編集]

6月7日プリティ・パテル内相は、像の引き倒しを「まったく不名誉な事」「完全に容認できない事」「単なる破壊行為」と呼んだ。彼女はさらに「人々が抗議している大義から目をそらすようになった公共の混乱の行為を物語っている」と付け加えた[40][41] ブリストル市長英語版マーヴィン・リース英語版は、これらのコメントは「絶対的な理解の欠如」を示していると述べた[42]

6月8日、リース市長は、この像は侮辱であり「撤去された事に損失感はない」としながらも、像は回収され「コルストン像は私たちの博物館の収蔵品のひとつになる可能性が高い」と述べた[43]。歴史家でテレビ司会者のデイビッド・オルソガ英語版は、像はもっと早く取り壊されるべきだったとコメントしている。「像とは、『この人は偉大な事をした偉大な人だった』と言うための物だ。彼(コルストン)は奴隷商人であり、殺人者だった。」[32]

エイボン・アンド・サマセット警察のアンディ・ベネット警司は、コルストンが「ここ数年、黒人社会に多くの怒りを与えてきた歴史的人物」である事を理解していると述べ、次のように付け加えた。「私は人々が私たちの像を傷つける事に失望しているが、なぜこのような事が起こったのか理解している。非常に象徴的だ。」[19]

The pedestal is seen with purple spraypaint graffiti "BLM" over two of the bronze plaques and black "Black Lives Matter" and stencilled raised fists on the plinth. Placards propped on the pedestal include "Black Lives Matter", "Silence is Violence", "The UK is not innocent" and "In unity is strength". Many more placards lie on the ground around the pedestal, with "Black Lives Matter","Racism is a global pandemic" and other slogans.
プラカードや落書きで覆われた空の台座

リース市長は「この像が人類への冒涜を表すものである事を発見した人々の声に耳を傾け、人種差別と不平等に取り組み、私たちの街の未来について今日のレガシーを作ることが重要であり、私は、私たちの街の隅々まで、そしてどこで見ても人種差別と不平等に挑戦する事を皆に呼びかける」との声明を発した。[44] クリシュナン・グル=マーシー英語版から受けたインタビューでは、「私たちは、私たちの人々を水の中に放り込んで金儲けをした人の像を持っている......そして今、彼は水の底にいる」と述べている[45]。リースは別のインタビューで、この像はおそらく「ある時点で」港から回収され、市の博物館に収蔵される可能性があるとコメントした[42]。また、抗議者が残したプラカードがブリストルのM Shed英語版博物館で展示される事を確認した[46]

ボリス・ジョンソン首相スポークスパーソンは、「強い気持ちは絶対に理解している」と述べる一方、民主的なプロセスが踏まれるべきであり、警察は犯罪行為に関与した者に責任を問うべきだと主張した[42][47]。 ジョンソン首相の批判的な発言は像の撤去のみに言及し、人種差別への非難を伴っていた[48]

キア・スターマー労働党首は、像を引き倒す手段は「完全に間違っている」と述べたが、「ずっと前から」撤去されるべきだったと述べた。彼は「21世紀のイギリスでは、台座の上に奴隷商人を置くことはできず、像は同意を得て適切に撤去され博物館に置かれるべきだった。」と付け加えた[42][49]

貿易商人協会は6月12日に「像がなくなったことは、ブリストルにとって正しい事だ。人種差別や不平等がもはや存在しない都市を建設するためには、ブリストルの暗い過去を認め、人の命を売買することで利益を得た男を追悼する彫像や肖像画、名前を撤去することから始めなければならない」との声明を発した[28]

像が倒された後、西インド埠頭英語版建設の主導者であり奴隷仲買人だったロバート・ミリガンの同様の記念碑はイースト・ロンドンの反対運動の後、平和的に撤去された[50][51]。 2020年6月9日、タワーハムレッツ区議会がロバート・ミリガンの像英語版を撤去したのと同じ日に、ロンドン市長サディク・カーンは、奴隷制度に関連するロンドンの像や通りの名前を撤去するか、名前を変更するよう求めた。カーンはロンドンのランドマークを見直すため、公共空間における多様性委員会英語版を設立した[52]

像が撤去された後、その場所にポール・スティーブンソン英語版の像を建てるようにとの請願が始まった[53]。 元ブリストルの青年労働者は、アメリカのモンゴメリー・バス・ボイコット事件に触発されて、1963年に起こったブリストル・バス・ボイコット英語版に尽力した黒人である。この運動でブリストルのバス会社における違法な有色人種雇用禁止に終止符が打たれた[54]

引き上げと保存[編集]

2020年6月11日午前5時、この像はブリストル市議会によってブリストル港から回収されたが、ブリストル市議会は腐食を防ぐために清掃を行い、その後、抗議者たちによって置かれた落書きやロープを取り除かずに博物館に展示する計画である[55]。 M Shed博物館は、像の泥を清掃作業中に、1895年10月26日という手書きの日付と、もともと像を取り付けた人たちの名前が書かれた1895年発行の「Tit-Bits英語版」誌を発見した[56][57][58]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Historic England. "Statue of Edward Colston (1202137)". National Heritage List for England. 2020年6月7日閲覧
  2. ^ a b c d Grubb, Sophie (2020年6月5日). “'It's a disgrace' – Thousands call for removal of controversial Bristol statue”. Bristol Live 
  3. ^ イギリスで人種差別に抗議続く、奴隷商人の銅像を引きずり下ろし」『BBCニュース』、2020年6月8日。2020年6月14日閲覧。
  4. ^ Tidey, Alice (2020年6月9日). “Bristol statue toppling: Who was Edward Colston and why did anti-racism protesters target him?”. Euronews. https://www.euronews.com/2020/06/08/bristol-statue-toppling-who-was-edward-colston-and-why-did-anti-racism-protesters-target-h 2020年6月12日閲覧。 
  5. ^ a b Morgan, Kenneth (2004年9月). “Colston, Edward”. Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. 2020年6月閲覧。
  6. ^ Edward Colston”. PMSA National Recording Project. 2010年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月9日閲覧。
  7. ^ Saner, Emine (2017年4月29日). “Renamed and shamed: taking on Britain's slave-trade past, from Colston Hall to Penny Lane”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2017/apr/29/renamed-and-shamed-taking-on-britains-slave-trade-past-from-colston-hall-to-penny-lane 2020年6月7日閲覧。 
  8. ^ a b c Myths within myths…Edward Colston and that statue”. Bristol Radical History Group (2019年10月14日). 2020年6月7日閲覧。
  9. ^ Cork, Tristan (2018年7月22日). “The wording of second plaque proposed for Edward Colston statue linking him to 20,000 deaths”. Bristol Live (Local World). https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/wording-second-plaque-proposed-edward-1810137 2020年6月8日閲覧。 
  10. ^ Wilkins, H. J. (1920). Edward Colston (1636–1721 A.D.), a chronological account of his life and work. Bristol: J. W. Arrowsmith 
  11. ^ Morgan, Kenneth (1999). Edward Colston and Bristol. Bristol: Bristol Branch of the Historical Association. p. 18 
  12. ^ a b Hochschild, Adam (2006). Bury the Chains. New York City: Mariner Books. p. 15 
  13. ^ Gee, Gabriel N.; Vogelaar, Alison (2018-07-04) (英語). Changing Representations of Nature and the City: The 1960s-1970s and their Legacies. Routledge. ISBN 978-1-134-96840-4. https://books.google.co.uk/books?id=VQxjDwAAQBAJ&pg=PT46&dq=colston+%22carole+drake%22&hl=en&sa=X&ved=2ahUKEwjM9oKToq_qAhWSi1wKHUA3DIQQ6AEwAXoECAQQAg#v=onepage&q=colston%20%22carole%20drake%22&f=false 
  14. ^ Trophies of Empire | Exhibition guide relating to an exhibition, 1992”. diaspora-artists.net (1992年). 2020年7月2日閲覧。
  15. ^ (英語) Trophies of Empire. Bluecoat Gallery and Liverpool John Moores University School of Design & Visual Arts in collaboration with Arnolfini and Hull Time Based Arts. (1994). ISBN 978-0-907738-38-1. https://books.google.co.uk/books?id=T3BIAQAAIAAJ&q 
  16. ^ Wilkins, Emma (1998年1月29日). “Graffiti attack revives Bristol slavery row”. The Times: p. 11 
  17. ^ Dresser, Madge (2009). “Remembering Slavery and Abolition in Bristol” (英語). Slavery & Abolition 30 (2): 223–246. doi:10.1080/01440390902818955. ISSN 0144-039X. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/01440390902818955. 
  18. ^ “MP calls for slave trader statue removal”. BBC News. (2018年10月11日). https://www.bbc.com/news/uk-england-bristol-45825768 
  19. ^ a b c d e Siddique, Haroon (2020年6月7日). “BLM protesters topple statue of Bristol slave trader Edward Colston”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2020/jun/07/blm-protesters-topple-statue-of-bristol-slave-trader-edward-colston 2020年6月7日閲覧。 
  20. ^ Cork, Tristan (2018年10月18日). “100 human figures placed in front of Colston statue in city centre”. Bristol Live (Local World). https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/100-human-figures-placed-front-2122990 2020年6月8日閲覧。 
  21. ^ Yong, Michael. “Ball and chain attached to Edward Colston's statue in Bristol city centre”. Bristol Live. https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/ball-chain-attached-edward-colstons-1539315 2020年6月8日閲覧。 
  22. ^ Anti Slavery Art Installation by Colston Statue in Bristol • Inspiring City”. Inspiring City (2018年10月22日). 2020年6月閲覧。
  23. ^ Gallagher, Paul (2014年6月22日). “Bristol torn apart over statue of Edward Colston: But is this a figure of shame or a necessary monument to the history of slavery?”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/bristol-torn-apart-over-statue-of-edward-colston-but-is-this-a-figure-of-shame-or-a-necessary-9555333.html 2020年6月7日閲覧。 
  24. ^ Koch, Emily (2013年8月30日). “Bristol mayor: City's celebration of Edward Colston is perverse”. Bristol Live. オリジナルの2013年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130904091019/http://www.bristolpost.co.uk/Bristol-mayor-City-s-celebration-Edward-Colston/story-19729958-detail/story.html 2016年11月16日閲覧。 
  25. ^ a b Cork, Tristan (2018年7月23日). “Theft of second Colston plaque 'may be justified' says councillor”. Bristol Live. https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/theft-vandalism-second-colston-statue-1815967 2018年10月18日閲覧。 
  26. ^ a b c Cork, Tristan (2018年8月23日). “Row breaks out as Merchant Venturer accused of 'sanitising' Edward Colston's involvement in slave trade”. Bristol Live. https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/row-breaks-out-merchant-venturer-1925896 2020年6月9日閲覧。 
  27. ^ Cork, Tristan (2018年7月22日). “The wording of second plaque proposed for Edward Colston statue linking him to 20,000 deaths”. Bristol Live. https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/wording-second-plaque-proposed-edward-1810137 2020年6月14日閲覧。 
  28. ^ a b Statement from the Society of Merchant Venturers”. merchantventurers.com. 2020年6月13日閲覧。
  29. ^ Cork, Tristan (2019年3月25日). “Second Colston statue plaque not axed but mayor orders re-write”. Bristol Live. https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/second-colston-statue-plaque-not-2682813 2019年3月30日閲覧。 
  30. ^ a b “Protesters in England topple statue of slave trader Edward Colston into harbor”. CBS News. (2020年6月7日). https://www.cbsnews.com/news/george-floyd-protest-edward-colston-statue-thrown-into-bristol-harbor-today-2020-06-07/ 2020年6月8日閲覧。 
  31. ^ Zaks, Dmitry (2020年6月8日). “UK slave trader's statue toppled in anti-racism protests”. The Jakarta Post. Agence France-Presse. https://www.thejakartapost.com/news/2020/06/08/uk-slave-traders-statue-toppled-in-anti-racism-protests.html 2020年6月8日閲覧。 
  32. ^ a b “George Floyd death: Protesters tear down slave trader statue”. BBC News. (2020年6月7日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-52954305 2020年6月7日閲覧。 
  33. ^ Sullivan, Rory (2020年6月7日). “Black Lives Matter protesters pull down statue of 17th century UK slave trader”. https://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/black-lives-matter-protests-uk-bristol-statue-edward-colston-slavery-a9553266.html 2020年6月7日閲覧。 
  34. ^ Evans, Martin (2020年6月8日). “Intervening to prevent toppling of Colston statue could have sparked a riot, says Chief Constable” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2020/06/08/police-decision-allow-toppling-edward-colston-statue-defended/ 2020年6月8日閲覧。 
  35. ^ @ASPolice (2020年6月7日). "Statement from Bristol Area Commander Superintendent Andy Bennett following Black Lives Matter demonstration in Bristol" (ツイート). Twitterより2020年6月閲覧 |access-date=の日付が不正です。 (説明)
  36. ^ UK protesters topple slave trader statue”. CNN. 2020年6月閲覧。
  37. ^ “Johnson urges peaceful struggle against racism”. BBC News. (2020年6月8日). https://www.bbc.com/news/uk-politics-52973338 2020年6月8日閲覧。 
  38. ^ “Appeal to identify Colston statue protesters” (英語). BBC News. (2020年6月22日). https://www.bbc.com/news/uk-england-bristol-53108898 2020年6月22日閲覧。 
  39. ^ “Edward Colston statue: Man held over criminal damage”. BBC News. (2020年7月1日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-bristol-53258535 2020年7月1日閲覧。 
  40. ^ Priti Patel: Toppling Edward Colston statue 'utterly disgraceful'”. Sky News. 2020年6月7日閲覧。
  41. ^ Black Lives Matter protesters in Bristol pull down and throw statue of 17th-century slave trader into river”. The Independent (2020年6月7日). 2020年6月7日閲覧。と評した。
  42. ^ a b c d “Edward Colston: Bristol slave trader statue 'was an affront'”. BBC News. (2020年6月8日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-bristol-52962356 2020年6月9日閲覧。 
  43. ^ King, Jasper (2020年6月8日). “Edward Colston statue: Mayor gives update on statue's future”. Bristol Live. https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/mayor-says-edward-colston-statue-4203020.amp 2020年6月8日閲覧。 
  44. ^ Grimshaw, Emma (2020年6月7日). “Mayor Marvin Rees issues statement on the Black Lives Matter protest and the toppling of Colston's statue”. Bristol Live. https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/mayor-marvin-rees-issues-statement-4202463 2020年6月7日閲覧。 
  45. ^ "We have a statue of someone who made their money by throwing our people into water...and now he's on the bottom of the water." – Marvin Rees, elected Mayor of Bristol”. Channel 4 News (2020年6月7日). 2020年6月7日閲覧。
  46. ^ “Black Lives Matter: the world responds after Bristol protesters tear down statue of slave trader Edward Colston”. ITV News. (2020年6月8日). https://www.itv.com/news/westcountry/2020-06-08/black-lives-matter-the-world-responds-after-bristol-protesters-tear-down-statue-of-slave-trader-edward-colston/ 2020年6月15日閲覧。 
  47. ^ Neilan, Cat (2020年6月8日). “Politics latest news: Prime Minister 'absolutely understands strength of feeling' but toppling statue still criminal act” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/politics/2020/06/08/uk-lockdown-coronavirus-news-quarantine-update-review-boris/ 2020年6月8日閲覧。 
  48. ^ “George Floyd: Boris Johnson urges peaceful struggle against racism”. BBC News. (2020年6月8日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-52973338 
  49. ^ Walker, Peter (2020年6月8日). “Keir Starmer: pulling down Edward Colston statue was wrong”. The Guardian. https://www.theguardian.com/politics/2020/jun/08/keir-starmer-edward-colston-bristol-statue-wrong 2020年6月8日閲覧。 
  50. ^ Mason, Rowena; Pidd, Helen (2020年6月9日). “Labour councils launch slavery statue review as another is removed” (英語). https://www.theguardian.com/world/2020/jun/09/sadiq-khan-orders-review-of-all-london-statues-for-slavery-links 2020年6月10日閲覧。 
  51. ^ Robert Milligan: Slave trader statue removed from outside London museum”. BBC News (2020年6月9日). 2020年6月15日閲覧。
  52. ^ “London statues with slavery links 'should be taken down'”. BBC News. (2020年6月9日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-52977088 2020年6月9日閲覧。 
  53. ^ Ross, Alex (2020年6月7日). “Petition calls for statue of Bristol civil rights activist Paul Stephenson to be erected in Colston's place”. Bristol Live. https://www.bristolpost.co.uk/news/bristol-news/petition-calls-statue-bristol-civil-4202437.amp 2020年6月8日閲覧。 
  54. ^ The Bristol Bus Boycott of 1963”. Black History 365 (2019年10月7日). 2020年6月8日閲覧。
  55. ^ “Edward Colston statue pulled out of Bristol Harbour”. BBC News. (2020年6月11日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-bristol-53004748 
  56. ^ M Shed [@mshedbristol] (2020年6月11日). "We ended up with two surprise additions. Firstly a bicycle tyre which emerged from the harbour with the statue, and then the discovery of a clue to the people who first installed it in Bristol: A 1895 magazine rolled up inside the coat tails" (ツイート). 2020年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2020年6月12日閲覧
  57. ^ M Shed [@mshedbristol] (2020年6月11日). "After careful cleaning and drying we found someone had handwritten the names of those who originally fitted the statue and the date on the inside pages" (ツイート). 2020年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2020年6月12日閲覧
  58. ^ Brewis, Harriet (2020年6月12日). “125-year-old magazine found hidden inside toppled Colston statue” (英語). Evening Standard. https://www.standard.co.uk/news/uk/edward-colston-magazine-found-hidden-statue-bristol-a4467926.html?utm_source=pocket-newtab-global-en-GB 2020年6月13日閲覧。 

外部リンク[編集]