エドモンド・ラゲール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エドモンド・ラゲール
Edmond Laguerre.jpg
生誕 (1834-04-09) 1834年4月9日
バル=ル=デュック(フランス)
死没 1886年8月14日(1886-08-14)(52歳)
バル=ル=デュック(フランス)
居住 フランス
研究分野 数学
主な業績 ラゲールの陪多項式ラゲール法ラゲール平面
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エドモンド・ラゲール(Edmond Nicolas Laguerre、1834年4月9日-1886年8月14日)は、フランス数学者[1]で、科学アカデミーの会員である(1885年)。幾何学複素解析を専門とした。直行多項式の研究も行った(ラゲールの陪多項式も参照)。ラゲール法は、求根アルゴリズム多項式に適合させたものである。 彼は、ラゲール変換等を含め、指向性を持つ球(ラゲール幾何、ラゲール平面)の幾何学の基礎を築いた。

主な論文[編集]

  • Notes sur la résolution des équations numériques. Paris: Gauthier-Villars. (1880). http://catalog.hathitrust.org/Record/008896009 
  • Laguerre, Edmond (1881). “Sur la transformation par directions réciproques”. Comptes rendus 92: 71–73. 
  • Laguerre, Edmond (1882). “Transformations par semi-droites réciproques”. Nouvelles annales de mathématiques 1: 542–556. 
  • Théorie des équations numériques, Paris: Gauthier-Villars. 1884 on Google Books
  • Recherches sur la géométrie de direction; méthodes de transformation; anticaustiques. Gauthier-Villars. (1885). http://catalog.hathitrust.org/Record/009376052 
  • (フランス語) Oeuvres de Laguerre publ. sous les auspices de l'Académie des sciences par MM. Charles Hermite, Henri Poincaré, et Eugène Rouché. (Paris, 1898-1905) (reprint: New York : Chelsea publ., 1972 0-8284-0263-9)

完全なリスト[編集]

  • (フランス語) "Nécrologie". In: [Nouvelles annales de mathématiques, 3rd series, vol. 8 (1889), p. 494–496—Obituary

出典[編集]

  1. ^ Colby, Frank Moore; Williams, Talcott (1918). LAGUERRE, Edmond Nicolas”. The New International Encyclopaedia. vol. 13 (2nd ed.). pp. 468–469. https://books.google.com/books?id=fmwNAQAAMAAJ&pg=PA468 

外部リンク[編集]