エドマンド・リーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エドマンド・ロナルド・リーチ(Edmund Ronald Leach, 1910年11月7日 - 1989年1月6日)は、イギリス人類学者。クルド人について調査した後、イギリス軍の軍人として第二次世界大戦抗日運動に参加し日本軍に対してゲリラ戦を展開した[1]

人類のタブーに着目し、近親相姦のタブー(インセスト・タブー)を食のタブーと関連させて捉えようと試みた。

日本語訳著書[編集]

  • 『レヴィ=ストロース』吉田禎吾訳 新潮社(現代の思想家) 1971年 のちちくま学芸文庫
  • 『人類学再考』青木保井上兼行訳 思索社 1974年
  • 『神話としての創世記』江河徹訳 紀伊国屋書店(文化人類学叢書) 1980年 のちちくま学芸文庫 
  • 『文化とコミュニケーション 構造人類学入門』青木保、宮坂敬造訳 紀伊国屋書店(文化人類学叢書) 1981年
  • 『聖書の構造分析』D.Alan Aycock 共著 鈴木聡訳 紀伊国屋書店(文化人類学叢書) 1984年
  • 『社会人類学案内』長島信弘訳 岩波書店 1985年 のち同時代ライブラリー
  • 『高地ビルマの政治体系』エドモンド・R.リーチ著 関本照夫訳 弘文堂 1987年

出典[編集]

  1. ^ 池田光穂 (2004年). “エドマンド・ロナルド・リーチ”. 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター. 2011年9月4日閲覧。