エドマンド・フィッツアラン (第9代アランデル伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第9代アランデル伯
アランデル・フィッツアラン
Edmund FitzAlan
9th Earl of Arundel
アランデル伯爵フィッツアラン家英語版
続柄 先代の長男
称号 第9代アランデル伯爵
敬称 My Lord
出生 1285年5月1日
イングランド王国の旗 イングランド王国ウィルトシャーマールバラ城英語版
死去 1326年11月17日(満41歳没)
イングランド王国の旗 イングランド王国 ヘレフォードシャーヘレフォード
配偶者 アリス・ド・ワーレン英語版
子女 家族参照
父親 8代アランデル伯リチャード英語版
母親 アリス・オブ・サルッツォイタリア語版
テンプレートを表示

第9代アランデル伯爵エドマンド・フィッツアラン英語: Edmund FitzAlan, 9th Earl of Arundel1285年5月1日 - 1326年11月17日)は、イングランドの貴族。

はじめエドワード2世の寵臣政治に反対する反国王派貴族であったが、国王寵臣小ディスペンサーと縁戚関係になってから王党派となる。王妃イザベラのクーデタにより処刑された。

経歴[編集]

生い立ちと反国王派時代[編集]

アランデル伯ら諸侯がギャヴィストンを私刑で斬首した場面の絵
A Chronicle of England,1864年

1285年5月1日、第8代アランデル伯リチャード・フィッツアラン英語版とその妻アリスイタリア語版サルッツォ侯トンマーゾ1世イタリア語版の娘)の間の長男としてウィルトシャーマールバラ城英語版に生まれる[1][2][3]

1302年3月9日に父の死により第9代アランデル伯爵位を継承した[2][3]

1307年12月2日ウォリングフォード英語版で開かれた馬上試合においてエドワード2世の寵臣初代コーンウォール伯ピアーズ・ギャヴィストンに敗れたことがきっかけでギャヴィストンを憎むようになった[1]1312年には貴族の反ギャヴィストン連合に加わって彼の逮捕と殺害に関与した。また第2代ランカスター伯トマスと並んでエドワード2世との和解が最も遅い貴族だった[1]1314年にエドワード2世がスターリングに援軍に出た際にもランカスター伯と彼は同行を拒否し、結果イングランド軍はバノックバーンの戦いで敗れた[1]

1316年にはトレント北部のキャプテン・ジェネラル(captain-general of the country north of the Trent)に就任した[1]

王党派に[編集]

1321年に彼の長男リチャード英語版がエドワード2世の寵臣小ディスペンサーの娘イザベラ英語版と結婚したことで彼の政治姿勢にも変化が現れた[1]

しばらくは王党派に転じることを逡巡したものの、最終的に1321年10月のエドワード2世によるリーズ城英語版包囲の際に王党派に転じた[1]

1322年のランカスター伯の反乱では、シュルーズベリーで降服した第3代モーティマー男爵ロジャー・モーティマーに降伏するよう説得をしたのは彼であった[1]。またポンテフラクトでのランカスター伯の裁判では裁判官の一人を務めた[1]。また反乱参加貴族のモーティマー男爵や初代バドルズミア男爵英語版バーソロミュー・ド・バドルズミア英語版の没収領地の多くは彼に与えられた[1]1323年にはモーティマー男爵が就いていたウェールズ司法長官英語版の地位も与えられた[1][2]1325年にはウェールズ辺境領監察官(Warden of the Welsh Marches)に任じられた[1][2]

王妃のクーデタで処刑[編集]

クーデタで権力を握ったイザベラ王妃に命乞いする大ディスペンサーとアランデル伯

1326年にフランスにいた王妃イザベラとモーティマー男爵が率いる反乱軍がイングランドに上陸してクーデタを開始した際にも国王エドワード2世側に付いた数少ない貴族の一人であった。ウェールズと西部の防衛にあたったが、ほとんど有効な手を打てず、反乱軍の前に敗れ去った[1]

彼はシュロップシャーで反乱軍の捕虜となり、ヘレフォードにいる王妃の下まで連行された。モーティマー男爵が彼を恨んでいたこともあり、裁判にかけられることもなく、11月17日に斬首で処刑された[1]。また私権剥奪によりすべての所領・称号が剥奪された。ロンドンでは暴徒によって彼の財産が略奪されている[1]

1330年に私権剥奪が解除され、息子のリチャードが10代アランデル伯位を継承している[3]

爵位[編集]

1302年3月9日の父リチャード・フィッツアラン英語版の死去により以下の爵位を継承した[2][3]

家族[編集]

1305年に第7代サリー伯ジョン・ド・ワーレン英語版の孫娘アリス英語版と結婚[2][3]。彼女との間に以下の7子を儲ける[4]

名前 生年 没年 備考
リチャード英語版 1313年頃 1376年1月24日 10代アランデル伯に復権
(1)イザベル・ル・ディスペンサー英語版と結婚
(2)エレノア・オブ・ランカスター英語版と結婚
エドマンド  — 1349年頃
マイケル  —  —
メアリー  — 1396年8月29日 ブラックミアの第4代ストレンジ男爵英語版ジョン・ル・ストレンジと結婚[5]
アイリーン  — 1386年1月20日 第5代ノッキンの第5代ストレンジ男爵英語版ロジャー・ル・ストレンジと結婚[6]
アリス  — 1326年 第5代ヘレフォード伯英語版ジョン・ド・ブーン英語版と結婚
キャサリン  — 1376年 (1) 第2代ハッシー男爵英語版ヘンリー・ハッシー英語版と結婚
(2) アンドリュー・ペベレルと結婚
エレノア  —  — 初代ライル男爵英語版ジェラルド・ド・ライル英語版と結婚
エリザベス  -  - 第4代ラティマー男爵英語版ウィリアム・ラティマー英語版と結婚

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o  "Fitzalan, Edmund". Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. 1885–1900. 
  2. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. “Edmund Fitzalan, 2nd/9th Earl of Arundel” (英語). thepeerage.com. 2016年6月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Arundel, Earl of (E, c.1139)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年6月28日閲覧。
  4. ^ Burtscher (2008), p. viii.
  5. ^ Douglas Richardson. Magna Carta ancestry: a study in colonial and medieval families, Genealogical Publishing Com, 2005. pg 89. Google ebook
  6. ^ Douglas Richardson, Plantagenet Ancestry, p. 761-762.

参考文献[編集]

  • Burtscher, Michael (2008). The Fitzalans: Earls of Arundel and Surrey, Lords of the Welsh Marches (1267–1415). Glasgow: Logaston Press. ISBN 1-904396-94-1. 
イングランドの爵位
先代:
リチャード・フィッツアラン英語版
第9代アランデル伯爵
1302年 – 1326年
私権剥奪
回復
リチャード・フィッツアラン英語版