エドマンド・テューダー (リッチモンド伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

初代リッチモンド伯エドマンド・テューダー(Edmund Tudor, 1st Earl of Richmond, 1430年頃 - 1456年11月1日)は、イングランドの貴族。オウエン・テューダーキャサリン・オブ・ヴァロワフランスシャルル6世の娘でヘンリー5世の未亡人)の長男でジャスパー・テューダーの兄、テューダー朝の始祖である国王ヘンリー7世の父。

エドマンド・テューダーは、ハートフォードシャーのマッチ・ハダム(Much Hadham)もしくはベッドフォードシャーのハダム(Hadham)で、オウエン・テューダーとキャサリン・オブ・ヴァロワの息子として生まれた。彼の両親が密かに結婚して、合法的に生まれてきた子なのかどうかは分かっていない。事実はともかくとして、1437年に母が亡くなり、異父兄であるヘンリー6世1452年にエドマンドをリッチモンド伯に列して、彼を認知した。

1455年、エドマンドはマーガレット・ボーフォートサマセット公ジョン・ボーフォートの娘)と結婚した。彼女はその時12歳であって、翌1456年に妊娠した。しかしながら、薔薇戦争の始まりでエドマンドはヨーク派のハーバート家によって捕らわれ、南ウェールズのカーマーセン城に収監された。そしてそこで伝染病にかかって亡くなった。

エドマンドの唯一の子であるヘンリーが生まれたのは、その2ヵ月後のことである。

爵位
先代:
新設
リッチモンド伯
1452年 - 1456年
次代:
ヘンリー・テューダー