エドナ・ミレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エドナ・ミレイ

エドナ・セント・ヴィンセント・ミレイEdna St. Vincent Millay, 1892年2月22日 - 1950年10月19日)は、アメリカ合衆国メイン州ロックランド生まれの詩人[1]

ニューヨークヴァッサー大学に在学中に最初の詩集『ルネサンス』(1912年)を出版し注目される。その後、芸術家作家のたまり場として最盛期にあったグリニッジ・ヴィレッジに居を移し、詩集『あざみの果』(1920年)を出版。その中の“私のろうそくは両端が燃える”という詩の1行が、若いときの逸脱性をよく示している。

1923年に『竪琴をつくる者』でピューリッツァー賞 詩部門を受賞。ほかにも3つの詩劇を含む多くの作品を出版し、成功したアメリカ・オペラ『王の家来』の台本も書いた。

脚注[編集]

  1. ^ 小学館「日本大百科全書(ニッポニカ)」. “ミレー”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]