エドガル・ホヴァニシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エドガル・ホヴァニシャン
Էդգար Հովհաննիսյան
Edgar Hovhannisyan.JPG
基本情報
別名 エドガル・セルゲーヴィチ・オガネシャン
(Эдгар Сергеевич Оганесян)
生誕 1930年1月14日
出身地 Flag of SSRA.svg アルメニア社会主義ソビエト共和国エレバン郡エレバン
死没 1998年12月28日(満68歳没)
アルメニアの旗 アルメニア、エレバン
学歴 エレバン音楽院卒業
モスクワ音楽院卒業
ジャンル クラシック音楽映画音楽
職業 作曲家
活動期間 1946年 - 1993年

エドガル・ホヴァニシャンアルメニア語: Էդգար Հովհաննիսյանロシア語: Эдгар Сергеевич Оганесян〈エドガル・セルゲーヴィチ・オガネシャン〉1930年1月14日 - 1998年12月28日)は、ソビエト連邦およびアルメニア作曲家教育者

生涯[編集]

1930年1月14日にエレバンで生まれた[1]。グリゴリー・エギアザリャン (ru) に師事して1953年エレバン音楽院を卒業し、アラム・ハチャトゥリアンに師事して1957年モスクワ音楽院を卒業した[1]1952年からソビエト連邦共産党の党員となる[1]

1962年から1968年までエレバン・オペラ劇場アルメニア語版監督、1970年から1974年まで国立アルメニア民謡・舞踊合唱団 (hy) 音響監督を務めた[1]1956年から1973年までは、アルメニア共和国作曲家同盟副会長でもあった[1]1979年から1985年までアルメニア・テレビ・ラジオ音響監督を務め、1986年からはエレバン音楽院の教員・学長でもあった[2]

政治の分野では、アルメニア共和国最高会議の第6期・7期代議員を務め[1]人民代議員選挙ではエレバンのスパンダリャン選挙区から立候補、当選している[3]1998年12月28日にエレバンで死去[4]

作品[編集]

バレエ音楽

  • «Мармар»(1957年)[1]
  • «Голубой ноктюрн»(1964年)[1]
  • «Вечный идол»(1966年)[1]
  • «Антуни»(1969年)[1]
  • «Давид Сасунский»(1976年)[5]

カンタータ

  • «Миру — мир!»(1950年)[6]
  • «Страна родная»(1960年)[1]
  • «Эребуни»(1968年)[1]
  • «В армянских горах»(1969年)[1]
  • «Памятник героям»(1975年)[1]
  • «Слава партии Ленина»(1977年)[6]

合唱とオーケストラのために

  • «Коммунистической партии»(1952年)[1]
  • «Витоша-Арарат»(1967年)[1]
  • «Ереван-Эребуни»(1968年)[1]
  • «Сардарапат»(1968年)[1]
  • «Арпа-Севан»(1969年)[1]

アカペラ合唱のために

  • «Два берега»(1952年)[1]
  • «Упокой»(1969年)[1]

交響曲

  • バレエ組曲(1953年)[6]
  • 交響曲(1958年)[6]

室内交響曲

  • ピアノ五重奏(1955年)[6]
  • 協奏曲(1968年)[6]

弦楽四重奏

  • I(1946年)[6]
  • II(1958年)[6]
  • III(1964年)[6]

チェロとピアノのために

  • 夜想曲(1947年)[6]
  • ソナタ・エピタフ(1975年)[6]
  • ロンド・ソナタ(1977年)[6]

チェロ独奏のために

  • ソナタ(1969年)[6]

サクソフォーンとジャズ・オーケストラのために

  • 変奏曲での協奏曲(1965年)[6]

映画音楽

  • «Из-за чести»ru, 1955年)[6]
  • «Северная радуга»(1959年)[6]
  • «Ловцы губок»(1960年)[6]
  • «Рождённые жить»ru, 1960年)[6]
  • «Дорога»ru, 1961年)[6]
  • «Ночной пассажир»(1961年)[6]
  • «Чрезвычайное поручение»ru, 1965年)[6]
  • «Автомобиль Авдо»(1966年)[4]
  • «Жил человек»(1968年)[4]
  • «Взрыв после полуночи»ru, 1968年)[6]
  • «Выстрел на границе»(1970年)[4]
  • «Армянские фрески»(1970年)[6]
  • «Последний подвиг Камо»ru, 1973年)[6]
  • «Испытание»(1977年)[6]
  • «Звезда надежды»ru, 1978年)[4]
  • «Катастрофа»(1993年)[4]


褒章[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Оганесян Э. С. / Р. А. Атаян // Корто — Октоль. — М. : Советская энциклопедия, Советский композитор, 1976. — (Музыкальная энциклопедия : [в 6 т.] / гл. ред. Ю. В. Келдышロシア語版 ; 1973—1982, т. 3).
  2. ^ Оганесян Эдгар Сергеевич”. Лица России. Интеллектульная элита России. База данных `Современная Россия`. (2016年3月6日). 2016年3月28日閲覧。
  3. ^ ОГАНЕСЯН Эдгар Сергеевич”. Последние депутаты последнего Верховного Совета СССР. 2016年4月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Эдгар Сергеевич Оганесян”. Persons.am (2006年12月13日). 2016年3月28日閲覧。
  5. ^ a b Саркисян Я. Г. “ОГАНЕСЯН Эдгар Сергеевич”. История танцев. 2016年3月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y Оганесян, Эдгар Сергеевич”. Большая биографическая энциклопедия. 2009. 2016年3月28日閲覧。
  7. ^ a b c d Эдгар Оганесян (Edgar Oganesyan) - биография”. Кино-Театр.РУ (2014年2月8日). 2016年3月28日閲覧。
学職
先代:
ガザロス・サリアン
コミタス名称エレバン国立音楽院学長
1986年 - 1992年
次代:
ティグラン・マンスリアン
ビジネス
先代:
なし
国立アルメニア民謡・舞踊合唱団音響監督
1970年 - 1974年
次代:
ハチャトゥル・アヴェチシャンロシア語版