エドガル・ホヴァニシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エドガル・ホヴァニシャン
Էդգար Հովհաննիսյան
Edgar Hovhannisyan.JPG
基本情報
別名 エドガル・セルゲーヴィチ・オガネシャン
(Эдгар Сергеевич Оганесян)
生誕 (1930-01-14) 1930年1月14日
出身地 Flag of SSRA.svg アルメニア社会主義ソビエト共和国エレバン郡エレバン
死没 (1998-12-28) 1998年12月28日(満68歳没)
アルメニアの旗 アルメニア、エレバン
学歴 エレバン音楽院卒業
モスクワ音楽院卒業
ジャンル クラシック音楽映画音楽
職業 作曲家
活動期間 1946年 - 1993年

エドガル・ホヴァニシャンアルメニア語: Էդգար Հովհաննիսյանロシア語: Эдгар Сергеевич Оганесян〈エドガル・セルゲーヴィチ・オガネシャン〉1930年1月14日 - 1998年12月28日)は、ソビエト連邦およびアルメニア作曲家教育者

生涯[編集]

1930年1月14日にエレバンで生まれた[1]。グリゴリー・エギアザリャン (ru) に師事して1953年エレバン音楽院を卒業し、アラム・ハチャトゥリアンに師事して1957年モスクワ音楽院を卒業した[1]1952年からソビエト連邦共産党の党員となる[1]

1962年から1968年までエレバン・オペラ劇場アルメニア語版監督、1970年から1974年まで国立アルメニア民謡・舞踊合唱団 (hy) 音響監督を務めた[1]1956年から1973年までは、アルメニア共和国作曲家同盟副会長でもあった[1]1979年から1985年までアルメニア・テレビ・ラジオ音響監督を務め、1986年からはエレバン音楽院の教員・学長でもあった[2]

政治の分野では、アルメニア共和国最高会議の第6期・7期代議員を務め[1]人民代議員選挙ではエレバンのスパンダリャン選挙区から立候補、当選している[3]1998年12月28日にエレバンで死去[4]

作品[編集]

バレエ音楽

  • «Мармар»(1957年)[1]
  • «Голубой ноктюрн»(1964年)[1]
  • «Вечный идол»(1966年)[1]
  • «Антуни»(1969年)[1]
  • «Давид Сасунский»(1976年)[5]

カンタータ

  • «Миру — мир!»(1950年)[6]
  • «Страна родная»(1960年)[1]
  • «Эребуни»(1968年)[1]
  • «В армянских горах»(1969年)[1]
  • «Памятник героям»(1975年)[1]
  • «Слава партии Ленина»(1977年)[6]

合唱とオーケストラのために

  • «Коммунистической партии»(1952年)[1]
  • «Витоша-Арарат»(1967年)[1]
  • «Ереван-Эребуни»(1968年)[1]
  • «Сардарапат»(1968年)[1]
  • «Арпа-Севан»(1969年)[1]

アカペラ合唱のために

  • «Два берега»(1952年)[1]
  • «Упокой»(1969年)[1]

交響曲

  • バレエ組曲(1953年)[6]
  • 交響曲(1958年)[6]

室内交響曲

  • ピアノ五重奏(1955年)[6]
  • 協奏曲(1968年)[6]

弦楽四重奏

  • I(1946年)[6]
  • II(1958年)[6]
  • III(1964年)[6]

チェロとピアノのために

  • 夜想曲(1947年)[6]
  • ソナタ・エピタフ(1975年)[6]
  • ロンド・ソナタ(1977年)[6]

チェロ独奏のために

  • ソナタ(1969年)[6]

サクソフォーンとジャズ・オーケストラのために

  • 変奏曲での協奏曲(1965年)[6]

映画音楽

  • «Из-за чести»ru, 1955年)[6]
  • «Северная радуга»(1959年)[6]
  • «Ловцы губок»(1960年)[6]
  • «Рождённые жить»ru, 1960年)[6]
  • «Дорога»ru, 1961年)[6]
  • «Ночной пассажир»(1961年)[6]
  • «Чрезвычайное поручение»ru, 1965年)[6]
  • «Автомобиль Авдо»(1966年)[4]
  • «Жил человек»(1968年)[4]
  • «Взрыв после полуночи»ru, 1968年)[6]
  • «Выстрел на границе»(1970年)[4]
  • «Армянские фрески»(1970年)[6]
  • «Последний подвиг Камо»ru, 1973年)[6]
  • «Испытание»(1977年)[6]
  • «Звезда надежды»ru, 1978年)[4]
  • «Катастрофа»(1993年)[4]


褒章[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Оганесян Э. С. / Р. А. Атаян // Корто — Октоль. — М. : Советская энциклопедия, Советский композитор, 1976. — (Музыкальная энциклопедия : [в 6 т.] / гл. ред. Ю. В. Келдышロシア語版 ; 1973—1982, т. 3).
  2. ^ Оганесян Эдгар Сергеевич”. Лица России. Интеллектульная элита России. База данных `Современная Россия`. (2016年3月6日). 2016年3月28日閲覧。
  3. ^ ОГАНЕСЯН Эдгар Сергеевич”. Последние депутаты последнего Верховного Совета СССР. 2016年4月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Эдгар Сергеевич Оганесян”. Persons.am (2006年12月13日). 2016年3月28日閲覧。
  5. ^ a b Саркисян Я. Г. “ОГАНЕСЯН Эдгар Сергеевич”. История танцев. 2016年3月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y Оганесян, Эдгар Сергеевич”. Большая биографическая энциклопедия. 2009. 2016年3月28日閲覧。
  7. ^ a b c d Эдгар Оганесян (Edgar Oganesyan) - биография”. Кино-Театр.РУ (2014年2月8日). 2016年3月28日閲覧。
学職
先代:
ガザロス・サリアン
コミタス名称エレバン国立音楽院学長
1986年 - 1992年
次代:
ティグラン・マンスリアン
ビジネス
先代:
なし
国立アルメニア民謡・舞踊合唱団音響監督
1970年 - 1974年
次代:
ハチャトゥル・アヴェチシャンロシア語版