エドウィン・ボーリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドウィン・ボーリング(Edwin Garrigues Boring, 1886年10月23日 - 1968年7月1日)はアメリカ合衆国心理学者

1924年から1949年の間、ハーバード大学心理学研究所の所長を務め、1928年にアメリカ心理学会の学長になる。

嫁と義母 (W.E.ヒル)

嫁と義母[1]という絵を利用し、視覚による知覚の研究を行い、1930年に漫画家 W.E.ヒル(W.E.Hill)によって書かれたその絵を公表。今日、非常に有名な隠し絵となっている。因みにその隠し絵の元は1888年のドイツのハガキである。日本では『婦人と老婆』と呼ばれる事も多い。

主な著作[編集]

  • A History of Experimental Psychology (1929)
  • The Physical Dimensions of Consciousness (1933)
  • Boring, Edwin G.Review of Association Theory To-day: An Essay in Systematic Psychology.Psychological Bulletin.1933.Vol.30 No.6.
  • Sensation and Perception in the History of Experimental Psychology (1942)
  • Introduction to Psychology (1938)
  • Sensation and perception in the history of experimental psychology. New York: Appleton-Century-Crofts. (1942)
  • Psychology for the Fighting Man (1943)
  • Psychology for the Armed Services (1945)
  • Foundations of Psychology (1948, with Herbert Langfeld and Harry Weld)
  • A history of experimental psychology (1950)(2nd ed.). Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall.
  • Psychologist at Large: an Autobiography and Selected Essays (1961)
  • History, Psychology, and Science: Selected Papers (1963)
  • A History of psychology in autobiography? -Psychology - 1967