エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ、2007年ブラジリアで撮影

エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ(Eduardo Batalha Viveiros de Castro, 1951年 - )はブラジル人類学[1]。現在、リオデジャネイロ連邦大学が運営するブラジル国立博物館の教授。

数多くの著作・論文があり、ブラジル人類学とアメリカニスト民俗学において重要な貢献をなしている。主著は次の通り。『From the enemy's point of view: humanity and divinity in an Amazonian society』、『Amazônia: etnologia e história indígena (アマゾニア:民俗学と先住民の歴史)』(マヌエラ・カルネイロ・ダ・クンハと共編)、『A inconstância da alma selvagem e outros ensaios de antropologia(野生の魂の変わりやすさと人類学についての論考)』。

ヴィヴェイロス・デ・カストロはリオデジャネイロ出身。これまでにフランスの社会科学高等研究院シカゴ大学ケンブリッジ大学で教鞭をとった。アメリカ・インディアンの遠近法主義についての研究を発展させたことが主要な業績とされる。

著作[編集]

  • From the Enemy's Point of View: Humanity and Divinity in an Amazonian Society, The University of Chicago Press (1992)
  • Cosmological Deixis and Amerindian Perspectivism in The Journal of the Royal Anthropological Institute, Vol. 4 (3), (1998)
  • Exchanging Perspectives: The Transformation of Objects into Subjects in Amerindian Ontologies in Common Knowledge, vol. 1 (3), (2004)
  • Perspectival Anthropology and the Method of Controlled Equivocation in Tipití: Journal of the Society for the Anthropology of Lowland South America, vol 2 (1) (2004)
  • The Inconstancy of the Indian Soul: The Encounter of Catholics and Cannibals in Sixteenth-century Brazil, Prickly Paradigm Press (2011)
    近藤宏、里見龍樹訳『インディオの気まぐれな魂』水声社、2015年
  • Cosmological Perspectivism in Amazonia and Elsewhere, Hau Masterclass Series (vol. 1) (2012)
  • Radical Dualism, Hatje Cantz (2012)
  • Cannibal Metaphysics, Univocal Publishing (2014)
    檜垣立哉、山崎吾郎訳『食人の形而上学: ポスト構造主義的人類学への道』洛北出版、2015年
  • The Relative Native: Essays on Indigenous Conceptual Worlds, Hau - Special Collections in Ethnographic Theory (2015) (forthcoming)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 河出書房新社編集部『ドゥルーズ 没後20年新たなる転回』河出書房新社、2015年、257頁。ISBN 978-4-309-24735-9

外部リンク[編集]