コンテンツにスキップ

エドゥアルド・キュンネッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エドゥアルト・キュンネッケEduard Künneke, 1885年1月27日 - 1953年10月27日)は、ドイツ作曲家指揮者

ベルリン、シャルロッテンブルクに設置された銘板

生涯

[編集]

エメリッヒ英語版の生まれ。ベルリン音楽学文学を修めたあと、マックス・ブルッフに師事し、シッフバウアーダム劇場英語版合唱指揮者およびコレペティトールになった。1909年には合唱指揮者の地位を返上し、オペラ《ロビンの終末》("Robins Ende")を書いてマンハイムで初演し、作曲家としての名声を得た。

1908年から1910年オデオンレコードで指揮者として活動、1910年から1911年にかけてはベルリンのドイツ座(Deutsches Theater)の指揮者としてマックス・ラインハルトのもとで働き、ラインハルトがゲーテの『ファウスト』を上演したとき、劇付随音楽を作曲している。

第一次世界大戦中は、歩兵連隊のホルン奏者となったが、戦後はフリードリヒ・ヴィルヘルムシュタット劇場(Friedrich-Wilhelmstädtisches Theater)の指揮者を務めた。この劇場でオペレッタの指揮をするうちに、自らもオペレッタを作曲するようになり、1921年に発表した《どこかのいとこ》("Der Vetter aus Dingsda")でオペレッタ作家としての名声を確立した。

オペラやオペレッタのほかに多数の映画音楽や、ピアノ協奏曲(1935)、ジャズバンドと管弦楽のための「舞踏組曲」("Tänzerische Suite"、1929) などの演奏会用作品を残している。ブロードウェイロンドンの劇場にも作品を提供するが、ナチス政権下のドイツへとどまりベルリン1953年に死去した。