エトヴォス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エトヴォス
Etvos Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島6-1-1
新大阪プライムタワー 12F
設立 2007年5月
業種 化学
法人番号 9120001128893 ウィキデータを編集
事業内容 化粧品製造・販売
代表者 神田 宏
資本金 400万円
純利益 7000万円(2019年07月31日時点)[1]
総資産 27億6000万円(2019年07月31日時点)[1]
外部リンク http://etvos.com/
テンプレートを表示

株式会社エトヴォス英語: Etvos Co., Ltd.)は、日本の化粧品会社。ミネラルファンデーションとヒト型セラミドを配合したスキンケアを主力商品として、製造・販売している。

概要、特徴[編集]

2007年5月に、日本で初めて国産のミネラルファンデーションを製造・販売した化粧品メーカー。 「いくらスキンケアを頑張ってもクレンジングで肌は疲れてしまう」という考えの元、クレンジングフリーのミネラルメイクを販売している。主軸であるミネラルコスメに合わせて、肌本来に備わっている基本的な機能を高めることを目的とした「ヒト型セラミド」配合のスキンケアを使うことを提唱している。商品は全て、医学博士監修の元、開発されている。 2020年4月にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンおよびグループ・アルノーと戦略的提携関係を持つプライベートエクイティ投資会社「Lキャタルトン」が第三者割当増資および現株主が保有する株式の譲受を通じたエトヴォスの株式の過半数取得についての契約を締結し、買収した。 この買収はLキャタルトンによる日本企業への第2号投資案件で、日本の化粧品ブランドへの投資としては第1号案件。また同年7月に創業者の尾川ひふみが代表権のない取締役会長となり、代表取締役社長には当時副社長であった神田宏が就任した。現在同社の役員構成は社外取締役、社外監査役として親会社のLキャタルトンから参画している。

主な商品[編集]

エトヴォスが販売している商品は、大別すると以下の4つである。

ETVOS MINERAL MAKEUP[編集]

クレンジングのし過ぎにより、セラミドなどの肌のうるおいが失われないように、クレンジングが不要な商品が多い。ファンデーションだけでなく、チーク・アイカラー・リップ・メイクブラシなど、ミネラルコスメブランドの中では、品揃えが多いことも特徴。 モデルの優木まおみ美香鈴木えみなどが愛用品として、メディアで紹介をしている。また、ヘアメイクアップアーティストにも愛用者が多い。

CERAMIDIAL[編集]

セラミドの中でも、人の肌と同じヒト型のセラミドをキー成分として配合しているスキンケアブランド。幹細胞など植物の力を取り入れることにも着目しており、「ナチュラルサイエンス」なスキンケアをテーマにしている。 また、クレンジングいらずのミネラルメイクを販売しているので、クレンジングがラインナップされていない。

BEAUTY&NATURE[編集]

アルガンオイルをはじめとする美容オイルを主軸としたブランド。フェイスだけでなく、ヘア・ボディケア用のオイルも扱っている。

ETVOS for BABY[編集]

創業者が子供のアトピーに悩んだことがきっかけで開発されたベビー用ブランド。CERAMIDIAL同様、ヒト型セラミドやアミノ酸をキー成分としている。

脚注[編集]

関連会社ヴァーチェ

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]