エトルリア美術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エトルリアの壁画

エトルリア美術 (: Etruscan art) は、紀元前10世紀から1世紀の間に、イタリア中部のエトルリア文明によって生み出された美術。紀元前750年頃から、エトルリア人によってもたらされたギリシャの芸術の影響を強く受けたが、エトルリア美術は常に独特の特徴を持っていた。この伝統で特に強かったのは、テラコッタ彫刻壁画、特にブロンズ金属加工などであった。高い質の宝石類なども生産された[1]

現存する作品では、絵画や彫刻、金工、建築などがあり、それらの多くは地下の墳墓や聖域などで出土している。チェルベテリタルクィニア、ブルチ、ベイオなどで発見例がある。最も著名な作品としては、アレッツォのキメラなどが挙げられる。

鋳造ブロンズのエトルリア彫刻は有名で広く輸出されていたが、現在に至るまで完全な形で残っている例は比較的少数である。これは、材料の価値が高すぎたことにも関係している。テラコッタやブロンズとは対照的に、エトルリア人がカッラーラ大理石英語版を含む大理石の細かい供給源を管理していたにもかかわらず、石のエトルリア彫刻は比較的少なかった。

脚注[編集]

  1. ^ Boardman, John ed., The Oxford History of Classical Art, 1993, OUP, 0198143869

参考文献[編集]

  • Boardman, John ed., The Oxford History of Classical Art, 1993, OUP, 0198143869
  • "Grove", Cristofani, Mauri, et al. "Etruscan.", Grove Art Online, Oxford Art Online. Oxford University Press. Web. 28 Apr. 2016. Subscription required
  • Maggiani, Adriano (1985). Artistic crafts: Northern Etruria in Hellenistic Rome. Italy: Electra 
  • Ramage, Nancy H. & Andrew (2009). Roman Art: Romulus to Constantine. New Jersey: Pearson Prentice-Hall. https://archive.org/details/romanartromulust05edrama_r8s8 
  • Richter, Gisela M. A. (1940). The Metropolitan Museum of Art: Handbook of the Etruscan Collection. New York: Metropolitan Museum of Art 
  • Spivey, Nigel (1997). Etruscan Art. London: Thames and Hudson 
  • Steingräber, Stephan, Abundance of Life: Etruscan Wall Painting, 2006, J. Paul Getty Museum, Getty Publications, 0892368659, 978-0892368655, google books
  • Turfa, Jean Macintosh (2005). Catalogue of the Etruscan Gallery of the University of Pennsylvania Museum of Archaeology and Anthropology. Philadelphia: University of Pennsylvania Press 
  • “Greek and Etruscan Painting: A Giant Red-Figured Amphora and Two Etruscan Painted Terra-Cotta Plaques”. Bulletin of the Museum of Fine Arts 61 (326): 149–65. (1963). 
  • Williams, Dyfri. Masterpieces of Classical Art, 2009, British Museum Press, 9780714122540