エディブル・フラワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エディブル・フラワー: edible flower)は、植物の食材として用いること、また、食用に供せられる花のことである。食用花(しょくようか)。狭義には味ではなく食卓の彩りを目的として使用されるものを指す。広義にはブロッコリーカリフラワーのように味や栄養を目的として野菜として食用にされるものや、ボリジタイムなど香りを楽しむハーブとしても利用されているものも含む。

概要[編集]

花を食べる文化は世界中に存在する。日本でも、ふきのとう菜の花が季節の野菜になっているほか、黄色の「阿房宮(あぼうきゅう)」やピンク色の「もってのほか」というの花(食用菊)がおひたし酢の物として食べられたり、刺身つまなどに用いられたりしている。塩漬け桜湯和菓子などに使われて楽しまれている。中国ではニラ金針菜(つぼみ)が食材として、キンモクセイ砂糖漬けバラの花弁が菓子に用いられる。東南アジアなどではバナナの花サラダなどに利用される。ヨーロッパでも数百年も昔から、花が食卓の飾りだけでなく食用にされており、これが1980年代に日本で増加し始めたイタリアン・レストランでサラダなどに取り入れられ、欧州の食用花の文化が知られるようになった。

それぞれの花に独特の香りや、蜜に由来する甘みがある。無味に近い種も多く、食材として野菜ほどの普及してはいない。色鮮やかさで目を引くことが主な用途であるが、ビタミンなど栄養素を含む。よく用いられるのは上記のほか、キンレンカペチュニアキンギョソウセキチクなどである。

日本では、1967年に桜草の栽培から始めた愛知県豊橋市が、国内生産の約9割を占めるようになった。豊橋温室園芸農協がエディブルフラワー部会を設けており[1]ビオラトレニアコスモスなども栽培・出荷している[2]

現在でも人目をひくためのパーティ料理などではそれなりの需要があり、個人でも購入が可能である。ただ、鉢植えでも切り花でも、観賞用に販売されているものは、農薬や延命剤(花持ちをよくするための薬)などが使われていることがある。このため食用に販売されているものを購入するか、自分で庭やプランターで栽培したものを使った方がよい。

食べられる花の例[編集]

エディブル・フラワーは味や香りを目的にしないため、無ならどんな花でも利用できると言えるが、ここでは食用としてよく用いられる花を紹介する。英語版エディブル・フラワーの一覧List of edible flowersも参照。

キンレンカを使ったサラダ

脚注・出典[編集]

  1. ^ エディブルフラワー豊橋温室園芸農協(2018年4月30日閲覧)
  2. ^ 【仰天ゴハン】エディブルフラワー(愛知県豊橋市)「私を食べて」花のスイーツ『読売新聞』日曜版(2018年4月22日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]