エディット・ピヒト=アクセンフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エディット・ピヒト=アクセンフェルトEdith Picht-Axenfeld1914年1月1日 フライブルク2001年4月19日 ヒンターツァルテン)は、ドイツチェンバロ奏者・ピアニスト。特にヨハン・ゼバスティアン・バッハの演奏が知られていた。哲学者ゲオルク・ピヒトの妻でもある。

バーデン大公国フライブルク市で、フライブルク大学教授の眼科医テオドール・アクセンフェルトの子として生まれる。5歳でピアノを始め、音楽学校を卒業後、ピアノをルドルフ・ゼルキンに、オルガンヴォルフガング・アウラーアルベルト・シュバイツァーに師事した。

1935年ベルリンでデビューする。1937年に第3回ショパン国際ピアノコンクールで第6位特別賞(ショパン賞)を受賞する。1947年から1980年まで、フライブルク音楽大学で、教授を務める(ピアノと初期鍵盤音楽を担当)。その後欧米各国やアジアで広い演奏活動を展開した。また、日本好きでたびたび来日し、草津国際音楽アカデミー&フェスティバルには毎年参加した他、東久留米市聖グレゴリオの家などで演奏会も開いた。弟子に井上直幸らがいる。

2001年、フライブルク近郊の自宅で心不全のため、87歳で死去した。

チェンバロは、フレンチ・ニコラフランソワ・ブランシェによる1730年頃制作の楽器の、ウィリアム・ダウドによる復元品を使っていた。

録音[編集]

古くはドイツ・グラモフォン、晩年では日本のマイナー・レーベルであるカメラータ・トウキョウに多数の録音を残している。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮による、最初のブランデンブルク協奏曲全曲集で全曲チェンバロを担当したことはあまり知られていない。

外部リンク[編集]