エッフィギア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エッフィギアあるいはエフィギア(Effigia)は、三畳紀後期のニューメキシコに生息していた主竜類

分類上はクルロタルシ類の中のラウイスクス類に属し、ワニ類に近縁である。しかし小型獣脚類に酷似した体型を持ち、一時は恐竜だと思われていた。

恐竜類は主竜類の中の鳥頸類に属すため、分岐学上はやや遠い類縁関係になる。

体長は2メートル前後。