エッセンス&レア 82-92

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エッセンス&レア 82-92
エヴリシング・バット・ザ・ガールコンピレーション・アルバム
リリース
ジャンル ポップ
レーベル トイズファクトリー (日本)
チャート最高順位
日本の旗 52位[1]
エヴリシング・バット・ザ・ガール アルバム 年表
ワールドワイド
(1991年)
エッセンス&レア 82-92
(1992年)
ホーム・ムーヴィーズ-ザ・ベスト・オブ・エヴリシング・バット・ザ・ガール
(1993年)
テンプレートを表示

『エッセンス&レア 82-92』(原題 : Essence & Rare 82-92)は、イギリス音楽バンドであるエヴリシング・バット・ザ・ガール1992年に発表したコンピレーション・アルバムである。

概要[編集]

本作は、彼らのシングル曲やアルバム未収録曲を収録した日本独自編集盤である。

『ネイティヴ・ランド』や『もう話したくない』は海外でのシングルであったが、この時点では日本盤のオリジナル・アルバムに未収録であったため、日本でのアルバムとしては本作が初収録となった[2]

渡辺満里奈がライナーノーツを執筆している。

楽曲[編集]

本作には、以下のカヴァー曲が収録されている。

この時点では、『もう話したくない』は彼ら最大のヒットシングル(全英3位[3])であった。

(その後、1995年発表の『ミッシング (トッド・テリーREMIX)』(全英3位、全米2位[4])が彼ら最大のヒットシングルとなる。)

『ネイティヴ・ランド』では、当時ザ・スミスに在籍していたギタリストのジョニー・マーがハーモニカを演奏しており、ミュージック・ビデオにも出演している。

収録曲[編集]

  1. ミート・ミィ・イン・ザ・モーニング - Meet Me In The Morning
  2. ジーズ・アーリー・デイズ (リミックス) - These Early Days (Remix)
  3. カム・オン・ホーム (ピアノ&ヴォーカル・ヴァージョン) - Come On Home (acoustic version)
  4. ダウンタウン・トレイン - Downtown Train
  5. リヴィング・オン・ハニーカム - Living On Honeycomb
  6. イーチ・アンド・エヴリワン - Each And Every One
  7. ナイト & デイ - Night And Day
  8. オールモスト・ブルー - Almost Blue
  9. ネイティヴ・ランド - Native Land
  10. ドレイニング・ザ・バー - Draining The Bar
  11. オックスフォード・ストリート - Oxford Street
  12. もう話したくない - I Don't Want To Talk About It
  13. ドライヴィン (アコースティック・ヴァージョン) - Driving (acoustic version)
  14. テイク・ミィ (ラヴ・ミックス) - Take Me (Love Mix)
  15. トゥイン・シティーズ (ザ・グリーン・プレインズ・ア・カペラ・ミックス) - Twin Cities (The Green Plains A Cappella Mix)
  16. ノー・プレイス・ライク・ホーム - No Place Like Home
  17. オールド・フレンズ - Old Friends

脚注[編集]

  1. ^ エッセンス | エヴリシング・バット・ザ・ガール | ORICON STYLE”. オリコン. 2014年11月14日閲覧。
  2. ^ 『ネイティヴ・ランド』は1984年アメリカ編集盤の『Everything But The Girl』に、『もう話したくない』は1988年に発表されたアルバム『アイドルワイルド』のアメリカ盤に収録されていた。
  3. ^ EVERYTHING BUT THE GIRL | Artist | Official Charts
  4. ^ Amplified Heart - Everything But the Girl : Awards : AllMusic