エッジウェア・ロード駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エッジウェア・ロード駅
Edgeware Road Station
EdgwareRdHammersmith.jpg
エッジウェア・ロード駅の位置(セントラル・ロンドン内)
エッジウェア・ロード駅
エッジウェア・ロード駅
セントラル・ロンドンの地図上でのエッジウェア・ロード駅の位置
所在地

エッジウェア・ロード英語版 NW1 5DH

北緯51度31分12.57秒 西経0度10分12秒 / 北緯51.5201583度 西経0.17000度 / 51.5201583; -0.17000
行政区 シティ・オブ・ウェストミンスター
運営 ロンドン地下鉄
路線 サークル線
ディストリクト線
ハマースミス&シティー線
駅構造 地下駅
ホーム数 4
ゾーン 1
改札外乗換 メリルボーン駅 [1]
地下鉄年間乗降員数
2005 5.224百万人
2006 6.043百万人
2007 5.993百万人[2]
2008 6.040百万人[2]
2009 6.800百万人[2]
2010 5.890百万人[2]
2011 5.94百万人[2]
歴史
1863年 開業
WGS84 北緯51度31分12秒 西経0度10分12秒 / 北緯51.520度 西経0.17度 / 51.520; -0.17座標: 北緯51度31分12秒 西経0度10分12秒 / 北緯51.520度 西経0.17度 / 51.520; -0.17
テンプレートを表示

エッジウェア・ロード駅英語: Edgware Road station)は、ロンドンエッジウェア・ロード英語版にあるロンドン地下鉄サークル線ディストリクト線ハマースミス&シティー線である。

ベーカール線のエッジウェア・ロード駅は、メリルボーン・ロード英語版を挟んで150メートル離れている。トラベルカード・ゾーンは1英語版に属している。

よくノース・ロンドンにある エッジウェア駅と混同される。

歴史[編集]

当駅は1863年1月10日メトロポリタン鉄道パディントンファリンドン間の開通に伴って開業した駅であり、世界で初めて開業した地下鉄の一部でもある。

2005年7月7日、当駅を含む3ヶ所の駅とバス3台が爆破されたロンドン同時爆破事件が起きた。容疑者の一人であるモハメド・サディク・カーンが午前8時50分頃、当駅を発車したサークル線西行き方面の列車内で爆弾を爆発させた。このテロによって6人の乗客が当駅で死亡した。

2011年に放映されたNew Tricksシーズン8のEnd of the Lineで当駅が使用された[3]

バス路線[編集]

ロンドンバスの18、27、205、系統と深夜バスのN18、N205系統が当駅の周辺から発着する[4]

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
サークル線
パディントン駅 - エッジウェア・ロード駅 - ベイカー・ストリート駅 または 終点
ディストリクト線
エッジウェア・ロード支線
パディントン駅 - エッジウェア・ロード駅
ハマースミス&シティー線
パディントン駅 - エッジウェア・ロード駅 - ベイカー・ストリート駅

脚注[編集]

  1. ^ Out of Station Interchanges (Microsoft Excel)”. ロンドン交通局 (2011年5月). 2012年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e Multi-year station entry-and-exit figures (XLS)”. London Underground station passenger usage data. ロンドン交通局 (2014年). 2015年3月31日閲覧。
  3. ^ "End of the Line". 8. BBC, London. 2011年7月11日放送.
  4. ^ Edgware Road Station / Bakerloo Line”. ロンドン交通局. 2016年10月15日閲覧。

関連項目[編集]