エッシェンモーザー・タナベ開裂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エッシェンモーザー・タナベ開裂(エッシェンモーザー・タナベかいれつ)とは、有機反応のひとつで、下式のように α,β-エポキシケトン 1 にスルホニルヒドラジド 2 を作用させ、アルキン 3アルデヒドまたはケトン 4 とに分解させる手法である。エッシェンモーザー開裂とも呼ばれる[1]

エッシェンモーザー・タナベ開裂

この反応は1967年、チューリッヒ工科大学のアルバート・エッシェンモーザーら、スタンフォード研究所のマサト・タナベらの研究グループからそれぞれ別々に報告が行われた[2][3][4]

(ほかの例[5][6]

反応機構[編集]

エッシェンモーザー・タナベ開裂の反応機構を示す。

エッシェンモーザー・タナベ開裂の機構

エッシェンモーザー・タナベ開裂ではまず、α,β-エポキシケトン 1 とスルホニルヒドラジド 2 とが縮合してヒドラゾン 3 となる。プロトンが転位して中間体 4 となった後、スルフィン酸 5 と窒素分子の脱離とともに、生成物のアルキン 6 とカルボニル化合物 7 が生成する。

ヒドラゾン 3 から 4 へのプロトンの転位は、ピリジン炭酸水素ナトリウム炭酸ナトリウムシリカゲルなどで促進される。

参考文献[編集]

  1. ^ 総説: Felix, D.; Schreiber, J.; Ohloff, G.; Eschenmoser, A. Helv. Chim. Acta 1971, 54, 2896-2912. DOI: 10.1002/hlca.19710540855
  2. ^ Eschenmoser, A.; Felix, D.; Ohloff, G. Helv. Chim. Acta 1967, 50, 708. DOI: 10.1002/hlca.19670500232
  3. ^ Schreiber, J., Felix, D.; Eschenmoser, A.; Winter, M.; Gautschi, F.; Schulte-Elte, K. H.; Sundt, E.; Ohloff, G.; Kalovoda, J.; Kaufmann, H.; Wieland, P.; Anner, G. Helv. Chim. Acta 1967, 50, 2101. DOI: 10.1002/hlca.19670500747
  4. ^ Tanabe, M., Crowe, D. F.; Dehn, R. L. Tetrahedron Lett. 1967, 8, 3943. DOI: 10.1016/S0040-4039(01)89757-4
  5. ^ Felix, D.; Wintner, C.; Eschenmoser, A. Org. Syn., Coll. Vol. 6, p.679 (1988); Vol. 55, p.52 (1976). [1]
  6. ^ Dai, W.; Katzenellenbogen, J. A. J. Org. Chem. 1993, 58, 1900. DOI: 10.1021/jo00059a049