エチゴビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エチゴビール』とは、新潟県新潟市西蒲区のエチゴビール株式会社が製造・販売している地ビールのブランド名である。日本の地ビールの第1号。

エチゴビール缶

概要[編集]

元は日本酒の越後鶴亀[1]で有名な上原酒造株式会社[2]1994年酒税法改正を受け、ビール醸造免許を取得して製造し始めた日本で第1号[3]。の地ビール。

製造会社の変遷[編集]

2000年、上原酒造がビール部門を分社化し、同じ新潟県の大手菓子メーカーであるブルボンの支援を受けエチゴビール株式会社を設立。

2007年10月1日、エチゴビール株式会社はキリンビール株式会社の企業内ベンチャーで地ビール醸造を手掛ける株式会社ビアスタイル21(2002年7月設立)の全株式をキリンホールディングスより取得。ビアスタイル21の主力商品である「GARGERY」の製造を委託されている[4]

2010年3月、ブルボンが経営破綻直前の上原酒造からエチゴビール株式会社の全株式を取得[5]、完全子会社化し現在に至る。

ビール[編集]

無濾過ビール[編集]

濾過ビール[編集]

かつて販売されていたビール[編集]

  • ビアブロンド(濾過)
    エール酵母とアロマホップを調合した飲み口のさわやかなビール。
  • 90デイズ・スタウト(濾過)
    45~90日熟成させたスタウトビール。通常の1.3倍の麦芽を使用している。
  • プレミアムレッドエール(濾過)
    15周年を記念して2010年2月から発売されたアメリカ産の「アマリロ」というホップを使用したビール。
  • アンバーエール(無濾過)

ロゴ[編集]

ビールグラスを持つヤギは、上原酒造の五代目・上原誠一郎の妻であるドイツ人画家アンティエ・グメルスによってデザインされた。

ドイツ発祥のボックビールには雄ヤギラベルデザインにデザインされている事が多く、飲むと雄ヤギのように元気になる、と言われている。

関連施設[編集]

エチゴビール ブルーパブ[編集]

新潟県新潟市西蒲区福井にかつて存在し、醸造プラントとパブが複合した、出来たてのビールが飲めるビアレストラン。飲み放題のコースもあった。冬季(10~3月)は休業となっていた。

最盛期には観光バスが立ち寄るほどの観光名所であったが[6]、上原酒造の経営破綻、ブルボンの完全子会社化後に閉鎖された。

エチゴビール 新潟万代店 Blume(ブルーメ)[編集]

新潟市万代のコズミックスビルにかつて存在したプルーパブの姉妹店[7]

脚注[編集]

  1. ^ 越後鶴亀”. 2016年9月19日閲覧。
  2. ^ 2010年7月29日に経営破綻。詳細は「越後鶴亀の上原酒造㈱/民事再生申請」参照。
  3. ^ ビールの図鑑((株式会社マイナビ)2013p148
  4. ^ FAQ|プレミアムビール「GARGERY」”. 株式会社ビアスタイル21. 2016年9月19日閲覧。
  5. ^ “エチゴビール、自社ブランド商品を強化 ブルボン通じ販売”. 日本経済新聞. (2010年10月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB1402Z_U0A011C1L21000/ 2016年9月19日閲覧。 
  6. ^ エチゴビール民事再生 県内地ビール淘汰進”. 上越タウンジャーナル(株式会社デジコロ) (2010年5月30日). 2016年9月19日閲覧。
  7. ^ エチゴビールブルーパブ(施設案内)”. 日本マイクロブルーワーズ協会. 2016年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]