エセル・ムタリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エセル・ムタリカ
生誕 1944年
死没 2007年5月28日(2007-05-28)(63歳)
リロングウェ
職業 大統領夫人
任期 2004年5月24日 - 2007年5月28日
配偶者 ビング・ワ・ムタリカ (37年間)
子供 4人

エセル・ムタリカ(Ethel Mutharika、1944年頃 - 2007年5月28日)は、マラウイ大統領であるビング・ワ・ムタリカの妻でファーストレディ篤志家としても知られた。

概要[編集]

ムタリカは元々南ローデシア(現在のジンバブエ)の出身であった。ビング・ワ・ムタリカと結婚したのち、2007年に死ぬまで37年の間ムタリカと連れ添い、四人の子供を生み育てた。また、慈善活動家としても知られており、マラウイの貧しい人々を救済するためのエセル・ムタリカ財団を設立した。

ムタリカは、リロングウェの病院でガンによる長い闘病生活の末に63歳で死亡した。ムタリカがマラウイや南アフリカ共和国フランス、その他ヨーロッパアジアの数カ国でガンの治療を受けていたことが明らかとなったのは死後になってからであった。

ムタリカの葬儀国葬として公式に行われた。その後、遺体はリロングウェにある州会議事堂に置かれ、6月2日にムズズへと移された後、さらに6月5日にはブランタイヤへと移動した。その後、夫であるビング・ワ・ムタリカが所有するチョロ県の農園にて葬儀が営まれた。

外部リンク[編集]