エズラ・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エズラ・ミラー
Ezra Miller
Ezra Miller
本名 Ezra Matthew Miller
生年月日 (1992-09-30) 1992年9月30日(24歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州バーゲン郡ワイコフ英語版
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビ
活動期間 2008年 -
主な作品
少年は残酷な弓を射る
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

エズラ・マシュー・ミラー (Ezra Matthew Miller[1]1992年9月30日 - ) は、アメリカ合衆国俳優

生い立ち[編集]

ニュージャージー州バーゲン郡ワイコフ英語版生まれ[2][3]。出版社の役員を務める父とダンサーの母、2人の姉を持つ[4][5][6]。ユダヤ系の名前とユダヤ人の父を持ち、自身をユダヤ人と認識する[7][8]

6歳から始めたオペラ歌手としての訓練によって吃音症を克服した[6][9][10]。オペラ歌手として、メトロポリタン歌劇場フィリップ・グラスのオペラ『White Raven』の米国初公演などの舞台に立った[9][10]ハドソン高校英語版に通い、16歳のときに中退した[11]

キャリア[編集]

2008年の映画『Afterschool』への主演により俳優としてのキャリアを開始。タイトル・ロールの少年を演じたライオネル・シュライヴァーの小説のリン・ラムジー監督・脚本による映画化『少年は残酷な弓を射る』は2011年のカンヌ国際映画祭で上映され、絶大な賛辞を集めた[12]

2012年、スティーヴン・シュボースキー英語版の小説『ウォールフラワー』の著者自身の監督による映画化『ウォールフラワー』でローガン・ラーマンエマ・ワトソンと共演。主人公を救うゲイの少年パトリックを演じた。ミラーは少年時代、原作小説を読んで魅せられていたという[13]

2012年秋には、出演する『ボヴァリー夫人』の映画化の撮影がヨーロッパで予定されている[14]

私生活[編集]

2012年8月、ミラーは雑誌『Out』のインタビューで自身を「クィア」と表現し、「多様な性やジェンダーの素晴らしい友人をたくさん持っている。特定の誰かと恋愛関係にあるわけではない」と語った[10]。2012年9月のインタビューでは「自分を表現する方法としてゲイは選ばない。惹かれたことがある人のほとんどは女性だが、多くの人と一緒になったし、愛が見つかればどこでもそれを受け入れる」と語っている[15]。また2012年1月には「青年期の初期には多くの『ハッピー・エンドのお泊り』を体験した」「ゲイ的な時間を過ごしたことのない人はおそらく人生の現実に対峙することを避けようとしている」と語っている[16]

2011年6月28日、『ウォールフラワー』の撮影中だったペンシルベニア州ピッツバーグで停止中の車の前部座席で喫煙行為を警官に発見され、20グラムのマリファナを所持していたために逮捕された。運転はしていなかった[1]。この容疑はのちに裁判所によって免訴されたが、治安紊乱行為をはたらいたとして600ドルの罰金を科せられた[17]。ミラーはのちに「自分がポットを吸う事実を隠す必要を感じない。(大麻は) 感性を高める無害な薬物だ」とコメントしている[11]

2012年8月11日、ニューヨークのウィリアムズバーグ橋でミラーを乗せたタクシーが消防車に追突された。ミラーは負傷したが、治療は受けなかった[18]

ニューヨークのバンド Sons of an Illustrious Father でドラムスとボーカルを担当する[19][20]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
2008 Afterschool ロバート
2009 City Island ヴィンス・Jr
2010 Every Day ジョナ
Beware the Gonzo エディ・"ゴンゾ"・ギルマン
2011 アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち
Another Happy Day
エリオット
少年は残酷な弓を射る
We Need to Talk About Kevin
ケヴィン
2012 ウォールフラワー
The Perks of Being a Wallflower
パトリック
2014 ボヴァリー夫人
Madame Bovary
レオン・ドゥピュイ
2016 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Batman v Superman: Dawn of Justice
バリー・アレン / フラッシュ カメオ出演
スーサイド・スクワッド
Suicide Squad
バリー・アレン / フラッシュ カメオ出演
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
Fantastic Beasts and Where to Find Them
クリーデンス・ベアボーン
2017 ジャスティス・リーグ
Justice League
バリー・アレン / フラッシュ
2018 The Flash バリー・アレン / フラッシュ

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考
2008 カリフォルニケーション
Californication
ダミアン 5エピソード
2009 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
イーサン・モース 第10シーズン第20話「未熟な愛」
2009 - 2010 救命医ハンク セレブ診療ファイル
Royal Pains
タッカー・ブライアント 5エピソード

参考文献[編集]

  1. ^ a b “'Wallflower' actor faces drug chages”. Pittsburgh Tribune. (2011年6月25日). http://www.pittsburghlive.com/x/pittsburghtrib/news/regional/s_743898.html 2011年11月6日閲覧。 
  2. ^ Beckerman, Jim; Rohan, Virginia; staff writers (2012年1月25日). “Our picks for Oscar's top honors”. The Record (North Jersey Media Group). http://www.northjersey.com/arts_entertainment/138023858_Our_picks_for_Oscar_s_top_honors.html 2012年8月20日閲覧。 
  3. ^ Lamble, David (2012年3月1日). “We need to talk about Ezra Miller”. The Bay Area Reporter (Benro Enterprises). http://www.ebar.com/arts/art_article.php?sec=film&article=976 2012年8月20日閲覧。 
  4. ^ Yuan, Jada (2012年1月8日). “We Need to Talk About Ezra”. New York Magazine (New York Media). http://nymag.com/movies/features/ezra-miller-2012-1/ 2012年8月20日閲覧。 
  5. ^ “Walt Disney Company to Reorganise Publishing Business: Disney Publishing, Worldwide and Hyperion”. PR Newswire (Disney Publishing). (1999年4月12日). http://www.prnewswire.co.uk/news-releases/walt-disney-company-to-reorganise-publishing-business-disney-publishing-worldwide-and-hyperion-156238945.html 2012年8月20日閲覧。 
  6. ^ a b Bosworth, Kate (2011年). “Ezra Miller”. Interview (Brant Publications). http://www.interviewmagazine.com/film/ezra-miller/ 2012年8月20日閲覧。 
  7. ^ Lamble, David (2011年12月8日). “Family estrangement”. The Bay Area Reporter (Benro Enterprises). http://www.ebar.com/arts/art_article.php?sec=film&article=946 2012年8月20日閲覧。 
  8. ^ יובל‎, סער‎ (2012年1月19日). עזרא בדרך‎” (ヘブライ語). ハアレツ. http://www.haaretz.co.il/magazine/1.1620442 2012年8月20日閲覧。 
  9. ^ a b VanAirsdale, S.T. (2010年4月26日). “The Verge: Ezra Miller”. Movieline. PMC. 2011年11月6日閲覧。
  10. ^ a b c Krochmal, Shana Naomi (2012年8月15日). “Lost & Found”. Out (Here Media). http://www.out.com/entertainment/movies/2012/08/15/perks-wallflower-ezra-miller-logan-lerman-johnny-simmons?page=0,2 2012年8月20日閲覧。 
  11. ^ a b Yuan, Jada (2012年1月8日). “We Need to Talk About Ezra”. New York Magazine (New York Media). http://nymag.com/movies/features/ezra-miller-2012-1/index1.html 2012年8月20日閲覧。 
  12. ^ Bamigboye, Baz (2011年5月13日). “BAZ BAMIGBOYE: 'I'm too old to be a lothario', says Jude Law”. Mail Online (デイリー・メール). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1386542/BAZ-BAMIGBOYE-Im-old-lothario-says-Jude-Law.html 2011年11月6日閲覧。 
  13. ^ Krochmal, Shana Naomi (2012年8月15日). “Lost & Found”. Out (Here Media). http://www.out.com/entertainment/movies/2012/08/15/perks-wallflower-ezra-miller-logan-lerman-johnny-simmons 2012年8月20日閲覧。 
  14. ^ Sneider, Jeff (2012年5月10日). “Ezra Miller joins 'Bovary' cast”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118053844 2012年8月20日閲覧。 
  15. ^ Stern, Marlow (2012年9月18日). “Ezra Miller on ‘Perks of Being a Wallflower,’ Being Bisexual & More”. The Daily Beast (The Newsweek/Daily Beast Company). http://www.thedailybeast.com/articles/2012/09/18/ezra-miller-on-perks-of-being-a-wallflower-being-bisexual-more.html 2012年10月17日閲覧。 
  16. ^ Ferber, Lawrence (2012年1月16日). “Ezra Miller Says He Has Had Gay Moments”. Next Magazine. http://www.nextmagazine.com/content/ezra-miller-says-he-has-had-gay-moments 2012年8月20日閲覧。 
  17. ^ “Ezra Miller Cleared On Drug Charge”. Contactmusic. (2011年7月5日). http://www.contactmusic.com/news/ezra-miller-cleared-on-drug-charge_1231177 2011年11月6日閲覧。 
  18. ^ “Narrow escape”. ニューヨーク・ポスト. (2012年8月16日). http://www.nypost.com/p/pagesix/narrow_escape_37RAq03RcSra8M4OmxfuuN 2012年8月20日閲覧。 
  19. ^ Woodward, Adam (2011年10月19日). “Ezra Miller interview”. Little White Lies. The Church of London. 2011年11月6日閲覧。
  20. ^ SONS”. Sons of an Illustrious Father. 2011年11月6日閲覧。

外部リンク[編集]