エストゥレソル太陽熱発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エストゥレソル太陽熱発電所(エストゥレソルたいようねつはつでんしょ)は、スペインエストレマドゥーラ州バダホス県トーレ・デ・ミゲル・セスメーロスペイン語版に設置されている太陽光熱発電所である。1号機は2009年2月25日に操業を開始した。

名称の由来[編集]

施設名の「Extresol」とは、バダホス県が属している「エストレマドゥーラ州(Extremadura)と、太陽を意味するスペイン語「sol」を組み合わせた造語である[注釈 1]

設備[編集]

エストゥレソル太陽熱発電所の敷地面積は約6 km2であり、この中に3つの独立した発電設備を持つ。いずれも集光方式はパラボラトラフ式英語版である。蓄熱設備も擁しており、昼間に溶融塩へと熱を溜めておけるようになっている [1] 。 なお、3基の合計の定格出力は約150 MWである。ただし、これはスペインの法律上の規制で、1基当たりの出力が50 MWに制限されていることによる。

1号機[編集]

1号機の建設費は約300万ユーロであり、2009年2月25日に運転を開始した [2] 。 定格出力は50 MWである [3]

2号機[編集]

定格出力は50 MWである [4]

3号機[編集]

定格出力は50 MWである [5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Extresolの「x」のように子音の前にある「x」は、スペイン本土の場合、通常は「ks」とは発音せずに「s」とのみ発音する。

出典[編集]

  1. ^ Extresol”. Estela Solar. 2010年2月25日閲覧。
  2. ^ Inaugurada Extresol-I, la primera termoeléctrica de ACS en Extremadura” (Spanish). Energías-Renovables.com. 2010年2月25日閲覧。
  3. ^ Extresol-1アメリカ合衆国再生可能エネルギー研究所/NREL)
  4. ^ Extresol-2アメリカ合衆国再生可能エネルギー研究所/NREL)
  5. ^ Extresol-3アメリカ合衆国再生可能エネルギー研究所/NREL)

座標: 北緯38度39分 西経6度44分 / 北緯38.650度 西経6.733度 / 38.650; -6.733