エステル (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Estelle
Estelle Swaray.jpg
Estelle 2008年
生誕Estelle Fanta Swaray
エステル・スワレイ

(1980-01-18) 1980年1月18日(41歳)
イングランドの旗 イングランド 西ロンドンハマースミス
市民権イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
職業
  • 歌手
  • ソングライター
  • ラッパー
  • 音楽プロデューサー
  • 女優
活動期間2000年 –
公式サイトestelledarlings.com
音楽家経歴
ジャンル
担当楽器 ヴォーカル
レーベル
共同作業者

エステルEstelle、本名:Estelle Fanta Swaray、1980年1月18日 - )は、グラミー賞ノミネート歴を持つイギリス歌手ラッパーソングライター音楽プロデューサー[4][5]第51回グラミー賞の最優秀歌曲賞のほか[6]、イギリスのブラック・ミュージックの祭典MOBOアワードを含む複数の賞の受賞歴を持っている[7]。2008年リリースのアルバム『シャイン』からのシングル「アメリカン・ボーイ」が大ヒット。出世曲となった。

生い立ち[編集]

エステルは、1980年にセネガルで生まれた。家族構成は、シエラレオネ育ちの母親、グレナダ出身の父親、そして9人兄妹の11人家族で、そのような中でエステルは育った。一時期家庭でゴスペルのみを聴かされていたエステルは、それに反発するように小さなラジオを枕の下に隠し持ち、ラジオを通して様々なジャンルの音楽を聴いたという。また教会でも歌を歌っていた[4]

音楽活動[編集]

2004年: The 18th Day[編集]

デビュー前、2003年にミックステープを発表。2004年に自身の誕生日(1月)18日から名付けたアルバム『The 18th Day』でV2レコードからデビュー。このアルバムはイギリスでは発売されたものの、エステルが願っていたアメリカ合衆国での発売は叶わなかった[4]。アルバムからのシングル「1980」、「Free」の2曲はUKチャートトップ20入りのヒットを記録した。また、MOBOアワードにも選出された。しかし作風やプロモーションなどの面でレーベルや周りの人間と対立し、レーベルを離脱することになった[4]

2008年-2009年: シャイン[編集]

その後、エステルは『The 18th Day』収録曲「Hey Girl」に参加していたジョン・レジェンドに音楽面でのサポートを受け、ジョンが立ち上げたレーベル"ホームスクール・レコード"の第1弾アーティストとして契約[8]。また、ジョンをエグゼクティヴ・プロデューサーに迎え、アルバムの製作を開始した。2008年にはウィル・アイ・アムワイクリフ・ジョンマーク・ロンソンスウィズ・ビーツジャック・スプラッシュといった面々を迎えて製作したアルバム『シャイン』を完成させた[4]。アルバムからのセカンド・シングル「アメリカン・ボーイ」は客演にカニエ・ウエストを迎えた楽曲で、この楽曲はUKシングル・チャートで5週連続1位[8]、アメリカ合衆国の総合シングルチャートであるBillboard Hot 100でもロング・ヒットし、最高位9位を記録した。この楽曲では、グラミー賞での最優秀歌曲賞を始め、様々な音楽賞で受賞・ノミネートされた[6]

2008年12月には、新作のレコーディングを始めたことが明らかになっている[9]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム

  • The 18th Day (2004年)
  • Shine (2008年)
  • All of Me (2012年)
  • True Romance (2015年)
  • Lovers Rock (2018年)

フィルモグラフィ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Estelle on Twitter: "You’re right also - i emigrated which means, I am a citizen. I have Voted. You clearly don’t go here ( my page or timeline) so you can sit someplace else off my timeline. also - Grammar is important.”. Twitter. 2020年10月23日閲覧。
  2. ^ Case, Wesley (2012年2月21日). “Estelle interview: R&B singer/rapper discusses heartbreak, working with Chris Brown”. Tribune Publishing. 2016年7月9日閲覧。
  3. ^ Egere-Cooper, Matilda (2007年12月7日). “Estelle: Britain's hip-hop queen is making her second bid for power”. The Independent. 2016年7月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e 林剛 (2008年7月3日). “ジョン・レジェンドも惚れ込んだ才能の輝き……ロンドンのストリートに育まれたタフでソウルフルな黒い宝石が、いよいよ世界へ向けて誇り高き光を放つ!”. Bounce.com. タワーレコード. 2009年2月6日閲覧。
  5. ^ Estelle / エステル プロフィール ワーナーミュージック・ジャパン 2009年2月6日閲覧.
  6. ^ a b “グラミー賞 カニエ&エステル、マイリー・サイラスらの出演決定”. MTV News (MTVジャパン): pp. pp.1. (2009年2月4日). http://www.mtvjapan.com/news/music/15172/1/ 2009年2月6日閲覧。 
  7. ^ Ako, Suzuki (2008年9月12日). “MOBOアワーズ、ノミネート発表”. BARKS (ソフトバンククリエイティブ). http://www.barks.jp/news/?id=1000043323 2009年2月6日閲覧。 
  8. ^ a b “ロンドン出身のニューカマー、エステルが日本上陸”. MTV News (MTVジャパン): pp. pp.1. (2008年6月19日). http://www.mtvjapan.com/news/music/13444/1/ 2009年2月6日閲覧。 
  9. ^ “グラミー候補エステル、次作は「過激」?”. notrax.news (notrax). (2008年12月15日). http://notrax.jp/news/detail/0000005810.html 2009年2月6日閲覧。 

外部リンク[編集]