エステラ・ウォーレンの知られたくない私のヒ・ミ・ツ ヴァージン・ラプソディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エステラ・ウォーレンの知られたくない私のヒ・ミ・ツ ヴァージン・ラプソディー
Her Minor Thing
監督 チャールズ・マッソー
脚本 ジム・メイヤース
デブラ・メイヤース
製作 ジム・メイヤース
デブラ・メイヤース
Heather Simpson
Vikki Wagner
出演者 エステラ・ウォーレン
クリスチャン・ケイン
マイケル・ウェザリー
音楽 Todd Holden Capps
撮影 John J. Connor
編集 Jessica Congdon
配給 ファースト・ルック・スタジオ
製作国 アメリカ
言語 英語
テンプレートを表示

エステラ・ウォーレンの知られたくない私のヒ・ミ・ツ ヴァージン・ラプソディー(原題:Her Minor Thing)は、チャールズ・マッソーが監督を務めた、2005年に発売されたロマンティック・コメディである[1]

あらすじ[編集]

25歳のキャリアウーマンであるジーナ(エステラ・ウォーレン)には、TVキャスターであるトム(マイケル・ウェザリー)という彼氏がいた。2人でのクルーズ旅行を控え、一見すると順風満帆だったが、トムは体の関係を拒み続け処女を守るジーナに不満を募らせていた。

自分の彼女がヴァージンであるということを自慢したくなったトムは、リハーサル中にカメラマンのポール(クリスチャン・ケイン)に自分の彼女が25歳でヴァージンであることを暴露する。しかし、その時実はスイッチャーの悪戯によりオンエアされており、ジーナの秘密はTVで生放送されてしまった。

その日を境にジーナは一躍時の人になる。サクラメント中で顔が知られたため、マスコミに追われる日々が続くが、ひょんなことから素朴なカメラマンであり、トムの同僚でもあるポールと出会う。ジーナは彼があの生放送に関わったカメラマンだと知らず、またポールも彼女が噂のヴァージンだとは気づかず惹かれ合っていく。

一方、生放送での暴露事件は、フェミニズム運動に発展するほど大きくなっていった。この騒動を終わらせたいジーナはTVに出演し「ただ運命の人を探しているだけ」と自らの考えを述べたが、このことによってその番組を見ていたポールは彼女が噂のヴァージンで、トムの彼女であるということに気づいてしまう。しかし、彼はジーナを傷つけたくない一心で知らないふりを続け、プラトニックだったにせよ一晩を彼女と過ごす。

翌日、ジーナとポールの2人が一緒に写真を撮っているところにトムが通りかかり、ヴァージンを奪われたと勘違いをしたトムはポールと喧嘩になった。また、トムから自分がヴァージンであることをポールは知っていたことを教えられたジーナはショックを受ける。クルーズ旅行に行く日だったはずの前夜、トムがジーナの前に現れ、クルーズチケットを手に持ってプロポーズをする。彼女はクルーズに一緒に乗ることを決めたが、その途中で邪魔に遭い・・・。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]