エスタディオ・クアウテモック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスタディオ・クアウテモック
12012008067.jpg
施設情報
所在地 メキシコの旗 プエブラ州プエブラ, イグナシオ・サラゴサ通
位置 北緯19度04分41秒 西経98度09分52秒 / 北緯19.07806度 西経98.16444度 / 19.07806; -98.16444座標: 北緯19度04分41秒 西経98度09分52秒 / 北緯19.07806度 西経98.16444度 / 19.07806; -98.16444
開場 1968年10月8日
拡張 1985年
所有者 プエブラ州
運用者 プエブラFC
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設者 Pedro Ramírez Vázquez
使用チーム、大会
プエブラFC (プリメーラ・ディビシオン)
メキシコシティオリンピック
1970 FIFAワールドカップ
1986 FIFAワールドカップ
1983 FIFAワールドユース選手権
2008 CONCACAF U-20女子選手権
CONCACAF U-20選手権2013
収容能力
42,649

エスタディオ・クアウテモック(スペイン語: Estadio Cuauhtémoc)は、メキシコプエブラ州の州都プエブラにある球技専用スタジアムである。

概要[編集]

1968年に、メキシコシティオリンピックのサッカー会場の一つとして、エスタディオ・アステカの設計も務めたペドロ・ラミレス・バスケス英語版によって建設された。当初の収容人数は10,000人だったが、1985年に翌年のFIFAワールドカップに向けて改修工事が行われ、現在の収容人数は42,649人となっている[1]。スタジアム名はアステカ第11代国王であり、メキシコの国民的英雄であるクアウテモックに由来する。

主にサッカーの試合に用いられ、プリメーラ・ディビシオンに所属するプエブラFCがホームスタジアムとして使用している。

前述の通り、メキシコシティオリンピックのサッカー競技において使用されており、同オリンピックで銅メダルを獲得した日本代表は第1戦のナイジェリア戦と第2戦のブラジル戦を当スタジアムで戦っている。また、自国開催となった1970 FIFAワールドカップ1986 FIFAワールドカップではグループリーグや決勝トーナメントの会場として利用されている。

その他にも、1983年には1983 FIFAワールドユース選手権の会場として、2008年にはメキシコで開催された2008 CONCACAF U-20女子選手権の会場として使用された。

2012年、プエブラ州はCONCACAF U-20選手権の開催地となることが決定し、エスタディオ・クアウテモックはエスタディオ・オリンピコ・デ・CU英語版とともに2月18日から3月2日まで開催された大会の会場として利用された。この際、大会前の点検で新たな電光掲示板と2つ以上のロッカールームを含む改修工事が必要であると判断され、1月18日、プエブラFCの会長は2013年の夏にスタジアムの改修工事を開始すると発表した。改修後のスタジアムの収容人数は46,000~53,000人で、新たにレストラン、クラブミュージアム、クラブ公式ショップや様々なアウトレット店が設置される予定である。

交通アクセス[編集]

野球場のパルケ・エルマーノス・セルダンが隣接している。プエブラの主要道路であるメヒコ=プエブラ道路に面しているためアクセスは容易。プエブラ国際空港からはタクシーで約10分。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]