エスケイプ/アブセント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エスケイプ/アブセント』とは絲山秋子の小説である。

あらすじ[編集]

エスケイプ[編集]

正臣は、40歳にして左翼運動から足を洗い、仙台の実家の託児所を手伝おうとしている。それまでの間、ちょっと時間が空いたので、ふらりと京都を訪れる。京都のレコード屋で、自分が昔好きだったミュージシャンの、まだ聴いていないアルバムを探していると、神父の僧服を着たベンジャミンという怪しげなフランス人が、それを手にしていた。正臣は、ベンジャミンと、彼の教会を訪れて一緒にそれを聴く約束をして別れる。そして、ホモである正臣は、ある店で相手を漁る。事態は思わぬ展開に…

アブセント[編集]

福岡の書店員(バイト)である和臣は、ある女と同棲していて、そろそろ身を固めようとしていたが、躊躇いもあった。そんな時、京大時代の友人とバッタリ会う。彼は大学教員になっていた。その後、その教員から、ほかの同窓生が事故死したと聞かされる。彼に金を借りたままだった和臣は、彼の住む滋賀を訪れる。

文庫版解説者[編集]

高橋源一郎

関連項目[編集]

  • 田中和生:『ばかもの』文庫版の解説で、この作品を「女流作家が日本近代文学史上初めて他者としての男性を一人称で書いた小説」として挙げていた。