エジプト共産党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エジプト共産党は、エジプトの共産主義党派の一つである。

概要[編集]

この党派はかつてのエジプト共産党(1958)のメンバーによって1975年に成立した共産主義政党である。指導者はサラ・アドリである。[1]

エジプト共産党はムバラク政権下で徹底的に弾圧されてきた。しかしながら地下活動を続け2011年のエジプト民衆革命では、政権側の虐殺、投獄にもかかわらず多数の労働者を動員させることに成功した。[2][3]

2011年5月10日には革命社会主義者エジプト社会党労働者民主党社会民衆連合党と共に政党連合「社会主義勢力同盟」を結成した。[4]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.alarabiya.net/articles/2011/05/01/147415.html
  2. ^ Communist Party of Egypt resumes open political activities”. Links International Journal of Socialist Renewal. 2011年4月28日閲覧。
  3. ^ In solidarity with heroic struggle of the Egyptian people”. Communist Party of Australia (2011年2月9日). 2011年4月28日閲覧。
  4. ^ Five socialist parties unite to impact Egyptian politics”. Ahram Online (2011年5月11日). 2011年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]