エサンベ鼻北小島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エサンベ鼻北小島
座標 北緯45度20分5.9秒 東経142度10分52.9秒 / 北緯45.334972度 東経142.181361度 / 45.334972; 142.181361座標: 北緯45度20分5.9秒 東経142度10分52.9秒 / 北緯45.334972度 東経142.181361度 / 45.334972; 142.181361
最高標高 1.4 m
所在海域 オホーツク海
所属国・地域 日本の旗 日本 北海道
地図
エサンベ鼻北小島の位置(北海道内)
エサンベ鼻北小島
エサンベ鼻北小島の位置(日本内)
エサンベ鼻北小島
テンプレートを表示
地図

エサンベ鼻北小島(エサンベはなきたこじま)は、北海道猿払村の沖合およそ500 mにあるとされる無人島である[1][2]

概要[編集]

1987年昭和62年)の測量では平均海面から1.4 mの高さがあり、この測量に基づき海図国土地理院の地図に記載された[1][2][3]。2009年に総合海洋政策本部が策定した「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に則り、2014年日本領海の基点になる離島として名前が付けられた158の無人島の一つである[1][2][3][4]

島の消失[編集]

2018年10月上旬に地元住民から「見当たらなくなっている」と海上保安庁第1管区海上保安本部に情報が寄せられた。海上保安本部の担当者によれば、波や流氷による浸食を受け海上部分がなくなった可能性があるという[1][2][3][5][6]。今後、第1管区海上保安本部が詳細な調査を行う[3]。漁業者は岩礁を想定し迂回して航行している[3]

位置[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]