エサンベ鼻北小島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エサンベ鼻北小島
所在地 日本の旗 日本 北海道
所在海域 オホーツク海
座標 北緯45度20分5.9秒 東経142度10分52.9秒 / 北緯45.334972度 東経142.181361度 / 45.334972; 142.181361座標: 北緯45度20分5.9秒 東経142度10分52.9秒 / 北緯45.334972度 東経142.181361度 / 45.334972; 142.181361
最高標高 1.4 m
エサンベ鼻北小島の位置(北海道内)
エサンベ鼻北小島
エサンベ鼻北小島の位置(日本内)
エサンベ鼻北小島
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

エサンベ鼻北小島(エサンベはなきたこじま)は、北海道猿払村の沖合およそ500 mにあった無人島である[1][2][3][4]

概要[編集]

1987年昭和62年)の測量では平均海面から1.4 mの高さがあり、この測量に基づき海図国土地理院の地図に記載された[1][2][5]。2009年に総合海洋政策本部が策定した「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に則り、2014年日本領海の基点になる離島として名前が付けられた158の無人島の一つである[1][2][5][6]

島の消失[編集]

2018年9月1日に『秘島図鑑』の著者・清水浩史が取材のため現地へ赴いたが、島を見つけることができなかったという[2]。10月上旬に地元住民から「見当たらなくなっている」と海上保安庁第1管区海上保安本部に情報が寄せられ、海上保安本部の担当者によれば、波や流氷による浸食を受け海上部分がなくなった可能性があるとしている[1][2][5][7][8]

昭和50年代頃には小さな島が存在していたと話す漁業者もおり、漁船で用いられるGPSシステムに表示されることから、島の存在を知らない漁業者は海中にある岩礁だと思って迂回していたという[2]。「30数年〜40年くらい前」には「岩」が見えており、当時は海面から1mほどの高さで「3人くらい腰掛けられる程度」の大きさがあり、つるつるした滑りやすい岩肌だったという証言もある[9]

2019年5月20日から24日にかけて第1管区海上保安本部により、目視や水中音波探知機などを使った現地調査が行われた[10][11][12]。当初は、島の一部に降りての調査も計画されていたが、足場が狭く危険と判断されたため、船上からの調査となった[12]。同月28日の記者会見において、島が目視できなかったことが明らかにされた[11][13]。最終的な調査結果は7月以降の公表となる[10]。ただし観測が行われた際にも干潮時を含め水中に没していたため、低潮高地の基準を満たせず日本の領海は狭まる可能性が高いと報じられている[14]

9月24日、海上保安庁は調査の結果、「エサンベ鼻北小島は消失し、非常に水深の浅い浅瀬が存在する」と発表した[3][4]。干潮時に陸地が水面上にある低潮高地と定義できれば領海の基準となるため、海上保安庁はさらに1年以上かけて調査を行う[4]

位置[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 猿払沖の島、消えた? 1管調査へ 日本の領海狭まる可能性も”. 北海道新聞. 2018年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 斉藤寛子 (2018年10月31日). “海に消えてしまった? 北海道の小島 領海狭まる恐れ”. 朝日新聞 朝刊(13版) (朝日新聞社) (47567): p. 39. https://www.asahi.com/articles/DA3S13747739.html 2018年10月31日閲覧。 
  3. ^ a b “北海道の無人島「存在せず」、海保が調査結果”. 日本経済新聞. (2019年9月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50145960U9A920C1CC1000/ 2019年9月24日閲覧。 
  4. ^ a b c “エサンベ鼻北小島 存在しない・・”. HTBニュース. (2019年9月24日). https://www.htb.co.jp/news/archives_5596.html 2019年9月24日閲覧。 
  5. ^ a b c “北海道の小島、消えた? 浸食か、海保調査へ”. 産経新聞. (2018年10月31日). https://www.sankei.com/politics/news/181031/plt1810310022-n1.html 2018年11月1日閲覧。 
  6. ^ 領海の外縁を根拠付ける離島の地図及び海図に記載する名称の決定について”. 首相官邸 (2014年8月1日). 2018年10月31日閲覧。
  7. ^ “「小島見えない」海保調査へ=領海狭まる可能性も-北海道”. 時事通信. (2018年10月31日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018103100925&g=soc 2018年10月31日閲覧。 
  8. ^ “小島が消えた? 領海狭まる恐れも、海保調査へ”. 毎日新聞. (2018年10月31日). http://mainichi.jp/articles/20181031/k00/00e/040/218000c 2018年10月31日閲覧。 
  9. ^ 島が“見あたらない” 北海道の海で何が 日本放送協会ニュースウオッチ9) 2019年5月20日
  10. ^ a b エサンベ鼻北小島の測量作業結果について (PDF)”. 第一管区海上保安本部. 2019年8月8日閲覧。
  11. ^ a b “猿払沖エサンベ鼻北小島、目視で確認できず 1管本部調査”. 北海道新聞. (2019年5月29日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/309628/ 2019年6月7日閲覧。 
  12. ^ a b “小島消失か、実地調査終了 7月上旬に結論、北海道”. 産経新聞. (2019年5月24日). https://www.sankei.com/life/news/190524/lif1905240023-n1.html 2019年6月7日閲覧。 
  13. ^ “エサンベ鼻北小島、目視できず=第1管区海上保安本部が途中経過を発表”. 時事通信. (2019年5月28日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052800841 2019年6月7日閲覧。 
  14. ^ 「島消失 領海減少か 北海道」『読売新聞』2019年7月19日付朝刊、32面。

関連項目[編集]