エグベルト・ジスモンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エグベルト・ジスモンチ
EgbertoGismontiBA.jpg
1980年、アルゼンチンで撮影
基本情報
出生名 Egberto Gismonti Amin
生誕 (1947-12-05) 1947年12月5日(70歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル リオデジャネイロ州 カルモ
ジャンル ジャズブラジル音楽ノルデスチ
担当楽器 ギターピアノ
レーベル ECM
公式サイト 日本公式サイト

エグベルト・ジスモンチ(Egberto Gismonti Amin 1947年12月5日 - )はブラジルリオデジャネイロ州カルモ (Carmo) 出身のマルチ楽器奏者作曲家編曲家音楽プロデューサー。高い演奏技術を持つとともに、彼の作るリリカルな曲は様々なミュージシャンにもカバーされている。

バイオグラフィー[編集]

生い立ち[編集]

1944年ブラジルリオデジャネイロ州の田舎町カルモ (Carmo) にて、レバノン人の父とイタリア人の母との間に生まれる。彼の家族は祖父と叔父がバンドを率いている音楽一家で、彼自身も5歳の時、クラシカルピアノフルートクラリネットそして音楽理論のレッスンを開始する。10歳の時セレナータが好きな母のために独学でギターを始め、後にカスタムメイドの10弦、12弦、14弦の多弦ギターや両手タッピング奏法をマスターする。

8歳の時から15年間、彼はピアノを学ぶ為に、ジャック・クライン (en:Jacques Klein) とアウレーリオ・シウヴェイラ (Aurélio Silveira) に師事した。1964年、彼はクラシックをウィーンで学ぶための奨学金を獲得したが、ポピュラー音楽を専攻したいと考えるようになり辞退した。

歌謡曲の作曲家として[編集]

1968年、彼が作曲した100人編成のオーケストラを従えた歌曲"O Sonho"がリオデジャネイロのテレビ局Globo主催の第3回国際歌謡祭で高い評価を得た。

1969年、彼はフランスへ渡り、歌手のマリー・ラフォレ指揮者編曲者として1年半働とともに、ジャン・バラケナディア・ブーランジェ両名にインストゥルメンタルの師事を受けた。また、彼はファースト・アルバム『Egberto Gismonti』(Elenco) をリリースした。

1970年、フランスから2枚のシングル、ブラジル、イタリアドイツからそれぞれ1枚ずつアルバムを発表する。また、"Mercador de Serpentes"が第5回国際歌謡祭で発表される。

インストへの傾倒[編集]

1971年、ブラジルに復帰。1973年までにEMI/Odeonを通じてリリースされた3枚のアルバムが、その後彼がインストに傾倒するターニングポイントとなる。しかし、ブラジルの経済は次第に悪化していく。彼の最後の作品になるのではないかと憂慮され、当時贅沢なシンセサイザーとオーケストラを駆使して制作されたアルバムはブラジルのゴールデンレコードを受賞した。このアルバムはどのジャンルにも含まれない斬新なものであった。結局、彼はEMI/Odeonから1991年までに19枚のアルバムをリリースした。

ECMへ参加[編集]

1974年ベルリンのジャズフェスティバルに参加した彼は、エルメート・パスコアールパーカッション奏者とナナ・ヴァスコンセロス (en:Naná Vasconcelos) らと共演する。その後ECMマンフレート・アイヒャーと出合う。1975年レーベルへの参加を乞われ、1976年、ECMのメンバーに加わった。当初ECMに入る事を躊躇していたのは、ジスモンチ自身がECMのことを余り良く知らなかったためである。

ジスモンチはECMでブラジルの著名なミュージシャンによるアルバムを構想していたが、ブラジル軍事政権が国外に出るブラジル人に対し高額の課金をしていたため、彼らをECMのスタジオがあるノルウェーに連れ出すことが困難であった。そこで彼はソロアルバム制作に方針を変更してノルウェーに向かった。当地でアマゾン近くで育ってきたという共通の経歴を持つナナ・ヴァスコンセロスと再会し、アルバムへの参加を要請。1976年こうして完成したアルバム『Dança das Cabeças』(ECM) は20万枚を売り上げるとともに、イギリスではポップの、アメリカではフォルクローレの、ドイツではクラシックと様々なジャンルの賞を受けることになる。このアルバムを機に、ヴァスコンセロスは世界的なミュージシャンとして各国を飛び回るようになるとともに、ジスモンチはアマゾンのフォクルローレの研究に没頭するようになる。そして、2年間、アマゾンで現地の人と生活を共にする。

1978年サックス奏者ヤン・ガルバレクマルチ楽器奏者のコリン・ウォルコット (en:Collin Walcott)、ラルフ・タウナー (en:Ralph Towner) らと 『Sol Do Meio Dia』(ECM) を、1980年にヤン・ガルバレク、チャーリー・ヘイデンと『Magico』(ECM) をリリース。また、1979年にリリースしたソロアルバム『Solo』(ECM) はアメリカで10万枚以上を売り上げるヒットとなった。それ以降もコンスタントにアルバムを発表し続けている。

レーベルのオーナーとして[編集]

ジスモンチはブラジルのレーベル、Carmoのオーナーでもある。CarmoはECMと幾つかのジョイントベンチャーを果たしており、Carmoのタイトルをブラジル国外でECMを通じて販売をしている。また、彼はEMI/Odeonの持つ、彼の全タイトルのブラジル以外の地域の販売権を買い取る事にも成功している。

その他[編集]

2007年、15年ぶりに来日を果たした。

使用楽器[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

en:Egberto Gismontiより

  • Egberto Gismonti (1969)
  • Sonho 70 (1970)
  • Janela De Ouro (1970)
  • Computador (1970)
  • Orfeo Novo (1971)
  • Água & Vinho (1972)
  • Egberto Gismonti (1973) - Brazil a.k.a. Arvore
  • Academia De Danças (1974)
  • Coraçoes Futuristas (1976)
  • Dança Das Cabeças (1977, ECM)
  • Carmo (1977)
  • Sol Do Meio Dia (1978, ECM)
  • No Caipira (1978)
  • Solo (1979, ECM)
  • E. Gismonti & N. Vasconcelos & M. Smetak (1979)
  • Magico (1980, ECM) with Charlie Haden and Jan Garbarek
  • Circense (1980)
  • Folk Songs (1981, ECM) with Charlie Haden and Jan Garbarek
  • Em Familia (1981)
  • Sanfona (1980, ECM)
  • Fantasia (1982)
  • Guitar From ECM (1982)
  • Sonhos De Castro Alves (1982)
  • Cidade Coraçao (1983)
  • Egberto Gismondi & Hermeto Pascoal (1983)
  • Works (1984, ECM)
  • Egberto Gismonti (1984)
  • Duas Vozes (1985, ECM)
  • Trem Caipira (1985)
  • Alma (1986)
  • Feixe De Luz (1988)
  • Pagador De Promessas (1988)
  • Dança Dos Escravos (1989, ECM)
  • Kuarup (1989) - film music score
  • Duo Gismonti/Vasconcelos Jazzbuhne Berlin (1989) - live recording
  • Infância (1990, ECM)
  • Poetic Anthology of Joao Cabral De Mello E Neto (1979)
  • Poetic Anthology of Ferreira Gullar (1979)
  • Poetic Anthology of Jorge Amado (1980)
  • Children's Music - A Viagem Do Vaporzinho Tereré- with Dulce Bressante (1980)
  • Children's Music - O Pais Das Aguas Luminosas (1980)
  • Children's Music - O Girigivel Tereré- with Francis Hime (1980)
  • Amazônia (1991) - film music score
  • El Viaje (1992) - film music score
  • Casa Das Andorinhas (1992)
  • Musica De Sobrevivéncia (1993, ECM)
  • Egberto Gismonti (1993) - Live at the 87 Festival in Freiburg Proscenium - CDV
  • Egberto Gismonti (1993) - Live at 93 São Paulo -Tom Brazil
  • Zigzag (1996, ECM)
  • Meeting Point (1997, ECM)
  • In Montreal (2001, ECM) with Charlie Haden
  • :rarum XI Selected Recordings (2004, ECM)
  • Saudacoes (2009, ECM) with Alexandre Gismonti

カバーしているアーティスト[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]