エクセリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エクセリオン
ジャンル 固定画面シューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 ジャレコ
発売元 ジャレコ
販売元 アメリカ合衆国 タイトー
シリーズ エクセリオンシリーズ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(89.03キロバイト
稼働時期 日本 1983021983年2月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 3.333 MHz)×2
サウンド AY-3-8910A (@ 1.667 MHz)×2
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
320×224ピクセル
61.42Hz
パレット32色
テンプレートを表示

エクセリオン』(EXERION)は、ジャレコ1983年2月にアーケードゲームとして稼働したシューティングゲーム

概要[編集]

後にSG-1000シリーズやMSXファミリーコンピュータ(FC)などに移植された。

慣性のついた独特の動きは、回避や攻撃に際してプレイヤーの先読みを要求するため、万人に支持されるものではなかったが、類似ゲームとの差別化には成功したと言える。アーケード版が縦画面だったのに対し、FC版は横画面のため、敵との距離が近くなり、そのプレイ感覚はかなり異なる。

携帯電話用としてiアプリ版が発売された他、プレイステーションで発売された『ジャレココレクションVol.1』(2003年)にFC版が収録され、さらにゲームボーイアドバンスで発売された『じゃじゃ丸Jr.伝承記〜ジャレコレもあり候〜』(2004年)にも収録された。

続編として『エクセリオンII ゾルニ』(1985年)、『エクセライザー』(1987年)がある。

ゲーム内容[編集]

本作は固定画面式のシューティングゲームで、8方向ジョイスティックボタン2個で操作する。擬似3Dスクロールする背景と、自機の動きに慣性がついていることが大きな特徴である。自機には、弾数制限がない代わりに画面内に1発しか発射できないデュアルショットと、ボタンを押すだけで連射可能だが弾数に制限があるシングルショットの2種類の武器が装備されている。プレイヤーは局面に応じてこの2種類の武器を使い分け、画面上方から飛来する敵を撃破する。

ストーリー[編集]

宇宙世紀2991年、青銀河CP17ゼニスの第6惑星エクセリオンは、かつて友好関係にあった第7惑星ゾルニの奇襲攻撃を受けた。ゾルニ軍撃破のため、エクセリオン軍は最新鋭の迎撃機ファイターEXを投入することを決定した。そしてファイターEXは、次々と発進していった--。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 エクセリオン 日本 1983年[1]
ヨーロッパ 1983年
SG-1000 ジャレコ セガ 16キロビットロムカセット 日本 202011072020年11月7日
-
2 エクセリオン 日本 1984年4月[2]
MSX 電波新聞社 マイコンソフト ロムカセット - -
3 エクセリオン 日本 1985年2月11日[3]
ファミリーコンピュータ トーセ ジャレコ 192キロビットロムカセット[4] JF-01 -
4 エクセリオン 日本 200209172002年9月17日
iアプリ PCCW Japan PCCW Japan ダウンロード - -
5 エクセリオンDX 日本 2002年12月31日[5]
504i専用
(iアプリ)
PCCW Japan PCCW Japan ダウンロード - -
6 Ultra Series
エクセリオン
日本 200307252003年7月25日
Windows ジャレコ メディアカイト CD-ROM - -
7 ジャレココレクション Vol.1 日本 200310232003年10月23日
PlayStation PCCW Japan PCCW Japan CD-ROM SLPS-03562 - ファミリーコンピュータ版の移植、他6作品と同時収録
8 遊遊 エクセリオン 日本 200402192004年2月19日
Windows ジャレコ メディアカイト CD-ROM MKY-016 - アーケード版の移植
9 じゃじゃ丸Jr.伝承記〜ジャレコレもあり候〜 日本 200405262004年5月26日
ゲームボーイアドバンス PCCW Japan PCCW Japan ロムカセット AGB-BNJJ-JPN - ファミリーコンピュータ版の移植、他4作品と同時収録
10 エクセリオン 日本 2007年5月1日[6]
Wii ジャレコ シティコネクション ダウンロード
バーチャルコンソール
FA2J - ファミリーコンピュータ版の移植
11 エクセリオン 日本 2010年5月25日[7]
Windows ジャレコ D4エンタープライズ ダウンロード
プロジェクトEGG
- - ファミリーコンピュータ版の移植
12 エクセリオン 日本 2014年10月23日[8]
アメリカ合衆国 2015年7月7日[9]
ヨーロッパ 201507222015年7月22日
PlayStation 4
(PlayStation Network)
ジャレコ ハムスター
日本一ソフトウェア
ダウンロード
アーケードアーカイブス
日本 CUSA-01255
アメリカ合衆国 CUSA-00986
ヨーロッパ CUSA-02659
- アーケード版の移植
13 エクセリオン 日本 2015年9月16日[10]
Wii U ジャレコ シティコネクション ダウンロード
(バーチャルコンソール)
FERJ - ファミリーコンピュータ版の移植
14 エクセリオン 日本 2020年1月9日
Nintendo Switch
(ニンテンドーeショップ)
ジャレコ ハムスター
日本一ソフトウェア
ダウンロード
(アーケードアーカイブス)
- アーケード版の移植

セガSG-1000版は絵・内容ともかなり簡略化されている。MSX版はSG版と全く同じ。グラフィックが多少アーケード版に近づき、ボーナスステージなどがある『エクセリオンII ゾルニ』というMSX独自の作品も存在する。

評価[編集]

ファミリーコンピュータ版
ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「慣性が働く初のSTG」、「慣性があるため操作に慣れるまでが大変。また、2種類の弾があるが使いわけができなかった。ゲーム自体は単調である」と紹介されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ Exerion for SG-1000 (1983)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年12月22日閲覧。
  2. ^ Exerion for MSX (1984)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年12月22日閲覧。
  3. ^ Exerion for NES (1985)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年12月22日閲覧。
  4. ^ a b 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 221頁。
  5. ^ オリジナル作品を忠実に再現!「ジャレコiギャレッソ」に『DX』シリーズ登場”. 電撃オンライン. KADOKAWA (2003年1月8日). 2018年12月22日閲覧。
  6. ^ VC エクセリオン”. 任天堂ホームページ. 任天堂. 2018年12月22日閲覧。
  7. ^ エクセリオン|プロジェクトEGG”. プロジェクトEGG. D4エンタープライズ. 2018年12月22日閲覧。
  8. ^ エクセリオン(ジャレコ)”. アーケードアーカイブス. ハムスター. 2018年12月22日閲覧。
  9. ^ Exerion for PlayStation 4 (2015)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年12月22日閲覧。
  10. ^ エクセリオン|Wii U”. 任天堂ホームページ. 任天堂. 2018年12月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]