エクスムジカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクスムジカは、季刊発行の音楽雑誌2000年3月から2002年4月まで、プレ創刊号としての0号から6号までの計7巻が発行された。発行責任者は長木誠司、出版社はミュージックスケイプ

概要[編集]

音楽芸術音楽之友社)の休刊(1998年)を受け、日本音楽学系の学術商業誌が無くなってしまった事を憂い、季刊として発行される。現代音楽のほか民族音楽ナショナリズムと音楽など様々な音楽学の論文発表、また演奏会評や海外在住の音楽家による現地の音楽事情レポートなどが掲載された。

紙質など装丁にも凝っていたが、諸般の事情でわずか第6号にて休刊。季刊だったものが6ヶ月、7ヶ月に遅れ、最後の第6号はページ数も半減した。その後はウェブサイト上で無料の記事掲載がしばらく続いたが、やがてそのサイトも閉鎖された。


タイトル一覧[編集]

号数 タイトル 発行年
No. 0 国家・音楽 2000年 3月
No. 1 バッハから100×2.5 2000年 6月
No. 2 武満70徹 2000年 9月
No. 3 認知科学と音楽 2000年 12月
No. 4 カルチュラル・スタディーズの中の音楽 2001年 3月
No. 5 ヴェルディとイタリア・ナショナリズム もっとヴェルディ! 2001年 9月
No. 6 黛敏郎 2002年 4月