エクスタシー (スティーリー・ダンのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エクスタシー
スティーリー・ダンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ABCレコード
プロデュース ゲイリー・カッツ
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 5of5.svg link
スティーリー・ダン 年表
キャント・バイ・ア・スリル
(1972年)
エクスタシー
(1973年)
プレッツェル・ロジック
(1974年)
テンプレートを表示

エクスタシーCountdown To Ecstasy)は、ロック・グループスティーリー・ダンが1973年にABCレコードからリリースした2番目のアルバム。

概要[編集]

このアルバムは、ライブコンサートの間に急いでセッションを行って録音されたためか、シングルでヒットした曲が1曲もなかった。メンバーのドナルド・フェイゲンは、スティーリー・ダンのアルバムとしてはこのアルバムが最も気に入っている作品だと言ったという。なお、このアルバム以降、2003年の「エヴリシング・マスト・ゴー」を除いて、すべての曲のリードボーカルをフェイゲンが担当するようになった。

収録曲[編集]

全作曲: Walter BeckerとDonald Fagen。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「菩薩」( Bodhisattva )   Walter BeckerとDonald Fagen
2. 「レイザー・ボーイ」( Razor Boy )   Walter BeckerとDonald Fagen
3. 「ザ・ボストン・ラグ」( The Boston Rag )   Walter BeckerとDonald Fagen
4. 「ユア・ゴールド・ティース」( Your Gold Teeth )   Walter BeckerとDonald Fagen
5. 「ショウ・ビズ・キッズ」( Show Biz Kids )   Walter BeckerとDonald Fagen
6. 「マイ・オールド・スクール」( My Old School )   Walter BeckerとDonald Fagen
7. 「ヴレ・ヴ(パール・オブ・ザ・クォーター)」( Pearl of the Quarter )   Walter BeckerとDonald Fagen
8. 「キング・オブ・ザ・ワールド」( King of the World )   Walter BeckerとDonald Fagen
合計時間:

収録メンバー[編集]

スティーリー・ダンメンバー[編集]

スタジオ・ミュージシャン[編集]

  • ヴィクター・フェルドマン - ヴィブラフォンマリンバ、パーカッション
  • レイ・ブラウン - コントラバス
  • リック・デリンジャー - スライドギター
  • ベン・ベネイ - アコースティックギター
  • シャーリー・マシューズ - バックグラウンドボーカル
  • マーナ・マシューズ - バックグラウンドボーカル
  • パトリシア・ホール - バックグラウンドボーカル
  • デイヴィッド・パーマー - バックグラウンドボーカル
  • ロイス・ジョーンズ - バックグラウンドボーカル
  • ジェイムズ・ロールストン - バックグラウンドボーカル
  • ロイス・ジョーンズ - バックグラウンドボーカル
  • マイケル・フェネリー - バックグラウンドボーカル

製作[編集]

  • プロデューサー:ゲイリー・カッツ
  • エンジニア:ロジャー・ニコルズ

外部リンク[編集]