エキサイトメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エキサイトメール
URL email.excite.co.jp
タイプ Webメール
運営者 excite
収益 広告
営利性 営利
登録 必要
設立日 2004年4月1日
現状 現在運営中

エキサイトメール (excitemail) は、エキサイト社によるフリーメールサービスである。

競合サービスにはマイクロソフトOutlook.comYahoo!Yahoo!メールGoogleGmailなどがある。

2017年12月21日より新規のメールボックスの開設は停止されている[1]

2018年5月15日に、2018年9月18日(火)15時をもってサービスの提供を終了することが発表された。

特徴[編集]

メールボックス削除
120日以上ログインしないとメールボックスが削除される。
受信拒否設定
指定したメールアドレスドメイン名からメールを受信、または、拒否することができる。
メールボックス容量
2014年3月から最大2GBのメールボックスが利用できる。
外部POPメール受信
他のアドレス宛のメール(POPメール)をエキサイトメールで受信することが可能である。
メール振り分け
受信メールを宛先、送信元メールアドレス、件名、Ccの内容でフォルダに振り分けられる。
新着メール通知
エキサイトメールに新着メールが届いたことを、指定したメールアドレスに通知することが可能である。
メールアドレス
exciteID@excite.co.jpの形式のメールアドレスが無料で作成できる。
自動返信
受信したメールの差出人に、あらかじめ作成しておいた名・本文で自動的に返信することが可能である。
検索機能
差出人、宛先、件名、本文などからの検索の他、日付の範囲も検索対象となる。スターやラベルと組み合わせることによって、様々な分類が可能であったが、2016年10月28日より停止されており、の目処は立っていないとアナウンスされている。

利用環境[編集]

パソコンの場合はMicrosoft Internet Explorer 9以上 Mozilla FirefoxGoogle ChromeMac Safari 最新版。 スマートフォンの場合はAndroid / iOS のスマートフォンで、スマートフォン用に最適化した画面表示する。

脚注[編集]