エカテリーナ・ガモワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エカテリーナ・ガモワ・ムカセイ
Екатери́на Га́мова
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Gamova is tall.jpg
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1980-10-17) 1980年10月17日(36歳)
出身地 ソビエト連邦の旗チェリャビンスク
ラテン文字 Ekaterina Gamova-Mukasey
ロシア語表記 Екатери́на Га́мова
身長 202cm
体重 80kg
選手情報
所属 ロシアの旗 ディナモ・カザン
2010-2016
ポジション OP
利き手
スパイク 321cm
ブロック 310cm
 
獲得メダル
Flag of Russia.svg ロシア
オリンピック
2000 女子バレーボール
2004 女子バレーボール
世界選手権
2002 女子バレーボール
2006 女子バレーボール
2010 女子バレーボール
テンプレートを表示

エカテリーナ・ガモワ=ムカセイロシア語: Екатери́на Алекса́ндровна Га́мова[1]1980年10月17日 - )は、ロシアの女子バレーボール選手。旧ソビエト連邦チェリャビンスク出身。ポジションはオポジットバレーボールロシア女子代表

現在、ナショナルチームで活動する女子バレーボール選手では最長身のウイングスパイカーで、ロシアの白い巨塔の異名を持つ。

来歴[編集]

1980年10月17日ロシアチェリャビンスクで体重3950gの大きな赤ん坊として生まれる。父親はガモワがまだ小さい頃に家から出て行ってしまったため、母に女手ひとつで育てられた[2]。 6歳で身長155cm、8歳で170cmに達し、友達には背の高さをからかわれていた。靴や服もサイズに合うものがなく苦労した。

8歳の時、地元のクラブチームでバレーボールを始める。その時指導をしたのは伯母のLiobov Gamovaであった。1998年、ロシアバレーボールチームのウラロチカ・エカテリンブルクに入団。1999年ロシアナショナルチームに選出される。当初はアルタモノワ、ゴーディナ、シャチコワなどの活躍の陰に隠れた存在であったが、2000年ごろから徐々に頭角を現しチームの主力として活躍し、シドニーオリンピックで銀メダルを獲得。

2001年グラチャンで銀メダルを獲得し、ベストスコアラー賞とベストブロッカー賞の2冠に輝いた。2002年世界選手権で銅メダルを獲得した。2003年ワールドグランプリではベストスコアラー賞に輝いた。

2004年、アテネオリンピック出場し銀メダルを獲得。同大会のベストスコアラーとベストブロッカー賞を受賞した。同年、ディナモ・モスクワに移籍し、同チームの主将を務める。2005-06年のロシアリーグでチャンピオンに輝いた。

2006年世界選手権に出場し優勝、自身初の3大大会での優勝となった。その後は目立った成績を残せなかったが、2010年世界選手権にて決勝のブラジル戦でフルセットの末、勝利し大会2連覇を果たすと、自身もMVPに選ばれた。

2012年ロンドン五輪では4大会連続出場したが、準々決勝でブラジルに敗れてメダルを逃した。その後は代表メンバーからは外れている。

2014年3月の欧州チャンピオンズリーグで所属するディナモ・カザンを初優勝へ導き、自身も大会MVPに選ばれた。同年5月の世界クラブ選手権でも優勝を果たし、MVPを受賞した。

2016年、ガモワはロシア代表からもクラブからも正式に引退を表明した。[3]

人物[編集]

  • ロシア・メディアのインタビューで「付き合う男性のほうが背が低いことはどう思うか?」という質問に対して「自分は背の高さで人間が変わるとは思っていない。気にするかどうかは相手の問題だ。」と答えている[2]
  • ロンドン五輪出場後の2012年8月17日、映画プロデューサーと結婚したことをディナモ・カザンのホームページで報告。

球歴・受賞歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロシア語ラテン翻字: Ekaterina Aleksandrovna Gamova
  2. ^ a b 『2006世界バレー公式プログラム』19頁
  3. ^ http://www.sport-express.ru/volleyball/news/1001321/

外部リンク[編集]