エウジェニオ・コセリウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エウジェニオ・コセリウEugenio Coseriu, ルーマニア語: Eugeniu Coşeriu, 1921年7月21日 - 2002年9月7日)は、ルーマニア王国(現在モルドバ共和国ルシュカニ県)のベルツィ県[1]ミハイレニMihăileni)生まれの言語学者。

人物・経歴[編集]

1951年ウルグアイウルグアイ共和国大学、1963年ドイツテュービンゲン大学に勤めていた。

主にロマンス系諸語を対象に研究したが、個別言語研究よりも理論研究で独特のものを見せる。ソシュールラングパロールという2分法を批判し、体系慣用という3分法の理論を提唱した。これは音韻論から言語類型まで覆う理論体系である。

2002年テュービンゲンで死没。著書や論文を英語で書かず、また英訳もほとんどされていないため、英語圏ではあまり知られていない。

主な著作[編集]

  • 『一般言語学入門』三修社、1979年-2003年第2版
  • 『うつりゆくこそことばなれ : サンクロニー・ディアクロニー・ヒストリア』クロノス、1981年
(『言語変化という問題:共時態、通時態、歴史』岩波文庫、2014年)
  • 『コセリウ言語学選集 : 人間の学としての言語学』全4冊、三修社、1981年-1983年

脚注[編集]