エウクラティデス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウクラティデス1世のコイン。表には彼の横顔が描かれ、裏にはディオスクーロイと“ΒΑΣΙΛΕΩΣ ΜΕΓΑΛΟΥ ΕΥΚΡΑΤΙΔΟΥ”「大王エウクラティデス」の銘文が刻まれている。

エウクラティデス1世ギリシア語: Ευκρατίδης Α΄、生没年不詳)は、第6代グレコ・バクトリア王国国王シリア王アンティオコス4世の従兄弟[1]

生涯[編集]

紀元前171年頃、エウクラティデスはアンティマコス1世からバクトリア王位を簒奪すると、グレコ・バクトリア王国の支配権を握るとともに、エウクラティディアという都市を建設した。

エウクラティデスは北のソグディア人を征伐した後、続いてインド征伐に乗り出すことにした。時にインドではデメトリオス2世インド・グリーク朝の王位にあり、インド人およびアリアネ地方の諸族[2]を支配下に入れていたので、エウクラティデスはまずヒンドゥークシュ山脈を越えてアリアネ地方の制圧に向かった。

紀元前164年頃、シリア王アンティオコス4世(在位:前175年 - 前164年)の死とエウクラティデスの留守に乗じて、パルティア軍がバクトリアに侵攻し、アスピオノス総督区とトゥリウァ総督区を奪い取った。その時の様子をポンペイウス・トログスは以下のように記している。

ほとんど同じころ、パルティアでミトリダテスが王権を握ったように、バクトリアでエウクラティデスが王権を握ったが、両者とも偉大な人物であった。しかし、パルティア人の運命の方がより幸福で、それは指導者としての彼の下で、彼らを支配権の頂点へと導いた。一方、バクトリア人は種々の戦争で倒され、王国だけでなく、自由をも失った。というのも、彼らはソグディア人、アラコシア人、ドランカェ人、アレイ人、インディ人との戦争に疲れ果て、最後に無力なパルティア人に、あたかも血の気をなくした者のように制圧されたからである。<ポンペイウス・トログス『ピリッポス史』第41巻>

しかし、エウクラティデスは多くの戦争を大変な勇気で遂行し、それらの戦争で兵力を消耗したが、それでもインド王デメトリオス2世に攻囲された時、300人の兵士で6万人の敵を絶え間ない突撃で破った。そのようにして5カ月目に彼は攻囲から解放され、インドを自らの勢力下に入れた。

紀元前156年頃、エウクラティデスはインドから帰る途中、王国の共同統治者にしておいた息子[3]によって殺された。息子はこの親殺しを隠そうとはせず、あたかも父親をではなく敵を殺したかのように、その血の中で戦車を操縦した。そして遺体を埋葬せずに、捨てておくように命じた。

エウクラティデス1世のコイン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ウイリアム・ウッドソープ・ターンの説。
  2. ^ アラコシア人、ドランカェ人、アレイ人など。
  3. ^ たいていヘリオクレス1世に比定されるが、プラトン説やエウクラティデス2世説も存在する。

参考資料[編集]

先代:
アンティマコス1世
グレコ・バクトリア王国の国王
第6代:前171年頃 - 前156年
次代:
プラトン
エウクラティデス2世
ヘリオクレス1世