エイムンドのサガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エイムンドのサガ (Eymundar þáttr hrings) は、北欧に伝わる伝説サガ(物語)。中世アイスランド写本フラート島本」に『Eymundar þáttr hrings 』として収められているものと、『ユングヴァルのサガ (Yngvars saga víðförla) 』の序章として残されているものの2版が知られている。内容はキエフ・ルーシヤロスラフ賢公と結んだヴァリャーグの冒険譚である。

なお『Eymundar þáttr hrings 』では主人公エイムンドはノルウェー人であるが、『ユングヴァルのサガ』ではスウェーデン人であるという違いがある。

関連項目[編集]

参照リンク[編集]