エイヒレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
居酒屋のエイヒレ

エイヒレ(鱏鰭)は、エイひれを乾燥させた水産加工食品。

概要[編集]

主に、ガンギエイアカエイなどのひれを用いる。

日本においては、北海道から九州までのほぼ全域において、干物燻製に加工したものが酒肴おやつなどとして供されるほか、秋田県山形県など東北地方日本海沿岸部においては煮付けとして供されることが多く見られる。

居酒屋などにおいて酒肴として供される場合には、その燻製あるいは干物を軽く炙ったものに、微量の醤油や、マヨネーズあるいは七味唐辛子などを薬味として付けて食する形が定番となっている。

日本以外では、フランス料理においてムニエルの材料の一つとされる。

高級食材のふかひれと同様にコラーゲンが多く含まれているとされ[1]、美容食品としても売り出されている。

脚注[編集]

  1. ^ 秋田産フグ料理とみなと美人鍋の夕べ 土崎の“おいしい”魅力を再発見!秋田市『広報あきた』2007年6月15日号)

関連項目[編集]