エイドリアン・シャーウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エイドリアン・シャーウッド
Adrian Sherwood
出生名 Adrian Maxwell Sherwood
別名 Barmy Army
Crocodile
Eddie Echo
生誕 (1958-01-20) 1958年1月20日(62歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ダブ
トリップ・ホップ
レゲエ
インダストリアル
ニュー・ウェイヴ
職業 音楽プロデューサー
レコーディング・エンジニア
レーベル On-Uサウンド
Green Tea
Pressure Sounds
Sound Boy
カリブ・ジェムズ
ヒット・ラン
4Dリズム
共同作業者 ゲイリー・クレイル
タックヘッド
プライマル・スクリーム
リー・ペリー
公式サイト www.adriansherwood.com
www.on-usound.com

エイドリアン・シャーウッドAdrian Sherwood1958年1月20日 - )は、イギリス音楽プロデューサーレコーディング・エンジニア

略歴[編集]

1958年、ロンドンに生まれる[1]

1975年、17歳でレゲエ・レコードの卸売業「クリエイション・レベル」を開業し、のちにレコード・レーベル「カリブ・ジェムズ」を設立。プリンス・ファーライのアルバムや、レヴォリューショナリーズの7インチ・シングルをリリースした[1][2]

1978年、「カリブ・ジェムズ」レーベルを離れ、ドクター・パブロと共にレコード・レーベル「ヒット・ラン」を設立し、レゲエ・グループのクリエイション・レベルのアルバム『ダブ・フロム・クリエイション』をプロデュースした[1][3]。その後、新たに設立したレコード・レーベル「4Dリズム」からクリエイション・レベルのアルバム『スターシップ・アフリカ』をリリースし、プロデューサーとしての手腕を高く評価された[2]。「4Dリズム」は、シンプリー・レッドの前身のグループ、モスメンを輩出している[4]

1979年、レコード・レーベル「On-Uサウンド」を設立[5]。1970年代後半頃から、スタイル・スコットとのコラボレーションによるダブ・シンジケートを始動している[6]

1980年、「On-Uサウンド」の初リリース作品としてニュー・エイジ・ステッパーズとロンドン・アンダーグラウンドのカップリング・シングル「Fade Away / Learn A Language」を7インチ・レコードで発表した[7]。シングル盤のリリースに続き、1981年には、レーベル初のアルバムとしてニュー・エイジ・ステッパーズの『ニュー・エイジ・ステッパーズ』をリリースした[8]

1984年全英シングルチャート4位(ミュージック・ウィーク)[9]、全米チャート13位(Billboard Hot 100[10]を記録したデペッシュ・モードのシングル「ピープル・アー・ピープル」の12インチ・バージョン[11]ではリミックスを担当した。 同年、シュガーヒル・レコードの専属バンドであるシュガーヒル・ギャング・バンド[12]で活動していたキース・ルブラン、スキップ・マクドナルド、ダグ・ウィンビッシュらとタックヘッドを結成する。[4][13]

1980年代の後半にかけアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンの12インチ盤『ユー・グン (Yü-Gung)』[14]キャバレー・ヴォルテールのアルバム『Code』[15]マーク・スチュワートのアルバム『マーク・スチュワート』[16]ミニストリーのアルバム『トゥイッチ[17]KMFDMのアルバム『ドント・ブロウ・ユア・トップ』[18]等、インダストリアル・ミュージックのプロデュースを手掛けるようになる。その後、ナイン・インチ・ネイルズのデビュー・アルバム『プリティ・ヘイト・マシーン』に収録された楽曲もプロデュースしている[19]

1990年リー・ペリーのアルバム『フロム・ザ・シークレット・ラボラトリー 』にプロデューサーとして起用される[20]

1991年、ゲイリー・クレイル & On-U サウンド・システムのシングル「Human Nature」をプロデュースし、全英シングルチャート10位[21]のヒットを記録した。

1994年、日本のアーティスト、オーディオ・アクティブのシングル「Free The Marijuana」のプロデュースを手掛け、イギリスにてDJチャート1位(NME)を記録した[22]

1996年、全英シングルチャート17位[23]を記録したプライマル・スクリームらとのコラボレーション・シングル「ザ・ビッグ・マン&ザ・スクリーム・チーム・ミート・ザ・バーミー・アーミー・アップタウン」に続き、1997年には、プライマル・スクリームのアルバム『エコー・デック』でプロデュースを担当した。

2003年、自身初のソロ・アルバム『ネヴァー・トラスト・ア・ヒッピー』をリリースした。スライ&ロビーダンスホール・レゲエリディム"Diwali"で知られるレンキーを迎えてリズム・トラックを制作している[24]

2006年にリリースしたセカンド・アルバム『ビカミング・ア・クリシェ』は、リー・ペリー、デニス・ボーヴェルをゲストに迎えて制作された[25]。同年、映画『Johnny Was』の音楽を担当した[26]。また、リー・ペリー、マッド・プロフェッサーらと共にダブを題材にしたドキュメンタリー映画『ダブ・ストーリーズ』[27]に出演。

2008年にも、ドキュメンタリー映画『Dub Echoes』に出演した[28]

2010年、リー・ペリーと共にアルバム『ダブセッター』をリリースした[29]

2012年、アルバム『サバイバル&レジスタンス』をリリースした[30]

2017年、アルバム『マン Vs. ソファー』をリリースした[31]

プライベートでは、レーベルのグラフィック・デザインとキーボード等を担当するキシ・ヤマモトと結婚していた[32][3]

音楽性とその背景[編集]

1960年代から1970年代に、ファッツ・ドミノの「Walking To New Orleans」、T・レックスやソウル・ミュージック、レゲエを聴き始め、12歳になると「スキンヘッド・ミュージック」と呼ばれていたシマリップの「Skinhead Moonstomp」やジョー・ギブスの「Hijacked」、ルピー・エドワーズの「Census Taker」を聴くようになる[33]。 また、影響を受けた作品に、ウィンストン・エドワーズがプロデュースを手掛けたキング・タビー・ミーツ・アップセッターズの「At The Grass Roots Of Dub」、「Surrounded By The Dreads At The National Arena」やオーガスタス・パブロの「King Tubbys Meets Rockers Uptown」、「Ital Dub」を挙げている[34]

自身の作品を「デザイナー・ダブ」と呼ぶことに関し「最初からダブ・ミックスとして作られた音楽である。ジャマイカのダブは、元々ある曲のヴァージョンとして始まったから、生まれた形が違う」と説明する[34]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『ネヴァー・トラスト・ア・ヒッピー』 - Never Trust A Hippy (2003年、リアルワールド/EMIミュージック・ジャパン)
  • 『ビカミング・ア・クリシェ』 - Becoming A Cliché (2006年、リアルワールド/Beat Records)
  • 『ダブセッター』 - Dub Setter (2010年) ※リー・ペリーと共作
  • 『サバイバル&レジスタンス』 - Survival & Resistance (2012年)
  • 『マン Vs. ソファー』 - Man Vs. Sofa (2017年)

参考文献・出典[編集]

  1. ^ a b c アルバム『ダブ・フロム・クリエイション』日本盤ライナーノーツ(2004年 Hitrun/On-U Sound/Beat Records)
  2. ^ a b アルバム『ビカミング・ア・クリシェ』日本盤ライナーノーツ (2006年 リアルワールド/Beat Records)
  3. ^ a b 『remix』誌 #12 1992年4月号 On-Uサウンドの歴史とその意味~キシ・ヤマモト インタビュー (アウトバーン)
  4. ^ a b 『On-U Sound/Science Fiction Dance hall』解説 (1991年 Spin/アルファレコード)
  5. ^ 『remix』誌 #185 2006年11月号 Adrian Sherwood インタビュー (アウトバーン)
  6. ^ On-U Sound | Disturbing The Comfortable, Comforting The Disturbed - Dub Syndicate
  7. ^ [1]Discogs New Age Steppers / London Underground – Fade Away / Learn A Language
  8. ^ [2]Discogs New Age Steppers - The New Age Steppers(ON-U LP 01)
  9. ^ [3]Music Week Depeche Mode - People Are People
  10. ^ [4]Billboard Database Depeche Mode - People Are People
  11. ^ [5]Discogs Depeche Mode - People Are People (Special Edition ON-U Sound Remix By Adrian Sherwood)
  12. ^ [6]Discogs Sugarhill Gang Band
  13. ^ 『ミュージック・マガジン』 1991年12月号 エイドリアン・シャーウッド インタビュー
  14. ^ [7]Discogs Einstürzende Neubauten – Yü-Gung
  15. ^ [8]Discogs Cabaret Voltaire ‎– Code
  16. ^ [9]Discogs Mark Stewart – Mark Stewart
  17. ^ [10]Discogs Ministry – Twitch
  18. ^ [11]Discogs KMFDM – Don't Blow Your Top
  19. ^ [12]Discogs Nine Inch Nails – Pretty Hate Machine
  20. ^ [13]Discogs Lee "Scratch" Perry – From The Secret Laboratory
  21. ^ [14]Music Week Gary Clail & On-U Sound System – Human Nature
  22. ^ [15]Beatink オーディオ・アクティブ・バイオグラフィー
  23. ^ [16]Music Week Primal Scream, Irvine Welsh And On-U-Sound - The Big Man And The Scream Team Meet The Barmy Army Uptown
  24. ^ [17]Discogs Adrian Sherwood – Never Trust A Hippy
  25. ^ [18]Discogs Adrian Sherwood – Becoming A Cliché
  26. ^ [19]Imdb Adrian Sherwood
  27. ^ DVD『ダブ・ストーリーズ』ナウオンメディア
  28. ^ [20]Imdb Dub Echoes
  29. ^ [21]Adrian Sherwood ‎– Survival & Resistance
  30. ^ [22]Lee 'Scratch' Perry and Adrian Sherwood ‎– Dub Setter
  31. ^ [23]Sherwood & Pinch ‎– Man Vs. Sofa
  32. ^ [24]Discogs Kishi Yamamoto
  33. ^ [25]Inter FM897 エイドリアン・シャーウッド インタビュー
  34. ^ a b 『DUB論』P293 サンクチュアリ出版

外部リンク[編集]