エイトケン (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エイトケン
(Aitken)
Aitken crater AS17-M-0341.jpg
アポロ17号撮影(高度121kmより)
月面座標 南緯16度48分 東経173度24分 / 南緯16.8度 東経173.4度 / -16.8; 173.4
直径 129.69 キロメートル
深度 不明
月面余経度 日の出時点で187°
由来 ロバート・グラント・エイトケン
GPN識別子 119
エイトケンと周辺のクレーター

エイトケン (Aitken) は、月の裏側にあるクレーターである。ヘヴィサイドの南東、珍しい形をしたバンデグラーフ (クレーター)英語版の北に位置しており、その周縁(リム)の南西はヴァートレット (クレーター)英語版に、南東はベルグストランド (クレーター)英語版に接続している。

エイトケンの周縁内側はテラス構造となっており、とくに南西側の狭隘部で顕著である。Aitken Z クレーターは周壁北部の内側にかかっている。周縁のすぐ北には Aitken A があり、明るいアルベドの噴出物でおおわれている。内部のクレーター底は、かつて暗い溶岩流によって覆われており、特に南側半分で顕著である。クレーター底には、東部にいくつかの小さなクレーター、中心のちょうど東側には弧をなす中央稜線、西半分にはよりちいさな一筋の稜線がある。

このクレーターは、非常に巨大な南極エイトケン盆地の北縁に位置する。「南極エイトケン盆地」の名は、この地形の両端に当たる南極とこのクレーターからとられている。

エイトケンは、アポロ17号アポロ司令・機械船(コマンド・モジュール)がちょうど上を通過することから、その観測対象となった[1]

従属クレーター[編集]

エイトケンのごく近くにある小さな無名のクレーターについては、アルファベットを付加することによって識別される。

名称 月面緯度 月面経度 直径
A 14.0° S 173.7° E 13 km
C 14.0° S 175.8° E 74 km
G 16.8° S 174.2° E 7 km
N 17.7° S 172.7° E 7 km
Y 12.0° S 173.2° E 35 km
Z 15.1° S 173.3° E 33 km

文献[編集]

外部リンク[編集]

L&PI topographic maps of Aitken: