エイケン (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社エイケン
EIKEN Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
116-0003
東京都荒川区南千住6丁目56番7号
北緯35度44分9.59秒 東経139度47分42.28秒 / 北緯35.7359972度 東経139.7950778度 / 35.7359972; 139.7950778座標: 北緯35度44分9.59秒 東経139度47分42.28秒 / 北緯35.7359972度 東経139.7950778度 / 35.7359972; 139.7950778
設立 1969年3月10日
業種 情報・通信業
法人番号 1011501005618
事業内容 アニメーション制作およびその関連事業
代表者 代表取締役社長 中村 達朗
資本金 10,000,000円
従業員数 約50名
決算期 12月31日
主要株主 株式会社アサツー ディ・ケイ 70%
外部リンク http://www.eiken-anime.jp/
テンプレートを表示

株式会社エイケン: EIKEN Co.,Ltd.)は、日本アニメ制作会社日本動画協会正会員。

沿革[編集]

1952年、テレビの放送開始に合わせ、テレビ受像機の輸入販売会社として、当時のヤナセ社長である梁瀬次郎の発案で日本テレビジョン株式会社(現:TCJ)[1]が設立。しかし、テレビの普及が予想以上に早かったことから、1950年代半ばにはサイドビジネスとしてテレビCMの制作に手を出すようになり、間もなくそのCM制作の方が本業になっていた。そのCM制作の際にいわゆるアニメCMを多く手掛けていた事が、エイケン発足のきっかけとなる。

1963年、『鉄腕アトム』の影響でアニメブームが起きる直前、アニメCMの制作陣を分離独立する形で、日本テレビジョン株式会社映画部を発足。彼らを真っ先にテレビアニメ制作に当たらせ、『仙人部落』を制作した。その後、『鉄人28号』のヒットで、経営は軌道に乗る。

1969年4月、日本テレビジョンが株式会社テイ・シー・ジェー(TCJ)に商号変更した際に、テレビアニメ制作を担っていた映画部が株式会社テイ・シー・ジェー動画センターとして分社化(登記は3月10日)。映画部部長の村田英憲が社長に就任し、これを現在のエイケンの創業とした。同時期、これまでアニメ制作の中心だった企画室長の高橋茂人が上司の村田と袂を分かつ形で独立し、瑞鷹[2]を興した。

1969年10月5日、『サザエさん』(フジテレビ系列)放送開始。1979年10月9日に最高視聴率となる39.4%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)し、放送から半世紀近く経つ現在も安定した視聴率を獲得する長寿番組に成長。国民的アニメとして広く認知される。以後、『サザエさん』の制作がエイケンの経営の柱となる。また、『サザエさん』はアニメ業界のデジタル化、ハイビジョン化を経てもハンドトレス、セル彩色、フィルム撮影といったアナログ作業工程を長らく堅持し続けた。映画用フィルム生産終了などの影響もあり、2013年10月6日放送分よりデジタル作業工程に移行している[3]

1973年5月、テイ・シー・ジェーが保有株式をすべて譲渡したことにより、同社及びヤナセからは資本的に独立。株式会社エイケンに商号を変更した。社名は梁瀬が村田の名前の音読みを採用して命名した。

1976年10月1日、『ほかほか家族』放送開始。これ以降、フジテレビによる教養・情報系ミニアニメ(ミニ番組)枠は一貫してエイケンが制作を担当し、『親子クラブ』に至るまで幾度の放送時間変更を繰り返しながら続いた。同番組終了後も、ミニアニメ枠は維持され、2016年からは『ぼのぼの』を制作・放映している。

2002年7月、広告代理店アサツー ディ・ケイ(ADK)がエイケンの発行済み株式の70%を取得。同時にフジテレビが10%を取得してADKの関係会社となった。

2007年には、代表取締役社長の村田が代表取締役会長に就任し、副社長の毛内節夫が代表取締役社長に就任した。

2008年東京国際アニメフェア2008にて、村田が第4回功労賞表彰を受章。

2014年、「エイケンクラシカル」ブランドを立ち上げ。ベストフィールドにより、初期作品のDVD-BOXが展開された。

2017年8月31日、村田英憲が代表取締役を退任し、名誉会長に就任した[4]

2018年3月10日、2019年に分社化から50周年を迎えるのに伴い「エイケン50周年プロジェクト」を開始。併せてエイケンがこれまで制作した人気アニメの登場キャラクターが集合したメインビジュアルも公開された[5]

2018年3月27日、毛内節夫が代表取締役を退任して取締役相談役に異動したことに伴い、取締役の中村達朗が代表取締役社長に昇任した。

作品履歴[編集]

TCJ時代より
タイトル 放送期間 放送局 備考
仙人部落 1963年-1964年 フジテレビ
鉄人28号 1963年10月-1966年5月
エイトマン 1963年11月-1964年12月 TBS
スーパージェッター 1965年-1967年
宇宙少年ソラン 1965年5月-1967年3月
遊星少年パピイ 1965年6月-1966年5月 フジテレビ
遊星仮面 1966年-1967年
アルプスの少女ハイジ 1967年 パイロットフィルム
冒険ガボテン島 1967年4月-12月 TBS
ケネディ騎士団 1967年3月 パイロットフィルム
スカイヤーズ5 1967年10月-12月 TBS
炉辺のこおろぎ 1967年12月18日 制作元請: ランキン・バス・プロダクション、アニメーション制作
サスケ 1968年-1969年 TBS
忍風 カムイ外伝 1969年 フジテレビ TCJ動画センター名義、ズイヨー映像企画
サザエさん 1969年-放送中 名義はTCJ動画センター→エイケン
ワタリ 1969年 パイロットフィルム
動物村ものがたり 1970年 NET TCJ動画センター名義
ばくはつ五郎 1970年 TBS TCJ名義
のらくろ 1970年-1971年 フジテレビ TCJ動画センター名義
新スカイヤーズ5 1971年-1972年 TBS
おんぶおばけ 1972年-1973年 讀賣テレビ放送 TCJ動画センター名義
エイケンから
タイトル 放送期間 放送局 備考
冒険コロボックル 1973年-1974年 讀賣テレビ放送
ジムボタン 1974年-1975年 毎日放送
イルカと少年 1975年 TBS フランスとの合作
ほかほか家族 1976年-1982年 フジテレビ
UFO戦士ダイアポロン 1976年-1977年 TBS、東京12チャンネル
キャプテン 1980年-1983年 日本テレビ
どんべえ物語 1981年
ガラスの仮面 1984年
銀河パトロールPJ 1984年 フジテレビ
ドタンバのマナー 1984年-1987年
六三四の剣 1985年-1986年 テレビ東京
ことわざハウス 1987年-1994年 フジテレビ
志村けんのだいじょうぶだぁ 1987年-1993年 オープニングタイトルアニメーション制作
ハーイあっこです 1988年-1992年 朝日放送
シートン動物記 1989年-1990年 日本テレビ サンシャインコーポレーション・オブ・ジャパンと共同制作
ミクロパトロール 1991年 フランスとの合作で、日本ではOVAとしてリリースされた
コボちゃん 1992年-1994年 讀賣テレビ放送 実制作はメルヘン社
クッキングパパ 1992年-1995年 朝日放送 実制作はサンシャインコーポレーション・オブ・ジャパン
親子クラブ 1994年-2013年 フジテレビ 制作協力:ワック、ロケットビジョン(2009年頃~)
いじわるばあさん(第2作) 1996年-1997年 実制作はメルヘン社
きこちゃんすまいる 1996年-1997年 TBS 実制作はマジックバス
男はつらいよ 寅次郎忘れな草 1998年
すてき!さくらママ 2000年 BSフジ 初のデジタル制作作品
ゴーゴー五つ子ら・ん・ど 2001年-2002年 TBS 実制作はマジックバス
プレイボール 2005年-2006年 民間放送各局 実制作はマジックバス
家電クンフー 2009年 パイロット版アニメ
鉄人28号ガオ! 2013年-2016年 フジテレビ シリーズ制作協力(作画工程)はTYOアニメーションズ
ぼのぼの 2016年-放送中 シリーズ制作協力(作画工程)はTYOアニメーションズ

関連人物[編集]

製作・プロデューサー[編集]

アニメーター・演出家[編集]

その他[編集]

  • 野坂律子(脚本家、文芸担当)
  • 江川真紀(脚本家、文芸担当)
  • 面出明美(脚本家、元文芸担当)
  • 成島由紀子(脚本家、元文芸担当)
  • 大浜誠(脚本家、元文芸担当)
  • 中座洋次草薙代表取締役、元美術担当)
  • 藤田勉(スタジオWHO代表、元美術担当)
  • 宇田川幸助(宣伝担当)
  • 三上鉄男(制作担当)
  • 吉田宰祐(制作担当)
  • 菊地達也(制作担当)
  • 西村航輔(制作進行)

脚注[編集]

  1. ^ 放送局である日本テレビ放送網とは関係ない。
  2. ^ ムーミン』や『アルプスの少女ハイジ』の制作会社
  3. ^ サザエさんデジタル制作に セル画アニメ姿消す。(共同通信) 47NEWS(全国新聞ネット) 2013年9月27日。
  4. ^ 2018年3月27日付で名誉会長を辞し、創業者として扱われている。
  5. ^ エイケン50周年記念特設ページ

参考文献[編集]

  • 『アニメーションノート No.04』(ISBN 4-416-80678-7)、誠文堂新光社 、2006年、44-57頁。
  • 小野耕世 『高橋茂人、日本におけるテレビCMとTVアニメの創世記を語る(TCJからズイヨーへの歴史)』「京都精華大学紀要」26号、2004年。
  • 但馬オサム, 鷺巣政安:「アニメ・プロデューサー鷺巣政安 さぎすまさやす・元エイケン製作者」、ぶんか社、ISBN 978-4821144266 (2016年4月15日)。

外部リンク[編集]