エイケン (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エイケン
EIKEN Co.,Ltd.
本社ビル
本社ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
116-0003
東京都荒川区南千住6丁目56番7号
北緯35度44分9.59秒 東経139度47分42.28秒 / 北緯35.7359972度 東経139.7950778度 / 35.7359972; 139.7950778座標: 北緯35度44分9.59秒 東経139度47分42.28秒 / 北緯35.7359972度 東経139.7950778度 / 35.7359972; 139.7950778
設立 1969年3月10日
業種 情報・通信業
法人番号 1011501005618 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーション制作およびその関連事業
代表者 代表取締役社長 中村達朗
資本金 1000万円
純利益 1489万3000円(2020年12月期)[1]
総資産 8億3267万9000円
(2020年12月31日現在)[1]
従業員数 約50名
決算期 12月31日
主要株主 株式会社ADKエモーションズ 70%
関係する人物 村田英憲(創業者、初代社長・会長)
毛内節夫(相談役、2代社長)
外部リンク eiken-anime.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社エイケン: EIKEN Co.,Ltd.)は、日本アニメ制作会社日本動画協会正会員。

沿革[編集]

前史[編集]

1952年、テレビの放送開始に合わせ、テレビ受像機の輸入販売会社として、当時のヤナセ社長である梁瀬次郎の発案で日本テレビジョン株式会社[2]Television Corporation of Japan Co.,Ltd.、以下TCJ)が設立。しかし、テレビの普及が予想以上に早かったことから、1950年代半ばにはサイドビジネスとしてテレビCMの制作に手を出すようになり、間もなくそのCM制作の方が本業になっていた。そのCM制作の際にいわゆるアニメCMを多く手掛けていた事が、エイケン発足のきっかけとなる。

TCJ映画部発足~動画センター分社設立[編集]

1963年、『鉄腕アトム』の影響でアニメブームが起きる直前、アニメCMの制作陣を分離独立する形で、TCJ映画部を発足。彼らを真っ先にテレビアニメ制作に当たらせ、『仙人部落』を制作した。その後、『鉄人28号』のヒットで、経営は軌道に乗る。最盛期には作画から編集に至るまで300名以上の従業員を抱えていた。

1969年4月、日本テレビジョンが株式会社テイ・シー・ジェーに商号変更した際に、テレビアニメ制作を担っていた映画部が株式会社テイ・シー・ジェー動画センターとして分社化(登記は3月10日)。映画部部長の村田英憲が社長に就任し、これを現在のエイケンの創業とした。同時期、これまでアニメ制作の中心だった企画室長の高橋茂人が上司の村田と袂を分かつ形で独立し、瑞鷹[3]を興した。分社に伴って人員を大幅に削減して経営をスリム化。社屋も東京都港区港南品川)から荒川区南千住の東京スタジアム(現在の荒川総合スポーツセンター)付近に移転した。

1969年10月5日、『サザエさん』(フジテレビ系列)放送開始。1979年9月16日に最高視聴率となる39.4%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)し、放送開始から半世紀以上経過した現在も安定した視聴率を獲得する長寿番組に成長。国民的アニメとして広く認知される。以後、『サザエさん』の制作がエイケンの経営の柱となる。また、『サザエさん』はアニメ業界のデジタル化、ハイビジョン化を経てもハンドトレス、セル彩色、フィルム撮影といったアナログ作業工程を長らく堅持し続けた。映画用フィルムやセル画材の生産終了、アナログ作業に対応可能な外注先の事業撤退・廃業など物理的要因が重なり、2013年10月6日放送分よりデジタル作業工程に移行している。

エイケンに商号変更~現在[編集]

1973年5月、TCJが保有株式をすべて譲渡したことにより、同社及びヤナセからは資本的に独立。株式会社エイケンに商号を変更した。社名は梁瀬が村田の名前「英憲」(ひでのり)の音読み(えいけん)を採用して命名した。株式譲渡に伴ってTCJはアニメーション制作事業から撤退したため、映画部ならびに動画センター時代に手掛けた作品の著作権は一部を除いてエイケンに移管されている。

現在地に移転するまでスタジオ[4]として使用された建物。2020年現在はホワイト急便荒川工場前店が入居している。

1976年10月1日、『ほかほか家族』放送開始。これ以降、フジテレビによる教養・情報系ミニアニメ(ミニ番組)枠は一貫してエイケンが制作を担当し、『親子クラブ』に至るまで幾度の放送時間変更を繰り返しながら続いた。同番組終了後もミニアニメ枠は維持され、2016年からは『ぼのぼの』を制作・放映している。

1990年、自社ビル落成。現在地に社屋移転。

2002年7月、広告代理店アサツー ディ・ケイ(ADK)がエイケンの発行済み株式の70%を取得。同時にフジテレビが10%を取得してADKの関係会社となった。

2007年には、代表取締役社長の村田が代表取締役会長に就任し、副社長の毛内節夫が代表取締役社長に就任した。

2008年東京国際アニメフェア2008にて、村田が第4回功労賞表彰を受章。

2014年、「エイケンクラシカル」ブランドを立ち上げ。ベストフィールドにより、初期作品のDVD-BOXが展開された。

2017年8月31日、村田英憲が代表取締役を退任し、名誉会長に就任した[5]

2018年3月10日、2019年に分社化から50周年を迎えるのに伴い「エイケン50周年プロジェクト」を開始。併せてエイケンがこれまで制作した人気アニメの登場キャラクターが集合したメインビジュアルも公開された[6]

2018年3月27日、毛内節夫が代表取締役を退任して取締役相談役に異動したことに伴い、取締役の中村達朗が代表取締役社長に昇任した。

作品履歴[編集]

TCJ時代

タイトル 放送期間 放送局 備考
仙人部落 1963年-1964年 フジテレビ TCJ名義
エイトマン TBS TCJ動画センター名義
鉄人28号 1963年-1966年 フジテレビ TCJ名義
スーパージェッター 1965年-1967年 TBS
宇宙少年ソラン
遊星少年パピイ 1965年-1966年 フジテレビ
遊星仮面 1966年-1967年
冒険ガボテン島 1967年 TBS
スカイヤーズ5
サスケ 1968年-1969年
忍風カムイ外伝 1969年 フジテレビ TCJ動画センター名義
サザエさん 1969年-放送中 TCJ動画センター名義→エイケン
動物村ものがたり 1970年 NET TCJ動画センター名義
ばくはつ五郎 TBS TCJ名義
のらくろ 1970年-1971年 フジテレビ TCJ動画センター名義
忍風カムイ外伝 月日貝の巻 1971年 アニメ映画
スカイヤーズ5(カラー版) 1971年-1972年 TBS TCJ名義
おんぶおばけ 1972年-1973年 読売テレビ TCJ動画センター名義

エイケン時代

タイトル 放送期間 放送局 備考
冒険コロボックル 1973年-1974年 読売テレビ
ジムボタン 1974年-1975年 毎日放送
イルカと少年 1975年 TBS フランスとの合作
UFO戦士ダイアポロン 1976年
ほかほか家族 1976年-1982年 フジテレビ
UFO戦士ダイアポロンII アクションシリーズ 1976年-1977年 東京12チャンネル
キャプテン(スペシャル版) 1980年 日本テレビ
どんべえ物語 1981年
キャプテン(TVシリーズ版) 1983年
ガラスの仮面 1984年
銀河パトロールPJ フジテレビ フランスとの合作
ドタンバのマナー 1984年-1987年
六三四の剣 1985年-1986年 テレビ東京
ことわざハウス 1987年-1994年 フジテレビ
志村けんのだいじょうぶだぁ 1987年-1993年 オープニングタイトルアニメーション制作
ハーイあっこです 1988年-1992年 朝日放送
シートン動物記 1989年-1990年 日本テレビ サンシャインコーポレーション・オブ・ジャパンと共同制作
コボちゃんスペシャル 秋がいっぱい!! 1990年 読売テレビ
コボちゃんスペシャル 夢いっぱい!! 1991年
生命の科学ミクロパトロール OVA フランスとの合作で、日本ではOVAとしてリリースされた
コボちゃん(TVシリーズ版) 1992年-1994年 読売テレビ 実制作はメルヘン社
クッキングパパ 1992年-1995年 朝日放送 実制作はサンシャインコーポレーション・オブ・ジャパン
コボちゃんスペシャル 祭りがいっぱい! 1994年 読売テレビ
親子クラブ 1994年-2013年 フジテレビ 制作協力:ワック、ロケットビジョン(2009年頃~)
いじわるばあさん(第2作) 1996年-1997年 実制作はメルヘン社
きこちゃんすまいる TBS 実制作はマジックバス
男はつらいよ 寅次郎忘れな草 1998年
コボちゃんスペシャル 約束のマジックディ 読売テレビ
すてき!さくらママ 2000年-2001年 BSフジ 初のデジタル制作作品
ゴーゴー五つ子ら・ん・ど 2001年-2002年 TBS 実制作はマジックバス
ゴキブリちゃん 2005年 TBSチャンネル
プレイボール 2005年-2006年 民間放送各局 実制作はマジックバス
鉄人28号ガオ! 2013年-2016年 フジテレビ シリーズ制作協力(作画工程)はTYOアニメーションズ
ぼのぼの 2016年-放送中 シリーズ制作協力(作画工程)はゆめ太カンパニー

パイロットアニメ

タイトル 制作年 備考
アルプスの少女ハイジ 1967年 パイロットフィルム、TCJ名義
ケネディ騎士団 パイロットフィルム、TCJ動画センター名義
ワタリ 1969年 パイロットフィルム、TCJ名義
家電クンフー 2009年 パイロットアニメ

関連人物[編集]

製作・プロデューサー[編集]

アニメーター・演出家[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 第53期決算公告、2021年(令和3年)4月13日付「官報」(号外第85号)39頁。
  2. ^ 放送局である日本テレビ放送網とは関係ない。
  3. ^ ムーミン』や『アルプスの少女ハイジ』の制作会社
  4. ^ 杉山卓著「アニメハンドブック」(1980年、秋元書房)の「第四部 アニメーションづくりをしているプロダクションの名鑑」の項では1980年時点の所在地が荒川区南千住6-27-7と記載されている。
  5. ^ 2018年3月27日付で名誉会長を辞し、創業者として扱われている。
  6. ^ エイケン50周年記念特設ページ

参考文献[編集]

  • 『アニメーションノート No.04』(ISBN 4-416-80678-7)、誠文堂新光社 、2006年、44-57頁。
  • 小野耕世 『高橋茂人、日本におけるテレビCMとTVアニメの創世記を語る(TCJからズイヨーへの歴史)』「京都精華大学紀要」26号、2004年。
  • 但馬オサム, 鷺巣政安:「アニメ・プロデューサー鷺巣政安 さぎすまさやす・元エイケン製作者」、ぶんか社、ISBN 978-4821144266 (2016年4月15日)。

外部リンク[編集]