セーシェル航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エア・セイシェルから転送)
Jump to navigation Jump to search
セーシェル航空
Air Seychelles
IATA
HM
ICAO
SEY
コールサイン
SEYCHELLES
設立 1977年
ハブ空港 セーシェル国際空港
マイレージサービス エティハド・ゲスト
保有機材数 5機
就航地 7都市
スローガン Flying the Creole Spirit
本拠地 セーシェルの旗 セーシェルマヘ島
外部リンク http://www.airseychelles.com/
テンプレートを表示

セーシェル航空(セーシェルこうくう、英語: Air Seychelles)は、セーシェル共和国セーシェル国際空港を本拠地とする航空会社。同国のフラッグ・キャリアである。

概要[編集]

Airbus A330-200

1977年設立。1983年には国際線サービスを開始し、フランクフルトロンドンに就航(現在は休止)。セーシェル国際空港をベースに近隣諸島との路線及びアフリカ・中近東への路線を運航している。また、長年にわたり、日本への乗り入れを希望していたといわれている[要出典]

イギリス国防省と契約し、2010年1月より英国本土とフォークランド諸島を結ぶチャーター便の運航を行っていたが、翌2011年第3四半期で終了した。

機内サービスはパールクラス(ビジネスクラス)とエコノミークラスの2クラスで、エアバスA330-200のパールクラスにはフラットシートを搭載している。

2011年に新塗装を導入したのと前後して事業戦略の見直しに着手。2012年にはアラブ首長国連邦エティハド航空が株式の40%を取得し、戦略的な提携関係を進めている。これに伴い、自社のマイレージサービス“セーシェル・プラス”がエティハド航空の“エティハド・ゲスト”に統合された。

路線展開では、エティハド航空のハブであるアブダビに就航し、同社とのコードシェア便運航を開始。それまで運航してきたシンガポール線を休止する一方で、香港線を新規に開設した。事業見直しに伴い休止していたヨーロッパ路線についても、2014年7月よりパリ線を再開している[1]

就航都市[編集]

アフリカ[編集]

エティハド航空のほか、南アフリカ航空エールフランスキャセイパシフィック航空[2]との間でコードシェア提携を結んでいる。以前にはチェコ航空[3]とも提携していた。

機材[編集]

セーシェル航空で運行されていた ボーイング707 ( パリオルリー空港、1989年)
セーシェル航空で運行されていた ショート 360-300

退役機材[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エアセイシェル、7月からパリ線の自社運航便を再開へ”. フライチーム (2014年5月15日). 2014年7月15日閲覧。
  2. ^ キャセイパシフィックとエアセイシェル、12月からコードシェア”. フライチーム (2013年11月22日). 2013年11月30日閲覧。
  3. ^ エアセイシェルとチェコ航空、プラハ/セイシェル間でコードシェア”. フライチーム (2013年6月7日). 2013年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]