エアライズタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エアライズタワー
Rise-City-Ikebukuro-01.jpg
エアライズタワー
施設情報
所在地 東京都豊島区東池袋4丁目5番1号
状態 完成
着工 2004年平成16年)2月16日
竣工 2007年(平成19年)1月31日
用途 集合住宅
地上高
最頂部 150.46m(軒高144.51m)
各種諸元
階数 地上42階地下2階
敷地面積 5,142.78
建築面積 1,830.82
延床面積 61,228.26
構造形式 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造
戸数 555戸
関連企業
設計 日本設計
施工 大成・フジタ建設工事共同企業体
デベロッパー 池袋四丁目市街地再開発組合(住友商事東京建物伊藤忠都市開発

エアライズタワーは、東京都豊島区に所在する42階建ての超高層マンションライズシティ池袋の南側住宅棟である。

概要[編集]

小規模な民家などが密集していたが、東池袋四丁目地区第一種市街地再開発事業によって再開発され、住宅棟として建設された[1]。北側の業務棟も同再開発事業のエリアであり、街区の名称はライズシティ池袋となっている。

沿革[編集]

  • 1988年昭和63年)7月 - 再開発協議会を発足。
  • 1989年平成元年)10月 - 再開発準備組合を設立。
  • 1994年(平成6年)11月 - 市街地再開発組合を設立。
  • 2001年(平成13年)5月 都市計画変更。
  • 2002年(平成14年)11月 権利変換計画認可。
  • 2004年(平成16年)2月 施設建築物工事着工。
  • 2007年(平成19年)1月 竣工。
  • 2008年(平成20年)1月 組合解散。

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東池袋四丁目地区第一種市街地再開発事業