エアポート'05

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エアポート'05
Crash Landing
監督 ジェイ・アンドリュース
脚本 ジェイ・アンドリュース
ウィリアム・モンロー
ポール・ブリケット
製作 ポール・ハーツザルグ
キンバリー・A・レイ
製作総指揮 リサ・ハンソン
タラート・キャプタン
出演者 アントニオ・サバト・ジュニア
マイケル・パレ
ブライアン・デイビス
レネ・リヴェラ
ビン・ドブソン
音楽 ニール・アクリー
撮影 アンドリュー・ロソト
編集 ランディ・カーター
配給 アルバトロス・フィルム
公開 (制作)2004年
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

エアポート'05』(Crash Landing)は、2004年に制作されたパニック映画。日本では劇場未公開で、アルバトロス株式会社よりDVDが発売された[1]

あらすじ[編集]

空軍のジョンは、以前、悪天候の中飛行機を不時着させる事故を起こし、第一線を退いていた。

その後、大富豪のデイビスは、娘の誕生日にオーストラリア旅行をプレゼントし、ジョンを娘の護衛につける。子守のような仕事にジョンは飽き飽きしていたが、実はその飛行機に乗っていた客室乗務員はデイビスの娘を誘拐しようと企むテロリスト集団だった。

銃撃戦で燃料タンクに穴が空き、燃料漏れが発生。さらにテロリストの一人と戦った機長は撃たれ、怪我をしてしまう。航空機には台風が迫っていた。

残された道はただひとつ。それは近くのハワイで建設中だった粗悪な滑走路に着陸することだった……。

スタッフ[編集]

  • 監督:ジェイ・アンドリュース
  • 製作総指揮:リサ・ハンソン、タラート・キャプタン
  • 製作:ポール・ハーツザルグ、キンバリー・A・レイ
  • 脚本:ジェイ・アンドリュース、ウィリアム・モンロー、ポール・ブリケット
  • 編集:ランディ・カーター
  • 音楽:ニール・アクリー
  • 撮影:アンドリュー・ロソト
  • 特殊効果:ヒドゥン・フォートレス

キャスト[編集]

  • ジョン・マスターズ:アントニオ・サバト・ジュニア
  • ウィリアムズ:マイケル・パレ
  • ロッシェル・デイビス:ブライアン・デイヴィス
  • カール・トレンタ:レネ・リヴェラ
  • デイヴィス:ケヴィン・ドブソン
  • メラニー:サンドラ・マッコイ
  • ロジャー:ブランドン・バラッシュ

吹き替え[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この作品は、『大空港』に始まる「エアポート・シリーズ」とは関係がない。また、アルバトロス株式会社は、他にもエアポートを冠したタイトルでソフトを発売しているが、それらの作品とも制作上直接の関係はない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]