ウージェーヌ・シュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウージェーヌ・シューの肖像(フランソワ=ガブリエル・レポール画、1835年、カルナヴァレ博物館所蔵)

ウージェーヌ・シュー(Eugène Sue、1804年1月26日 - 1857年8月3日)は、19世紀のフランスの小説家。

パリ生まれ。父はナポレオン軍の軍医として知られた。ジョゼフィーヌ皇后が名付け親となったと言われる。のち自身も海軍の軍医として働く。1842-1843年『ジュルナル・デ・デバ』新聞に連載した『パリの秘密』で絶大な人気を博す。これはパリの貧民や下層社会を描いた社会主義的な作品で、当時その人気はアレクサンドル・デュマ・ペールに匹敵した。ほかに『さまよえるユダヤ人』がある[1]

大衆小説作家とみなされ、その後あまり読まれなくなった。

日本語訳[編集]

  • 『情態奇話人七癖 吝嗇編』第1-6編 ユーシエーヌシユー原著 森澄徳聡訳 中村正義 1885
  • 『人七癖 情態奇話 吝嗇編(初,3-9編)』ユーシェーヌ・シュー著 二愛亭花実,淡々亭如水訳 稽古堂 1885
  • 『巴黎の秘密』ユージン・シュー著 原抱一庵富山房 1904
  • 『青銅のメダル』ユージェーヌ・シユウ著 福岡雄川白水社 1921
  • 『巴里の秘密』武林無想庵訳 世界大衆文学全集 改造社 1929
  • 『さまよえるユダヤ人』小林竜雄角川文庫 1951-52
  • 『パリの秘密』全4巻 江口清訳 世界の名作 集英社 1971

参考文献[編集]

  • 小倉孝誠『『パリの秘密』の社会史 ウージェーヌ・シューと新聞小説の時代』新曜社 2004

脚注[編集]

  1. ^ 篠沢秀夫『フランス文学案内』朝日出版社