ウ・ヨンウ弁護士は天才肌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』(ウ・ヨンウべんごしはてんさいはだ、: 이상한 변호사 우영우)は、2022年6月29日から8月18日までENAチャンネルで放送された大韓民国のテレビドラマである。主演のパク・ウンビンは第59回百想芸術大賞で、大賞を受賞した[1]

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌
ジャンル 法廷ヒューマンコメディドラマ
脚本 ムン・ジウォン
演出 ユ・インシク
言語 朝鮮語
話数 全16話
製作
制作 A STORY
KTスタジオジニー
放送
放送局ENAチャンネル
放送国・地域大韓民国の旗 大韓民国
放送期間2022年6月29日 - 2022年8月18日
放送時間21:00 -
放送枠水木ドラマ
放送分70分
公式ウェブサイト
テンプレートを表示
ウ・ヨンウ弁護士は天才肌
各種表記
ハングル 이상한 변호사 우영우
発音 イサンハン ピョンホサ ウヨンウ
英題 Extraordinary Attorney Woo
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

天才的な頭脳と自閉スペクトラム症を持つ、大手法律事務所の新人弁護士 ウ・ヨンウ(パク・ウンビン)が様々な事件を解決し、真の弁護士に成長する、ヒューマン法廷ドラマである[2]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

ウ・ヨンウパク・ウンビン[3] 吹き替え:森なな子

自閉スペクトラム症を持つソウル大学首席卒業の天才新人弁護士。クジラとキンパ(海苔巻き)が好き。父の持っていた法律関係の本をわずか5歳で暗記して見せた。自閉症の症状のひとつである感覚過敏なのか、外に出る際は必ずヘッドホンを付けて外出している。クジラやイルカといった海洋生物が好きで、自宅の部屋にはクジライルカの壁紙や小物などが沢山置いてある。また、知識も豊富でクジラの事になると誰彼構わず話し始め、止まらなくなってしまう。その為、父からは仕事場でクジラの話をする事を禁止されてしまう。

イ・ジュノカン・テオ[3] 吹き替え:興津和幸

法律事務所ハンバダの訟務チーム職員。当初は何かと忙しないヨンウを放っておけないと感じた事から手助けや助言をしていたが、正義感が強く依頼主の為に真っ直ぐに問題に向き合っていくヨンウに惹かれていく。学生時代は障害者の為の支援団体ボランティアをしていた。ハンバダの人気者で、男女問わず慕われている。ジュノに気がある女性職員達からはジュノの気を引く為に、毎日のように差し入れを貰っており、同僚から羨ましがられている。ヨンウの同期であるミヌとはアパートで一緒に暮らすルームメイトで友人。休日にはバスケ等の運動をしたりと基本的に仲がいいが、ミヌがヨンウに関してある事ない事を口にした際には怒りを露わにした。

ヨンウの周辺人物[編集]

ウ・ビョンホチョン・ベス 吹き替え:根本泰彦

ヨンウの父親。キンパ屋を経営している。キンパ屋の店主だがソウル大学法学部を卒業している。その為法律関係の本を大量に持っており、ヨンウはそれを読んで育った。

トン・グラミチュ・ヒョニョン 吹き替え:杉山里穂

ヨンウの唯一の友達。ヨンウの高校時代の同級生。髪の毛には派手な色のメッシュを入れており、服装も派手。学生時代は放送室をカラオケ代わりにしたり学校には来たい時に来る等所謂不良の端くれだった。いい意味でも悪い意味でも偏見が無く正直で、自閉症のヨンウに対しても普通に接したり、酷いイジメを受けていた際には怒ってイジメっ子を叩いたりした。

ハンバダの人物[編集]

チョン・ミョンソクカン・ギヨン[3] 吹き替え:赤坂柾之

法律事務所ハンバダのシニア弁護士。ヨンウの上司。当初は自閉症のヨンウの採用に反対していたが豊富な知識量と奇想天外な発想で依頼を真っ向から解決していこうとする姿に徐々に認め始める。第3話でヨンウと同じ自閉症の青年を弁護する事になった際は、青年の為になれるかもしれないと考えヨンウに弁護の手助けを依頼した。しかし、青年の両親からは最終的に息子の為にと、ヨンウを弁護から外すように言われてしまう。その際には異議を申し立てたりするも、結局それが原因でヨンウが挫折してしまったりと仕事の意気込みや部下への気遣いが空回りしてしまう事もある。しかし、基本的には頼れる上司としてヨンウから信頼される数少ない人物の一人であり、ヨンウの同期達からも尊敬されている程心優しい人物である。

ハン・ソニョンペク・ジウォン 吹き替え:今泉葉子

法律事務所ハンバダの代表弁護士。ヨンウの父ビョンホの大学の後輩。ヨンウと父ビョンホの過去を知りながらヨンウを採用した。

チェ・スヨンハ・ユンギョン 吹き替え:和優希

ヨンウの同期。ヨンウのロースクール時代の同級生。当初はなんでも出来てしまうヨンウに嫉妬に似た感情を持っていたが根は優しいらしく、ロースクール時代も試験範囲や講義室を教えたり、ヨンウが困っている際は何かと助けてしまう。当初はジュノに気がある素振りを見せており、ヨンウと二人で仲良くしている姿を見て複雑な表情を浮かべる事もあったが、その性格からヨンウに気遣ったりヨンウが不正採用であると噂が広まった時には人の目もはばからず怒りを露わにしたりと優しい部分を多く見せている。

クォン・ミヌチュ・ジョンヒョク 吹き替え:近松孝丞

ヨンウの同期。別名腹黒策士。ヨンウにライバル意識を抱いている。周りがヨンウを認め始めても何かと嫌悪感を示しており、ヨンウの父と代表のソヒョンが大学時代の先輩後輩であると知るとコネによる不正採用であると騒ぎ立てた。ジュノとはアパートで一緒に暮らすルームメイトであり、友人で休日にはバスケ等の運動をしたりと仲がいい。

その他の人物[編集]

テ・スミチン・ギョン 吹き替え:相沢恵子

法律事務所テサン創立者の娘で弁護士。なお、テサンとハンバダはライバル関係にある[4]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【随時更新】百想芸術大賞2023の受賞結果を速報レポート”. elle.com. 2023年5月1日閲覧。
  2. ^ koreaidea (1656472851). “『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』のあらすじとキャストのインスタ、日本での配信”. koreaidea. 2022年7月14日閲覧。
  3. ^ a b c phk28466 (2022年6月22日). “ウ・ヨンウ弁護士は天才肌 相関図キャスト(ex画像)配信時間あらすじやカメオ出演OST,視聴率,感想まとめ(変な弁護士ウ・ヨンウ) | Kana's 7Closets & Co.”. kana7.site. 2022年7月6日閲覧。
  4. ^ 韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」キャスト・あらすじ【まとめ】”. シネマトゥデイ (2022年7月23日). 2022年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]