ウレアプラズマ感染症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Ureaplasma infection
分類および外部参照情報
eMedicine med/2340
MeSH D016869

ウレアプラズマ感染症(Ureaplasma infection)は、ウレアプラズマ科英語版の2種の細菌による感染症であり、ウレアプラズマ・ウレアリチカム英語版が原因となることが最も一般的で、ウレアプラズマ・パルバム英語版も原因となる。ウレアプラズマ感染症は性感染症の一種であるが、無症状の女性でもウレアプラズマを抱えていることがあるし、健康状態が良ければふつう無症状である。しかし、ウレアプラズマ属がいれば、健康な女性の膣内細菌叢とはいえない。このバクテリアに感染していると、細菌性膣炎骨盤腹膜炎の原因の一つだからである[1][2][3]。また非淋菌性尿道炎英語版の主要な原因でもある[4]。垂直感染により、産前産後に子どもへ感染することがある。

出典[編集]

  1. ^ Clark, Natalie; Tal, Reshef; Sharma, Harsha; Segars, James (2014). “Microbiota and Pelvic Inflammatory Disease”. Seminars in Reproductive Medicine 32 (01): 043–049. doi:10.1055/s-0033-1361822. ISSN 1526-8004. PMC 4148456. PMID 24390920. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4148456. 
  2. ^ What are the symptoms of bacterial vaginosis?”. NICHD (2013年5月21日). 2015年3月3日閲覧。
  3. ^ Larsen, Bryan; Hwang, Joseph (2010). “Mycoplasma, Ureaplasma, and Adverse Pregnancy Outcomes: A Fresh Look”. Infectious Diseases in Obstetrics and Gynecology 2010: 1–7. doi:10.1155/2010/521921. ISSN 1064-7449. 
  4. ^ “Nongonococcal urethritis—a new paradigm”. Clinical Infectious Diseases 28 (Suppl 1): S66–73. (January 1999). doi:10.1086/514728. PMID 10028111.