ウルバン (技術者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウルバンまたはオルバン、オルバーン (トルコ語: Urban ハンガリー語: Orbán 1453年没)は、ハンガリー王国トランシルヴァニアのブラッショー(現ルーマニアブラショヴ)出身の技術者。

1453年のコンスタンティノープル包囲戦において、オスマン帝国軍にバシリカ砲と呼ばれる巨大な射石砲を提供したことで知られる。

生涯[編集]

コンスタンティノープル包囲戦で用いられた大砲を基に1464年に鋳造されたダーダネルス砲(イギリス、ロイヤル・アーマリーズ蔵)

現代の歴史家の多くはウルバンがマジャル(ハンガリー)人であったと考えている[1][2][3][4]。一部には、ドイツ人の血を引いているとする説もある[5]。また別の可能性として、ワラキア人だった可能性もある[6][7]。同時代のアテネの歴史家ラオニコス・ハルココンディリスは、彼を「ダキア人」と説明している[8][9]

1452年の時点で、ウルバンはビザンツ帝国に仕えていた。しかし皇帝コンスタンティノス11世パレオロゴスが高額の給料も巨砲を作るための材料も用意してくれなかったため、コンスタンティノープルを去り、この都市の攻略を目指していたオスマン帝国のスルターンであるメフメト2世に接近した。ウルバンは、自分の兵器があればバビロンの城壁も吹き飛ばせると宣伝して、メフメト2世から十分な資金と材料を与えられた。ウルバンはアドリアノープルで3か月かけてバシリカ砲を製造し、60頭の雄牛に牽かせてコンスタンティノープルへ運んだ。またこの間に、ウルバンはオスマン帝国軍のためにより小規模な大砲も制作している[10]

もともと射石砲の製造技術は主にドイツの技術者が培ったもので[11]、最初にハンガリー軍が導入し、13世紀前半のうちに西ヨーロッパ全土に広まって攻城戦のスタイルを大きく変えた[12][13]。当時の巨砲としてはファウレ・メッテドゥレ・グリエットモンス・メグプンハルト・フォン・シュタイアーなどが知られており、その中には現存しているものもある。しかしバシリカ砲は、コンスタンティノープル攻撃中に暴発して壊れてしまい、製作者のウルバンや助手たちもこの爆発に巻き込まれて死亡した。当時、こうした射石砲の爆発事故は珍しくなかった[14]

脚注[編集]

  1. ^ Transcultural Wars from the Middle Ages to the 21st Century - Hans-Henning Kortüm. Books.google.com.au. (2007-01-01). ISBN 9783050041315. https://books.google.com/?id=ZGYJgY9bdqsC&pg=PA234&dq=orban+Hungarian+constantinople+1453#v=onepage&q=orban%20Hungarian%20constantinople%201453&f=false 2015年6月26日閲覧。 
  2. ^ Guns for the Sultan: Military Power and the Weapons Industry in the Ottoman ... - Gábor Ágoston. Books.google.com.au. (2005-03-24). ISBN 9780521843133. https://books.google.com/?id=dNqzjfWABSAC&pg=PA43&dq=orban+Hungarian+constantinople+1453#v=onepage&q=orban%20Hungarian%20constantinople%201453&f=false 2015年6月26日閲覧。 
  3. ^ Medieval Weapons: An Illustrated History of Their Impact - Kelly DeVries, Robert Douglas Smith. Books.google.com.au. (2007). ISBN 9781851095261. https://books.google.com/?id=jdcrsCOB-VcC&pg=PA208&dq=orban+Hungarian+constantinople+1453#v=onepage&q=orban%20Hungarian%20constantinople%201453&f=false 2015年6月26日閲覧。 
  4. ^ Asia: A Concise History - Arthur Cotterell. Books.google.com.au. (2011-05-16). ISBN 9780470829592. https://books.google.com/?id=9_vVTWXK5kQC&pg=PT144&dq=urban+Hungarian+constantinople+1453#v=onepage&q=urban%20Hungarian%20constantinople%201453&f=false 2015年6月26日閲覧。 
  5. ^ The Oxford Encyclopedia of Medieval Warfare and Military Technology. Books.google.com.au. (2010). ISBN 9780195334036. https://books.google.com/?id=mzwpq6bLHhMC&pg=PA490&dq=orban+Hungarian+constantinople+1453#v=onepage&q=orban%20Hungarian%20constantinople%201453&f=false 2015年6月26日閲覧。 
  6. ^ Diversions of a Diplomat in Turkey - Samuel Sullivan Cox. Books.google.ro. (1893). https://books.google.com/?id=ikppAAAAMAAJ&q=orban++wallachian&dq=orban++wallachian 2015年6月26日閲覧。 
  7. ^ The Roots of Balkanization: Eastern Europe C.E. 500-1500 - Ion Grumeza. Books.google.ro. (2010). ISBN 9780761851349. https://books.google.com/?id=QKhuxLdnYhMC&pg=PA200&dq=orban++wallachian#v=onepage&q=orban%20%20wallachian&f=false 2015年6月26日閲覧。 
  8. ^ Guns and Men in Medieval Europe, 1200-1500: Studies in Military History and ... - Kelly DeVries. Books.google.ro. (2009-08-26). ISBN 9780860788867. https://books.google.com/?id=GMDgAAAAMAAJ&q=constantinopole+Dacian+Orban&dq=constantinopole+Dacian+Orban 2015年6月26日閲覧。 
  9. ^ The Siege and the Fall of Constantinople in 1453: Historiography, Topography ... - Marios Philippides, Walter K. Hanak. Books.google.com. (2011). ISBN 9781409410645. https://books.google.com/?id=qvvdVXckfqQC&pg=PA391&dq=orban+dacian+constantinopole#v=onepage&q=orban%20dacian%20constantinopole&f=false 2015年6月26日閲覧。 
  10. ^ Runciman 1990, pp. 77–78
  11. ^ The heirs of Archimedes: science and the art of war through the Age of Enlightenment, Brett D. Steele & Tamera Dorland, The MIT Press, 2005, p.128 & Roger Crowley, on In Our Time: Constantinople Siege & Fall, broadcast 2006
  12. ^ Schmidtchen 1977a, pp. 153–157
  13. ^ Schmidtchen 1977b, p. 226
  14. ^ Schmidtche 1977b, p. 237, Fn. 121

参考文献[編集]

  • Nicolle, David (2000), Constantinople 1453: The End of Byzantium, Osprey Publishing, p. 13, ISBN 1-84176-091-9 
  • Runciman, Steven (1990), The Fall of Constantinople: 1453, London: Cambridge University Press, pp. 77–78, ISBN 978-0-521-39832-9 
  • Schmidtchen, Volker (1977a), “Riesengeschütze des 15. Jahrhunderts. Technische Höchstleistungen ihrer Zeit”, Technikgeschichte 44 (2): 153–173 
  • Schmidtchen, Volker (1977b), “Riesengeschütze des 15. Jahrhunderts. Technische Höchstleistungen ihrer Zeit”, Technikgeschichte 44 (3): 213–237 
  • Crowley, Roger (2006), In Our Time: Constantinople Siege and Fall 
  • Vékony, Gábor (2000). Dacians, Romans, Romanians. Matthias Corvinus Publishing. ISBN 1-882785-13-4