ウルトラトレイル・マウントフジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラトレイル・マウントフジ
開催時期 4月または9月
開催地 山梨県静岡県
コース トレイルランニング
距離 100マイル
創立 2012年
公式サイト www.ultratrailmtfuji.com

ウルトラトレイル・マウントフジ (ULTRA-TRAIL Mt.FUJI, UTMF) は、2012年から始まった、山梨県静岡県をまたいで開催されているトレイルランニングウルトラマラソンレース[1]

総距離はおよそ100マイル、累積標高差は約9,500m[2]、制限時間は46時間[3][1]

2014年大会よりウルトラトレイル・ワールドツアーの1つである[4]

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン (UTMB) の姉妹大会でもある[5]

名誉実行委員長に三浦雄一郎。実行委員長は鏑木毅[6]

コース[編集]

UTMFのコースは、山梨県富士河口湖町の八木崎公園がスタートであり、ゴールでもある。富士山を反時計回りに一周する。距離100マイル以上、累積標高差は約9,500m、制限時間は46時間。参加者は18歳以上限定。

同時開催のSTY (静岡から山梨)は、静岡県富士市富士山こどもの国をスタートし、山梨県富士河口湖町八木崎公園がゴール。距離約88km、累積標高差は約4,700m、制限時間は24時間。

UTMF、STYのいずれも、出走エントリーのためには他のトレイルレースで、規定期間中に一定数以上のエンデュランスポイントを獲得する必要がある。エンデュラスポイントが参加基準に満たない場合は、エントリーすらできない[7]

大会結果[編集]

2012年(第一回)[編集]

2012年(第一回)は春期開催。852人(UTMF), 1177人(STY)が出走し、611人(UTMF), 991人(STY)が制限時間内に完走した。リザルトは以下の通り。

男性 168km[8]

  1. Julien Chorier, フランス, 18:53:12
  2. Adam Campbell, カナダ, 19:26:29
  3. 山本 健一, 日本, 21:15:02

女性 168km[9]

  1. Nerea Martinez Urruzola, スペイン, 24:05:04
  2. 鈴木 博子, 日本, 27:16:32
  3. Nora Senn, 香港, 28:31:57

2013年(第二回)[編集]

2013年(第二回)は春期開催。991人(UTMF), 937人(STY)が出走し、726人(UTMF), 864人(STY)が制限時間内に完走した。参加者は40カ国以上であった[10]。リザルトは以下の通り。

男性 168km [11]

  1. 原 良和, 日本, 19:39:48
  2. Julien Chorier, フランス, 19:48:28
  3. Sebastien Chaigneau, フランス, 19:50:13

女性 168km[12]

  1. Kristin Moehl, 米国, 24:35:45
  2. Shona Stephenson, オーストラリア, 25:56:53
  3. 小川 比登美, 日本, 26:15:25

2014年(第三回)[編集]

2014年(第三回)は春期開催。1422人(UTMF), 968人(STY)が出走し、849人(UTMF), 691人(STY)が制限時間内に完走した。 2014年大会より、ウルトラトレイル・ワールドツアーの1つとなったことにより、海外選手が約400名になり[13]、上位勢も外国人が増えた。リザルトは以下の通り。

男性 169km

  1. Francois Dhaene, フランス, 19:09:03
  2. Ryan Nicholas Sandes, 南アフリカ, 20:18:59
  3. Mike Adam Foote, 米国, 20:54:16

女性 169km

  1. Nuria Picas, スペイン, 23:27:34
  2. Fernanda Maciel, ブラジル, 23:46:24
  3. Maria Semerjian, フランス, 27:16:13

2015年(第五回)[編集]

2016年(第五回)は、初の秋期9月に開催。降雨に見舞われた。

2016年(第六回)[編集]

2016年(第六回)は2016年9月23日(金)の秋期開催。前大会以上の悪天候となったため、UTMFはコースを「A3麓」までの49kmに短縮、STYは途中中止となった。

2017年(第七回)[編集]

秋期開催となった第五回・第六回が連続して降雨に見舞われたこと、第六回に至ってはUTMFはコース短縮、STYは途中中止となった事態、更に、雨天実施レースとなったことでの、自然環境への悪影響を総合的に踏まえて、実行委員会は「次大会から実施時期は春期に戻す」という苦渋の意志決定を下した。

また、第七回大会については、意志決定タイミング時にはすでに春期開催の準備・調整不足であったため、最終的に2017年(第七回)大会は開催見送りとなった。

2018年(第八回)[編集]

2018年(第八回)は、2018年春期開催予定。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]