ウルジャ河の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウルジャ河の戦い
The Battle of the Jin, Mongol and Kerait Allied Forces and the Tatar Army in 1196.png
ウルジャ河の戦いに至る金軍の進軍経路
戦争:金朝のモンゴル高原出兵
年月日1196年6月
場所モンゴル国ヘンティー県ノロブリン郡
結果:金・モンゴル・ケレイト連合軍の勝利
交戦勢力
指導者・指揮官
完顔襄
瑤里孛迭
完顔安国
テムジン(キヤト氏族長)
トオリル(ケレイト部族長)
セチュ
メグジン・セウルトゥ
戦力
不明 不明
損害
戦死者数は不明、凍死者が十数名 「殺獲甚衆(殺され、捕虜となる者は非常に多かった)」

ウルジャ河の戦いとは、1196年金朝モンゴルケレイト連合軍と、タタル部軍の間で行われた戦闘で、連合軍の勝利に終わった。ウルジャ河は現代モンゴル語で「オルズ河」と発音されるため、オルズ河の戦いとも表記される。

この戦いでモンゴル軍を率いていたチンギス・カンは仇敵タタル部の弱体化と金朝との同盟関係を手に入れ、これ以後モンゴル部の勢力を飛躍的に拡大させることとなった。また、この戦いは史実かどうか疑わしい逸話の多いチンギス・カンの前半生の出来事の中で、始めて外部の史料(『金史』)によって実在したことが確認される戦いである。その意味で、この戦いはチンギス・カンが歴史の表舞台に登場する端緒となった、モンゴルの歴史上大きな転換点となる事件であったといえる。

背景[編集]

12世紀前半、モンゴル高原を間接的な支配下においていたキタイ帝国(遼朝)が崩壊すると、モンゴル高原は諸部族が群雄割拠する時代となった。しかし、キタイ帝国の領土を乗っ取った東の金朝と、キタイ帝国の残党が中央アジアで建国した西遼はモンゴル高原にそれぞれ影響を及ぼしており、この時代の有力部族間の抗争は金と西遼という二大大国の代理戦争という側面を有していた。

1195年、金朝は「金朝派」のタタル部族とともにフルン湖一帯で「西遼派」諸部族を撃破したが、この時金軍を率いていた夾谷清臣は勝手に戦利品分配を行ったタタル部族長のセチュ(斜出)を厳しく叱責し、これに不満を抱いたタタル部は金朝との友好関係を断ち、金朝への侵掠を始めた[1]。そのため、金朝はこの叛乱への対処と新たな協力者の確保を行わなければならなくなった。

このような状況に目をつけたのがモンゴル部キヤト氏の長テムジン(チンギス・カン)であり、チンギス・カンはこの時点ではモンゴル部全体の統一さえ果たせない弱小勢力ではあったが、窮地にある金朝派につくことで自らの地位を高く売りつけ、金朝との協力関係の構築に成功した。また、モンゴル部の西方のケレイト部君主トオリルは内乱によって一時国を追われた際、西遼を頼ったが助けを得られず、最終的にチンギス・カンの助けを得てケレイト部君主に返り咲くことができていた。このような経緯から西遼に反感を抱いていたトオリルもまたチンギス・カンとともに金朝派に乗り換えることを決意した[2]

このように、西遼派から新たに金朝派に乗り換えたばかりのモンゴル-ケレイト同盟が金朝への忠勤をアピールする絶好の機会こそがウルジャ河の戦いであったと言える。

戦闘の経過[編集]

1195年(明昌6年)11月、時の皇帝章宗はタタル部の叛乱を招いた夾谷清臣を更迭して皇族の完顔襄を起用し、北方のモンゴル高原方面に派遣した[3]。翌1196年(明昌7年)、完顔襄は皇帝より「密詔」を受けて臨潢府を出発し、まずアフラマキ(現西ウジュムチン旗西南一帯)で完顔安国率いる別働隊を東北方面の多泉子(タムサグ・ボラグ)に派遣した。その後、金朝の勢力圏を出た完顔襄は全軍を東軍と西軍にわけ、東軍は瑤里孛迭に率いさせ、自らは西軍を率いてそれぞれ北上した。

東軍・西軍はそれぞれ北上してケルレン河方面を目指したが、東軍はケルレン河畔のバルスに至ったところでタタル部の奇襲を受けて何重にも包囲されてしまい、これを知った完顔襄は東軍の下に急行した[4]。戦場に近づいた西軍は疲労しきっており、諸将の中には援軍(完顔安国の部隊)を待つべきではないかと進言する者もいたが、完顔襄はタタル軍が外からの攻撃に警戒していない今こそ攻撃を行うべきであると主張し、間を置かずタタル部への攻撃を始めた。完顔襄の言葉通り、油断をつかれたタタル軍は混乱し、また包囲を受けていた東軍も呼応して攻撃を始めたたため、挟み撃ちにあったタタル軍は遂に敗走を始めた。

完顔襄は遅れて合流してきた完顔安国率いる別働隊をタタル部の追撃に派遣し、敗走するタタル部はウルジャ河まで逃れたが、そこで金朝の援軍要請を受けていたモンゴル・ケレイト連合軍がタタル軍を迎え撃った。『モンゴル秘史』の記述によると、金朝のオンギン・チンサン(「完顔丞相」がモンゴル語化したもので、完顔襄を指す)がタタル軍を追撃してウルジャ河方面に来たことを知ったチンギス・カンはトオリルに共に出兵するよう誘い、これに応えたトオリルは3日で軍勢を整えてチンギス・カンとともに出発した。メグジン・セウルトゥ率いるタタル軍はウルジャ河の畔のクストゥ・シトエンとナラトウ・シトエンという砦に立て籠もっていたが、モンゴル・ケレイト連合軍はこれを攻撃してメグジン・セウルトゥを殺し、銀製の乳母車や真珠や金糸で刺繍した衾などの宝物を手に入れた[5]

戦後、完顔襄はウルジャ河の戦いにおけるチンギス・カンとトオリルの功績を高く評価し、前者にはジャウト・クリという称号を、後者には「王(ong)」の称号を与え、これ以後トオリルは「王」に由来するオン・カンという称号を名のるようになる[6]。元々、西遼派であったケレイト部君主は西遼に由来する「グル・カン」という称号を有していたが、この時漢語に由来する「オン・カン」を称したというのはケレイト部が西遼派から金朝派に転向したことを表す象徴的な出来事であったと言える[7]

[8][9]

その後の影響[編集]

この戦いを通じてチンギス・カンは①タタル部の弱体化、②金朝との同盟関係構築、③非協力的な配下の粛正を実行し、これ以後の勢力拡大の基盤を作り上げることになった。金朝の援助を受けたモンゴル-ケレイト同盟はタタル部、メルキト部といった周辺の有力部族を征服し、モンゴル高原大半を制圧していく。

一方、「西遼派」もこの事態を黙って見ていたわけではなく、モンゴル部ジャダラン氏のジャムカ(障葛)はウルジャ河の戦いによる「金朝派」の勢力拡大に対する報復行動として、1196〜1199年頃に金朝の辺境へ侵攻している[10]。この行動が評価されたためか、1201年にモンゴル高原東方の「西遼派」諸部族は結集してジャムカを「グル・カン」に推戴した。しかし、ジャムカ率いる「西遼派」連合軍は最終的にチンギス・カン率いる軍勢に敗れ、モンゴル高原東方はモンゴル-ケレイト同盟に平定されていった。

総じて、この戦いは弱小勢力であったモンゴル部が東方の大国金朝とのコネクションを確立し、モンゴル高原の覇者として飛躍する大きな転換点となった事件であると言える。

セルベン・ハールガ碑文[編集]

近年、モンゴル国ヘンティ県バヤンホタグ郡のケルレン河南岸で発見・調査されたセルベン・ハールガ(Serven khaalga)碑文はその内容から『金史』に「[完顔襄はウルジャ河の戦い後に]遂に九峰の石壁に勲功を刻んだ(遂勒勲九峰石壁)」と記される碑文そのものであると明らかにされている。碑文は同じ内容を伝える漢文面と女真文字面の2碑からなる。

碑文の存在自体は1980年代から学会で知られていたが、本格的な研究が始まったのは1991年加藤晋平白石典之らの現地調査以後のことであった。これ以後、日本人研究者による碑文研究が行われ、一部判読不能な箇所を除いて大部分の文章が解読された[11]。碑文には以下のような文章が刻まれている。

大金国開府儀同三司・尚書右丞相・任国公の宗室(完顔)襄、帝の命を奉じ師を帥いて北朮孛の背叛せるを討つ。アフラマキ(阿剌胡麻乞)、カンチレ湖(罕赤勒裊)、オリライ(斡礼賴)、バルス(伯速)、オチチャリマ(訛直札里馬)、ブルンダラ(不論打剌)より追い来りて、ウルジャ(烏緇)河に至り、晨(早朝)に過半を滅ぼし[、未解読]、班師(凱旋)す。時に明昌七(西暦1196)年六月日なり。命じて[?]山名を鵰巤巖と曰う。

大金開府儀同三司・尚書丞相・任国公宗室襄、奉帝命帥師討北朮孛背叛。由阿剌胡麻乞・罕赤勒裊・斡礼賴・伯速・訛直札里馬・不論打剌追来、至烏緇河、晨滅過半、打核□回□□班師。時明昌七年六月日、命□山名曰鵰巤巖。

— 完顔襄、セルベン・ハールガ碑文[12]

日本人研究者の白石典之はこの文章に見られる地名の所在地の大部分を明らかにし、そこから想定される金軍の進軍ルートを考察している[13]

脚注[編集]

  1. ^ 『金史』巻94列伝32夾谷清臣伝,「夾谷清臣、本名阿不沙、胡里改路桓篤人也……受命出師、行尚書省事於臨潢府。清臣遣人偵知虚実、以軽騎八千、令宣徽使移剌敏為都統、左衛将軍充、 招討使完顔安国為左右翼、分領前隊、自選精兵一万以当後隊。進至合勒河、前隊敏等於栲栳濼攻営十四、下之、 回迎大軍、属部斜出掩其所獲羊馬資物以帰。清臣遣人責其賧罰、北阻䪁由此叛去、大侵掠。上遣責清臣、命右丞相襄代之」
  2. ^ 松田2016,55-56頁
  3. ^ 『金史』巻10章宗本紀2,「[明昌六年]十一月戊子、左丞相夾谷清臣罷、右丞相襄代領行省事」
  4. ^ 『金史』巻94列伝32瑤里孛迭伝,「瑤里孛迭……承安元年、丞相襄北伐、孛迭為先鋒副統、進軍至龍駒河、受囲、会襄引大軍至、得解。後授鎮寧軍節度使、以六群牧人叛、改寧昌軍」
  5. ^ 村上1972,282-285頁
  6. ^ 『モンゴル秘史』では戦場でそのまま称号授与がなされたかのように記されるが、称号授与という重大事を皇帝の裁可を得ずに現場で行ったというのは疑わしい。『金史』巻94にはウルジャ河の戦いから帰還した完顔襄が皇帝より「自由に士卒に賞賚することを許された」と記されており、或いはこの時に称号授与が決定されたのではないかと考えられている(松田2016,56頁)
  7. ^ 松田2016,57頁
  8. ^ 『金史』巻94列伝32内族襄伝,「丞相襄、本名唵、昭祖五世孫也……時左丞相夾谷清臣北禦辺、措画乖方、属辺事急、命襄代将其衆、佩金牌、便宜従事。……時胡里颭亦叛、嘯聚北京・臨潢之間。襄至、遣人招之、即降、遂屯臨潢。頃之、出師大塩濼、復遣右衛将軍完顔充進軍斡魯城、欲屯守、俟隙進兵。絵図以聞、議者異同、即召面論、厚賜遣還。未幾、遣西北路招討使完顔安国等趨多泉子。密詔進討、乃命支軍出東道、襄由西道。而東軍至龍駒河為阻䪁所囲、三日不得出、求援甚急、或請俟諸軍集乃発。襄曰『我軍被囲数日、馳救之猶恐不及、豈可後時』。即鳴鼓夜発。或請先遣人報囲中、使知援至。襄曰『所遣者儻為敵得、使知我兵寡而糧在後、則吾事敗矣』。乃益疾馳。遅明、距敵近、衆請少憩。襄曰『吾所以乗夜疾馳者、欲掩其不備爾。緩則不及』。嚮晨壓敵、突撃之、囲中将士亦鼓譟出、大戦、獲輿帳牛羊。衆皆奔斡里札河。遣安国追躡之。衆散走、会大雨、凍死者十八九、降其部長、遂勒勲九峰石壁。捷聞、上遣使厚賜以労之、別詔許便宜賞賚士卒。九月、赴闕、拝左丞相、監修国史、封常山郡王。宴慶和殿、上親挙酒飲、解所服玉具佩刀以賜、俾即服之」
  9. ^ 『金史』巻94列伝32完顔安国伝,「完顔安国、字正臣、本名闍母……六年、左丞相夾谷清臣用兵、以安国為先鋒都統。適臨潢・泰州属部叛、安国先討定之、以功遷本路招討使、兼威遠軍節度使。承安元年、大塩濼之戰、殺獲甚衆、詔賜金幣。既而右丞相襄総大軍進、安国為両路都統、大捷於多泉子。襄遣安国追敵、僉言糧道不継、不可行也。安国曰『人得一羊可食十余日、不如駆羊以襲之便』。遂従其計。安国統所部万人疾駆以薄之、降其部長。捷聞、進官四級、遷左翼都統」
  10. ^ 安田2017,81-83頁
  11. ^ 白石2016,28-29頁
  12. ^ 白石2016,33頁より引用
  13. ^ 白石2016,35-44頁

参考文献[編集]

  • 白石典之「斡里札河の戦いにおける金軍の経路」『内陸アジア史研究』31、2016年
  • 外山軍治『金朝史研究』東洋史研究会、1964年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年
  • 松田孝一「西遼と金の対立とチンギス・カンの勃興」『13-14世紀モンゴル史研究』第1号、2016年
  • 安田公男「『金史』に現れる人物「障葛」について」『13-14世紀モンゴル史研究』第2号、2017年